マイクロソフト

【Microsoft】Surfaceシリーズの特徴・おすすめ機種を紹介!【評判・評価・口コミ有り】

【Microsoft】Surfaceシリーズの特徴・おすすめ機種を紹介!【比較 | セール情報有り】

更新情報

2020.09.02
Surface Go2 実機レビュー記事を追加
2020.08.05
Surfaceラインナップを更新
2020.02.27
Surface Pro Xを追加
2020.01.30
Surface Pro7の実機レビュー記事を追加
2020.01.21
Surface Laptop3の実機レビュー記事を追加
2019.12.12
Surface Pro7 / Laptop3を追加
2019.10.08
Surface Laptop2の実機レビュー記事を追加

 

Microsoftの「Surfaceシリーズ」は2013年に販売が開始されてから大学生やビジネスマンに大人気。

ぱそろぐま
ぱそろぐま
プライベートからビジネスまで幅広くカバーできる性能の良さもポイントだよ!

Surfaceが愛される理由…それはSurfaceならではの特徴があるからなんです。

Surfaceの主な特徴がこちら
  • デザイン、質感のクオリティが高い
  • 液晶のペン入力・タッチ操作に対応(全モデル)
  • Office標準装備
  • 趣味用途からビジネス用途までなんでもできる

一度使うと品質の高さ、使い勝手の良さと相まってユーザーを虜にしてしまうなんとも素晴らしいパソコンです。

本記事ではそんなSurfaceの魅力を語りながら、あなたにピッタリのモデルを紹介していきます。

この記事で分かること
  • Microsoftについて
  • Surfaceの特徴とおすすめモデル
  • Surfaceの評判・評価・口コミ

それでは《【Microsoft】Surfaceシリーズの特徴・おすすめ機種を紹介!【評判・評価・口コミ有り】》について書いていきます。
※本記事の画像は一部Microsoft Surface公式サイトの画像を引用しております。

 

この記事は長いので目次もご活用ください。

目次

マイクロソフトの概要

マイクロソフト とは

マイクロソフトの本社はアメリカワシントン州にあり、創業者は有名な「ビル・ゲイツ」及び「ポール・アレン」です。

マイクロソフトの企業理念を一部抜粋▼

「Empower every person and every organization on the planet to achieve more.(地球上のすべての個人とすべての組織が、より多くのことを達成できるようにする)」を企業ミッションとしています。
引用 : マイクロソフト 会社概要

このメッセージにもあるように、マイクロソフトはWindowsの開発やOfficeをはじめ、今や世の中に蔓延するソフトの数々を輩出しています。

そんなマイクロソフトが製造する「Surface」はWindowsとの相性はもちろんのこと、クオリティが高く多くの人のお気に入りの1台になっています。

マイクロソフトの特徴

ソフトウェアの開発元ならではの安心感

大企業の安心感

「Windows OS」「Microsoft Office」などソフトウェアの開発・販売を行うマイクロソフト。

そんな開発元であるマイクロソフト社のパソコン「Surface」はWindowsとの相性も抜群で、最適なデバイスになっています。

品質と信頼性の維持に尽力

品質と信頼性の維持に尽力

マイクロソフトは他のメーカーと比べてパソコン本体の販売への参入は「2013年」と遅かったのです。

しかしながら、今現在ここまで人気があるというのはワシントン州にある【Surface Reliability Lab(リライアビリティラボ)】において、「落下テスト」「振動テスト」「耐久テスト」など、品質に対する並々ならぬテストを行っているからなんです。

ぱそろぐま
ぱそろぐま
参入が遅かったからこそ、信頼性の向上・維持に努める熱意・意識がとても高いんだ!

Surfaceというシリーズをブランド化している

Surface

マイクロソフトで販売しているパソコンは「Surfaceシリーズ」だけ。種類やモデルも多くないため、シンプルで選びやすいです。

さらに、数々のパソコンをレビューしてきた私から見てもSurfaceは別格にカッコイイです。洗練されたデザインは心をくすぐられること間違いなし!

全てのモデルにOfficeが標準で付き、液晶タッチも可能なため、どんなパソコンを買おうか迷っている人でもSurfaceシリーズの中から選べば失敗はないと言えます。

広告

Surfaceシリーズの魅力・特徴

Surfaceシリーズはユーザーを虜にする魅力が沢山詰まっています!

特に最近では大学生のノートパソコン選びの筆頭にもなってきています。

これに関してはMicrosoft社自体も「大学生はSurfaceがおすすめですよ」と強く推しているんですよ!

魅力1 : デザイン性の高さ

Surface デザイン性

剛性の高いマグネシウム合金を使ったボディは堅牢性を兼ね備えつつ高級感が溢れる上品なデザイン。

エッジのきいたシャープなシルエットはパソコンに触りたいという欲すら掻き立てられます。

魅力2 : 液晶ペン入力・タッチ操作に対応

Surface

全モデルで液晶をペン入力とタッチで操作ができるため直感的な使用が可能。

資料のメモやコメントを手書きで楽々入力できますし、イラストを使いバリエーション豊かに使えます。

プライベートの遊びからビジネスの本格的なイラストまでSurfaceなら完結できます。

もちろん、モデルによりイラストの描きやすさに差がありますのでこの後紹介していきます。

魅力3 : Office標準搭載

Microsoft Office

Office Home and Bussinessが購入したSurfaceにもれなく付いてきます!つまり、本体価格はOfficeが入っている価格ということです。

ぱそろぐま
ぱそろぐま
他のメーカーのパソコンと比較するときはそのことを念頭に置いておこう!

購入したらセットアップ不要でWordやExcel、PowerPointを使って文章や資料の作成ができるのは嬉しいですよね。

魅力4 : 趣味用途からビジネス用途までなんでもできる

Surfaceなら【文章作成・資料作成・イラスト作成・画像編集・動画編集】などなんでもできちゃいます。

Surfaceは解像度の高いPixelSenseディスプレイを採用しているので鮮やかで明瞭な画面が楽しめるので作業も趣味も捗(はかど)ります!

しかも、持ち運びやすいからどこでも作業ができます。

とは言え、3Dゲームや3D制作は得意なモデル・不得意なモデルはあります。そちらも各モデル毎にピックアップしますね!

Surfaceシリーズのラインナップ

モデル名を選択すると詳しい説明にスクロールします。
公式サイトで詳細を見たい場合は「公式サイトへ」をタップしてください。

モデル サイズ スタイル ポイント 公式サイト
Surface Go2 10.5インチ タブレットPC 軽量・小型
持ち運びに便利
公式サイトへ
Surface Pro 7 12.3インチ タブレットPC 2019年10月発売
第10世代CPU搭載
公式サイトへ
Surface Pro X 13インチ 2-in1ノートPC 最薄・軽量 公式サイトへ
Surface Book3 13.5インチ 2-in-1ノートPC クリエイティブから
3D、ゲームまで
公式サイトへ
Surface Book3 15インチ 2-in-1ノートPC クリエイティブから
3D、ゲーム、VRまで
公式サイトへ
Surface Laptop 3 13.5 / 15 クラムシェル型ノートPC
(一般的なノートPC)
一般・ビジネス用途に最適 公式サイトへ
Surface Studio 2 28インチ 一体型デスクトップPC クリエイティブ用途に最適 公式サイトへ
ぱそろぐま
ぱそろぐま
それじゃあここから各モデルを詳しく紹介していく!

Surface Go2【軽量・コンパクト】

Surface Go2

「Surface GO2」は超軽量10.5インチタブレットPC、重さはなんと「544g」

こんな方におすすめ
  • 持ち運びやすいノートを探している方
  • Wi-Fi環境が無くても使えるLTE搭載モデルを探している方
  • 価格を抑えつつ、実用的に使いたい方

超小型でいつものカバンにスッポリ入るサイズ。お出かけの際はサクッと一緒に持ち運べます。

急にインスピレーションが沸いた時にパッと取り出して形にすることができるのもメリット。

ぱそろぐま
ぱそろぐま
本当に軽すぎるッ・・・!

タブレットとしても、ノートパソコンとしても上質な使い心地で日常生活、ビジネスをサポートしてくれます。

バッテリー駆動時間は10時間持つのでお出かけの際も本体だけでOK。

さらに、LTE搭載モデルはWi-Fiがない環境でもインターネットが楽しめちゃいます。

Surface Go2のラインナップはこちら
CPU メモリー ストレージ 価格(税込)
Pentium 4425Y 4GB 64GB eMMC 65,780円
Pentium 4415Y 8GB 128GB SSD 85,580円
Intel Core M3(LTE) 8GB 128GB SSD 107,580円

おすすめは小さくてもパワフルに動くCore M3をモデル。LTEにも対応しています。

※タッチペン、タイプカバーは別売りでの販売となります。

マイクロソフト Surface Go2 レビュー
【マイクロソフト Surface Go2 レビュー】軽量で持ち運びに便利なタブレットPC【1日使えるバッテリー】マイクロソフト【Surface Go2】を実機レビュー。外観・使いやすさ・スペック・価格を画像多めでわかりやすくまとめています。...

前作のSurface GoもAmazonで販売されています▼

Surface Pro7【最新第10世代CPU搭載】

Surface Pro7

「Surface Pro7」は前作(Pro6)と比べて、CPUに第10世代 (Ice Lake) Core iプロセッサーを採用することで性能がパワフルになりました。

こんな方におすすめ
  • 持ち運びやすいノートを探している方
  • イラストを楽しみたい方(本格派にも)
  • 趣味用途・ビジネス用途・動画編集をしたい方

パフォーマンスで言うと前作(Pro6)の上位互換になります。

そのため、性能で選ぶなら最新のPro7がおすすめです。また、USB Type-Cを搭載して使い勝手も大幅に向上しています!

ただ、マイナーチェンジという感じですので、おすすめはPro7ですがPro6と価格を見比べて安い方を買えばいいのではと思います。

【Surface Pro7 レビュー】プライベートからビジネスまで大満足なタブレットPC【イラストにも最適】
【Surface Pro7 レビュー】プライベートからビジネスまで大満足なタブレットPC【イラストにも最適】マイクロソフトの【Surface Pro 7】を実機レビュー。外観・使いやすさ・スペック・価格を画像多めでわかりやすくまとめています。...

関連記事 : Surface Pro6とPro7の違いは?どちらを買うべき?【スペック・デザイン徹底比較】

Surface Pro7のラインナップはこちら
CPU メモリー ストレージ 価格(税込)
Core i3 4GB 128GB SSD 109,780円
Core i5 8GB 128GB SSD 131,780円
Core i5 8GB 256GB SSD 153,780円
Core i5 16GB 256GB SSD 193,380円
Core i7 16GB 256GB SSD 204,380円
Core i7 16GB 512GB SSD 247,280円
Core i7 16GB 1TB SSD 295,680円

※タッチペン、タイプカバーは別売りでの販売となります。

Surface Pro 7

Microsoft

Surface Pro X(13インチ)【常時LTE接続】

Surface Pro X

「Surface Pro X」はLTEに対応でどこでもネットに繋ぎたい人におすすめの2in1ノートPCです。

こんな方におすすめ
  • LTE接続を多用したい方
  • ノートPCとしてもタブレットとしても使いたい方
  • 一般用途での使用を考えている方

Surface Pro Xの一番の特徴はやはりLTEに対応しているところ。そのため、ビジネスマンなどサッとパソコンを開いて作業をしたいという人におすすめです。

CPUは「Microsoft SQ1」を採用しており、性能的にはCore i3に劣るほどですのでオフィスやYoutubeなどの動画視聴がメインの人向けになっています。

クリエイターが使うにはスペック不足は否めませんし、一部機能しないアプリがあることに注意です。

13インチながら薄くて軽いので持ち運びには最適ですよ!

Surface Pro Xのラインナップはこちら
CPU メモリー ストレージ 価格(税込)
Microsoft SQ1 8GB 128GB SSD 142,780円
Microsoft SQ1 8GB 256GB SSD 164,780円
Microsoft SQ1 16GB 256GB SSD 204,380円
Microsoft SQ1 16GB 512GB SSD 241,780円

Pro Xのレビューは「【Surface Pro X レビュー】LTE対応の薄型タブレットPC【最大駆動約13時間】」の記事をご覧下さい。

Surface Pro X

Microsoft

Surface Book3(13インチ)【GPU搭載】

Surface Book2

「Surface Book3」のGPUを搭載した13.5インチ2in1ノートPC、重さは1,534g。

こんな方におすすめ
  • ノートPCとしてもタブレットとしても使いたい方
  • 3Dゲームを楽しみたい方 → Core i7(上位モデル)なら専用GPU搭載
  • イラスト制作、動画編集などのクリエイター
  • バッテリー駆動時間が15.5時間のロングライフバッテリー
ぱそろぐま
ぱそろぐま
13.5インチで1,534gはちょっと重くない?

でもこの重さは、性能の良さと引き換えなのである意味ハイクオリティである証拠なんです。
Core i7でGPU搭載モデルはノートPCの中でもトップクラスの性能をほこりますが、その分お値段も高め。

Pro6同様にSurfaceペン入力では「4096段階の筆圧感知と傾き検知」に対応。イラスト制作がさらに快適に、本格的にできます。

Mac bookを始めて見た時のようなデザインの秀逸さは全ユーザーに手に取って欲しいくらいの出来栄えですよ。

Surface Book3 13.5インチのラインナップはこちら
CPU / GPU メモリー ストレージ 価格(税込)
Core i5 8GB 256GB SSD 209,880円
Core i7/ GTX 1650 Max-Q 16GB 256GB SSD 262,680円
Core i7 / GTX 1650 Max-Q 32GB 512GB SSD 316,580円
Core i7 / GTX 1650 Max-Q 32GB 1TB SSD 341,880円
Surface Book3
Microsoft

【Surface book2(13インチ)レビュー】GPU搭載の高性能2in1ノートPC | 最大17時間駆動
【Surface book2(13インチ)レビュー】GPU搭載の高性能2in1ノートPC | 最大17時間駆動マイクロソフトの【Surface book2(13インチ)】を実機レビュー。外観・使いやすさ・スペック・価格を画像多めでわかりやすくまとめています。...

前モデルのSurface Book2もAmazonで購入できます▼

Surface Book3(15インチ)【GPU搭載/VR対応】

Surface Book2 15インチ

「Surface Book3」のGPUを搭載した15インチ2in1ノートPC、重さは1,905g。

こんな方におすすめ
  • ノートPCとしてもタブレットとしても使いたい方
  • 3DゲームだけでなくVRも楽しみたい方
  • イラスト制作、動画編集などのクリエイター
  • バッテリー駆動時間が17時間のロングライフバッテリー

解像度は3240×2160ドットdeと、4Kに近い精細で美しい映像が堪能できます。

13インチと同様にハイスペックで3Dゲームや制作で高いパフォーマンスを発揮してくれます。

Surfaceペン入力では「4096段階の筆圧感知と傾き検知」に対応済み。

15インチとサイズが大きいためノートパソコンとしてもタブレットとしても非常に使い勝手が良く、性能もノートPCとして最高峰なのでどんなことでも快適にこなせるマシンです。

デメリットは高性能の分価格が高いこと・・・それだけ!

Surface Book3 15インチのラインナップはこちら
CPU / GPU メモリー ストレージ 価格(税込)
第8世代Core i7 / GTX 1660Ti Max-Q 16GB 256GB SSD 306,504円
第8世代Core i7 / GTX 1660Ti Max-Q 32GB 512GB SSD 354,024円
第8世代Core i7 / GTX 1660Ti Max-Q 32GB 1TB SSD 401,544円
Surface Book3
Microsoft

Surface book2 15インチ レビュー
【Surface book2(15インチ)レビュー】クリエイター必見の高品質2in1ノートPC【バッテリー最大17時間】マイクロソフトの【Surface book2 15インチ】を実機レビュー。外観・使いやすさ・スペック・価格を画像多めでわかりやすくまとめています。...

前モデルのSurface Book2もAmazonで購入できます▼

Surface Laptop3【高性能ノートPC】

Surface Laptop3

「Surface Laptop3」は13.5インチと15インチの2種類のサイズから選べる一般的なタイプのノートPCです。

こんな方におすすめ
  • 一般的なノートPCをお探しの方(タブレットにならない)
  • タッチ操作・ペン入力を使って使用の幅を広げたい方
  • 高性能で高い駆動時間を確保できるノートPCを探している方

前作のLaptop2との違いは主にCPUでして、Laptop3は13.5インチにCPUに第10世代 (Ice Lake) Core iプロセッサーを採用で性能がアップ。

15インチはAMD Ryzenが搭載されています。AMD Ryzenにすることでグラフィックスと総合的なパフォーマンスが向上しています。

ただLaptop2のバッテリー駆動時間が14.5時間だったのもの、Laptop3では11.5時間と減少していることに注意。

Laptop2とLaptop3の基本的な選び方は購入時のキャンペーンの価格を見て安い方ではいいのではと思いますが、大きいサイズが良い人はLaptop3の15インチを選びましょう。

Surface Laptop3のラインナップはこちら
サイズ CPU メモリー ストレージ 価格(税込)
13.5インチ 第世代Core i5 8GB 128GB SSD 139,480円
15インチ AMD Ryzen 5 8GB 128GB SSD 161,480円

ラインナップが多いため、それぞれサイズ毎に一番安いモデルのみ掲載しています。

Surface Studio2【高級一体型デスクトップ】

Surface-Studio2

「Surface Studio2」は28インチの大型ディスプレイを搭載した一体型デスクトップ。

こんな方におすすめ
  • 液タブとして使いたい方
  • 4Kを超える解像度を楽しみたい方
  • クリエイターとしての自分をもっと進化させたい方
  • 高性能パソコンを求めている方

一体型なのでスタイリッシュに収まり、質感の高いボディはクリエイティビティをガツンと刺激します。

最大の特徴は28インチの大型ディスプレイを「液タブ」として使えることで、ディスプレイを寝かせれば、28インチのキャンバスに。

さらに解像度は4500×3000ドットと4K画質を超える超解像度。専用のGPUを搭載しているため、3Dゲーム、3D処理も滑らかに動きます。

ただ、CPUが第7世代のCore i7のため、現行のハイエンドモデルに比べると性能は落ちます。

3Dゲームをしたい人向けと言うよりは、液タブを使ったり映像編集をしたりと高いパフォーマンスをPCに求めるクリエイター向けという印象です。

Surface Book2 13インチのラインナップはこちら
CPU / GPU メモリー ストレージ 価格(税込)
Core i7 / GTX1060 16GB 1TB SSD 480,834円
Core i7 / GTX 1070 32GB 1TB SSD 572,184円
Core i7 / GTX 1070 32GB 2TB SSD 642,384円

広告

Surfaceシリーズ比較早見表

機種名 Surface Pro 7 Surface Book3 Surface Laptop 3 Surface Go2
ディスプレイ 12.3インチ
(2736×1824)
13.5インチ(3000×2000)/
15インチ
(3240×2160)
13.5インチ
(2256×1504)
10.5インチ
(1920 x 1280)
サイズ 幅292mm
奥行201mm
高さ8.5mm
幅312mm
奥行232mm
高さ13~23mm /
幅343mm
奥行き251mm
高さ15~23mm
幅 :308mm
奥行 : 223mm
高さ : 14.5mm
幅175mm
奥行245mm
高さ8.3mm
本体重量 775~790g 1534~1642g /
1905g
約1.265kg~ 544g
バッテリー駆動時間 最大10.5時間 最大17時間 最大約11.5時間 最大10時間
USB(フルサイズ) 1 2 1
USB(Type-C) 1 1 1 1
メモリーカード 有り 有り 有り
顔認証サインイン 対応 対応 対応 対応
筆圧検知 4096段階 4096段階 1024段階 1024段階
傾き検知 対応 対応 非対応 非対応
専用グラフィックス(GPU) なし GeForce GTX 1050/GeForce GTX 1060 なし なし
オフィス Home & Business 2019 Home & Business 2019 Home & Business 2019 Home & Business 2016

※Surface Laptop3は13.5型の他に15型の販売も行っています

関連記事 : Surface Laptop2とLaptop3の違いは?どちらを買うべき?【スペック・デザイン徹底比較】
関連記事 : Surface Pro6とPro7の違いは?どちらを買うべき?【スペック・デザイン徹底比較】

Surfaceシリーズの周辺機器について

Surface ペン

Surface Go 周辺機器【ペン】

液晶に手書き入力をするためのペンです。別売りにはなりますが、Surfaceの性能を引き出すのであれば「必須アイテム」と言えます。

カラーは「シルバー/ブラック/コバルトブルー/バーガンディ」の4色。

ちょっとしたメモからイラスト制作まで、最新のSurface ペンは4096段階の筆圧検知・傾き検知で精密なイラストを描けます。

初心者から本格派まで、Surfaceと是非一緒に購入したいアイテムです。

Surface タイプカバー

Surface タイプカバー

「Surface GO」「Surface Pro」はタイプカバー(キーボード)を別途購入する必要があります。

他社のBluetoothキーボードも使用はできますが、純正のタイプカバーのほうが精度・使い勝手が良く相性が良いのでおすすめです。

タイプカバーは「Surface Pro用」と「Surface Go用」にわかれているのでご注意を!

Surface アークマウス

Arcマウス カラー

くねっと曲がったフォルムが印象的なマウス。

しかし、使わないときはぺったんこになる一風変わったギミックが施されています。

アークマウスの実機レビュー記事はこちら

Surface Headphones

高級感溢れるデザインはSurfaceとの親和性抜群。

ノイズキャンセリング機能で最高の作業環境が手に入れられます。Surfaceユーザーにとって上質なヘッドフォンになりますよ!

Surface Headphonesの実機レビュー記事はこちら

広告

マイクロソフト【Surface】の良い評判・口コミ・評価

マイクロソフトの良い評判・口コミ・評価

価格に対する良い評判・口コミ・評価

正直Surfaceは他のメーカーに比べると価格自体は「高い」です。

しかしそれは高品質の表れでもあり、標準でOfficeで付いていることや液晶のタッチができることなどの要素も含まれるため一概に高いとは言い切れません。

そんなSurfaceの価格に対する良い評価がこちら▼

ぱそろぐま
ぱそろぐま
作業用や大学生・ビジネスマンの相棒として人気があって、品質も良いから総合的なコスパで考えると高いといった評判が見られたよ!

パソコンの品質に対する良い評判・口コミ・評価

品質の向上・維持にこだわるマイクロソフトによるSurfaceは惚れ惚れする筐体。

クオリティが高く、人気でして絶対に「Surface」が良いという人も多いと思います。

そんなSurfaceの品質に対する良い評価がこちら▼

ぱそろぐま
ぱそろぐま
品質の高さから、使い勝手の良さに着目した良い評価が多く見られたよ!価格だけ見るんじゃなく、総合的に見た時にSurfaceは他メーカーより一歩抜けてる感はあるよね。

サポートに対する良い評判・口コミ・評価

大企業のマイクロソフト。その面ではサポートがしっかりしていそうと思いますよね。

Microsoftストアでも30日の返金保証や製品の1年保証がありますが実際のサポートの対応も気になりますよね。

そんなSurfaceのサポートに対する良い評価がこちら▼

ぱそろぐま
ぱそろぐま
懇切丁寧にサポートしてもらったとの評判も多く見られました。ソフトウェアに関しての知識もあるというのはマイクロソフトサポートのメリットだね!

マイクロソフトの悪い評判・口コミ・評価

マイクロソフトの悪い評判・口コミ・評価

価格に対する悪い評判・口コミ・評価

良い評判では「ランニングコストが安い」などの口コミが見られましたが一方でこんな意見も。

Surfaceの価格に対する悪い評価がこちら▼

ぱそろぐま
ぱそろぐま
Surfaceに至っては【買いたいけど高い】という口コミが一番多いね。スペックだけで見たら他のメーカーに全然安いモデルがあるからそこはしょうがない。それでも「やっぱりsurfaceが良い!」っていう人が多いんだから凄いんだよなー

パソコンの品質に対する悪い評判・口コミ・評価

良い評判では「便利だし長く使える」などの口コミが見られましたが一方でこんな意見も。

Surfaceの品質に対する悪い評価がこちら▼

ぱそろぐま
ぱそろぐま
これはどのメーカーでもそうだけど、パソコンが壊れるということは誰かの日常茶飯事。ただ、Surfaceは映像やデザイン・ギミックの面での悪い評価があまり見られないし、完成度が高い証拠だね!

サポートに対する悪い評判・口コミ・評価

良い評判では「他のメーカーより丁寧に対応してくれる」などの口コミが見られましたが一方でこんな意見も。

Surfaceのサポートに対する悪い評価がこちら▼

ぱそろぐま
ぱそろぐま
マイクロソフトの対応が悪い!という評判は思いのほか多くあるんだ。その中でも、オペレーターに電話が繋がりにくいというのが良く見られたよ。サポートが込み合ってすぐに対応してもらえないのは残念ポイント。

まとめ : Surfaceシリーズは高品質でプライベートからビジネスまで使える

本記事では《【Microsoft】Surfaceシリーズの特徴・おすすめ機種を紹介!【評判・評価・口コミ有り】》についてまとめてきました。

Surfaceは共通してタッチ・ペン入力ができてOffice付き、デザインも一貫してスタイリッシュで完成されたWindowsパソコンと言えそうです。

Surfaceは用途によってかなり選びやすくなっているパソコンなので、自分の目的に合ったものを選んで使ってみてくださいね。

Amazonでお得に買い物する裏技
Amazonギフト券チャージでお得に買い物!

Amazonで買い物をするときはギフト券にチャージ(入金)をすると、最大2.5%ポイントがもらえるのでお得に買い物ができます。

▼お得に賢く買い物しよう!▼

Amazonギフト券公式サイトをみる