マイクロソフト

【Surface Pro7 レビュー】プライベートからビジネスまで大満足なタブレットPC【イラストにも最適】

【Surface Pro7 レビュー】プライベートからビジネスまで大満足なタブレットPC【イラストにも最適】

マイクロソフトの【Surface Pro7】はコンパクトなボディに満足なスペックを搭載したプライベートでもビジネスでも万能に使えるタブレットPCです!

ぱそろぐま
ぱそろぐま
Surfaceペンを使ったイラスト制作も捗るし、完成度は6と比べても益々高くなっているよ!
Surface Pro7

カラーはプラチナとブラックの2種類から選べますが、この記事では「プラチナ」をレビューしていきます。

▼本記事でレビューするSurface Pro7の基本スペック▼

サイズ 12.3インチ CPU Core i5-1035G4
メモリ 8GB ストレージ 256GB SSD

それでは《【Surface Pro7 レビュー】プライベートからビジネスまで大満足なタブレットPC【イラストにも最適】》について書いていきます。

Surface Pro 7

Microsoft

Surface Pro7のココに注目!

注目ポイント

Surface Pro7の注目ポイントはこちら▼

  • 薄くて軽量
  • 第10世代 (Ice Lake)最新CPU搭載
  • 液晶タッチ操作が可能
  • Office付き

このポイントを考えると、こんな目的・用途で探している方におすすめのパソコンです。

こんな方におすすめ
  • 持ち運びが多い大学生やビジネスマン
  • イラスト制作も出来るPCを探している方
  • 品質、デザイン面も重視したい方
ぱそろぐま
ぱそろぐま
持ち運びしやすいしっかりスペックの15インチノートPCを求めてた方にピッタリよ!

続いて、Surface Pro7の「スペック・デザイン・使用感」など実機レビューをしていきます。

Surface Pro 7

Microsoft

Surface Pro7の同梱物

Surface Pro7 同梱物
  • Surface Pro7本体
  • ACアダプタ
  • 説明書
  • 保証書
  • Office

※キーボードとSurface Penは別売りなので注意

Surface Pro7は【Office付き】ですので、別途Officeを購入する必要はありません。

付属するOfficeに書かれているプロダクトキーをOffice立ち上げ後に入力すれば使えます。

ぱそろぐま
ぱそろぐま
Officeを持っていない人にとっては嬉しいポイント(‘ω’)!

広告

Surface Pro7のスペック

ぱそろぐま
ぱそろぐま
Surface Pro7のスペックを紹介するよ!
スペック表
製品名 Surface Pro7
CPU Core i3-1005G1
Core i5-1035G4
Core i7-1065G7
メモリー 4GB / 8GB / 16GB
ストレージ 128GB / 256GB / 512GB / 1TB SSD
サイズ 292 mm x 201 mm x 8.5 mm
重量 Core i3、i5: 775 g
COre i7: 790 g
液晶 12.3インチ 液晶タッチ対応
解像度 : 2736×1824
バッテリー持ち 最大約10.5時間
認証方法 パスワード解除
顔認証
インターフェース USB-C x 1
USB-A x 1
3.5 mm ヘッドフォン ジャック
Surface Connect ポート x 1
Surface タイプ カバーポート4
microSDXC カード リーダー
管理人の評価
デザイン 性能 使い心地 持ち運び 価格

※この評価は管理人の独断と偏見によります。

Surface Pro 7

Microsoft

外観について

カラーは「プラチナ」と「ブラック」の2色。

Surface Pro7外観

見た目は従来モデルから特に変わっていません。それほどまでにデザインが愛されていて変える必要性がないということでしょうね。

ぱそろぐま
ぱそろぐま
スタイリッシュで高級感のある見た目は所有欲にダイレクトアタックしてくるんだ!

 

背面には、ロゴ・カメラ・キックスタンド。

Surface Pro7 背面

マグネシウムボディは剛性も高く、高品質で軽量。指紋跡もつきにくく清潔です。

 

液晶を横にしたときの上下はいたってシンプル▼

Surface Pro7 正面と背面

別売りの専用キーボードは簡単に本体と合体します▼

Surface Pro7 合体

 

 

キックスタンドのヒンジは柔らかすぎず、硬すぎずしっかりと望み通りの位置で固定されます。

Surface Pro7 キックスタンド開閉 Surface Pro7 キックスタンド角度

好みの位置でスタンドとして機能するから便利です!

 

Surface Pro7 最大傾斜

最大限まで開くとここまで角度がつきます。フラットにはなりませんが、この角度がイラストを描くときに丁度良いんですよね。

ぱそろぐま
ぱそろぐま
ごろっと寝っ転がって動画を見たりも楽しいし、グループで画面共有するのにもちょうど良いよー!

 

厚みは約8.5mmでして、手で持ってみると薄さが際立ちます。

Surface Pro7 厚み

また、775gと軽量なので片手でも楽々持てます。女性にも優しい!

Surface Pro 7

Microsoft

サイズ・重量について

実際にSurface Pro7を手で持ってみるとこのくらいのサイズ感▼

Surface Pro7 手で持つ
ぱそろぐま
ぱそろぐま
12.3インチだから手で持ってもスマートに決まるね!

 

サイズは「292 mm x 201 mm x 8.5 mm」でA4サイズと比べても一回り小さめ。

A4ノートと比較▼

Surface Pro7 a4ノートと比較

このくらい小さめだとカバンにもスッポリ入ってしかも薄いので省スペースで収まってとてもいい感じ。

 

重量は公式では約775gですが、実測では「773g」でした。

Surface Pro7 本体重量

 

キーボード単体の重量は「305g」

Surface Pro7 キーボード重量
ノートPCの平均的な重量表(独自調べ)
サイズ 11.6インチ 13.3インチ 14インチ 15.6インチ
重量 約1.1kg 約1.25kg 約1.5kg 約2kg

合わせても1.1kg弱ですので、一回り小さい11.6インチの平均よりも軽く、携帯性は抜群

軽いうえに高性能ですので、使い勝手の幅も広がりますよ!

 

ACアダプターは実測で「289g

Surface Pro7 ACアダプタ

Surface Pro7の最大駆動時間は約10.5時間あるため、AC電源を持ち運ばないでもフル充電をしておけば1日使うことができます。

ぱそろぐま
ぱそろぐま
バッテリー駆動時間が長いから大学生やビジネスマンも安心だし、ノマドワーカーにもピッタリよね。

液晶について

液晶サイズは「12.3インチ」で解像度は「2736×1824ドット、さらに「液晶タッチ対応」です。

Surface Pro7 液晶

液晶はフルHDを超える画質でして、かなり綺麗です。文字もクッキリ、ハッキリ。この辺りもイラスト制作に向いているポイント。

イラスト制作やクリエイティブ用途も強めなため、画面は光沢(グレア)仕様。そのため光や背景の反射があります。

ぱそろぐま
ぱそろぐま
映り込みが気になる人は液晶保護フィルムを購入すればOK!

 

液晶タッチで操作する様子▼

Surface Pro7 タッチ操作

タッチ操作は非常にスムーズでスイスイ動きます。

Surface Pro7を使ったイラスト制作について

Surface Pro7は液晶タッチ・Surface pen対応でして、4096段階の筆圧・傾き感知に対応しています。

今回はPro7を使って「CLIP STUDIO」で絵を描きました。

 

まずは私が描いたもの。

Surface Pro7 イラスト

細い線や太い線は線の太さを設定で変えたわけではなく、線を引く強さを変えて太さを変えています。これが≪筆圧検知≫ですね。

 

さらに、イラストレーターの方に忙しい中ささっと描いていただきました!

Surface Pro7 イラストレーター

普段はiPadを使いApple penで絵を描いているので違いや使用感を聞いてみました。

イラストレーター
イラストレーター
  • 思っていたよりもめちゃくちゃ書きやすいし反応が良い
  • 指でピンチイン・ピンチアウトした時にカクつくのが少し気になる
  • 液晶が描いているうちに少し熱くなるのが気になる

上記のようなコメントをいただきました。

ただ、Surface Pro7はタブレットPCでして基本的にパソコン使用がメイン。

Adobeソフトとの連携や入稿の手軽さなど、iPadにはないメリットが沢山あるとも言っていました。

ぱそろぐま
ぱそろぐま
iPadはあくまでもタブレット。Surface Pro7と比べたら用途は限られるということだね!

※Surface penは付属していないので別途購入する必要があります。

キーボードについて

Surface Pro7 キーボード
標準値 Surface Laptop3
15インチ
キーピッチ
(キーとキーの間の距離)
約19mm 約19mm
キーストローク
(キーの押し込みの深さ)
約1.5mm 約1.3mm

キーピッチは標準的で広く、不自由なし。キー配列も癖がないのでかなり使いやすい仕上がりです。

キーストロークが若干浅いものの、打ち返しもしっかりとあるので軽快なサクサクとしたタイピングが可能です。

ただ、タイピング音は「コトコトッ」という音がして心地よくはありますが静音ではありません。

個人的にこの音は好きですけどね笑

ぱそろぐま
ぱそろぐま
12.3インチと小さ目ながら使い勝手の良いキーボードは流石だね!

 

裏面は特に何もありません。

Surface Pro7 キーボード裏面

 

キーボードはバックライト搭載▼

Surface Pro7 バックライト

 

こちらはパームレスト(腕を置く部分)▼

Surface Pro7 パームレスト

パームレスト部分にはAlcantara(アルカンターラ)という少しザラッとしながらも心地の良い高級素材が使われています。

ただ、この素材感だと水滴に弱そうで怖いと思うかもしれませんが、撥水するのですぐに拭きとれば問題ありません。

普通のキーボードでも飲料を壊したら故障の原因になるのは変わらないので大事に使えばOK。

 

パームレストは若干狭いものの、キーボードが薄いのでフラットな状態で手をおけます。

Surface Pro7 手置き
タッチパッドについて
Surface Pro7 タッチパッド
種類 一体型
サイズ 約10.2cm

タッチパッドは一体型で他のノートPCと比べると若干狭い感じ。

使い心地としては可もなく不可もなく、ストレスフリーな使用感です。

クリック音は「カチッ」と言うより少し重めの「コトッ」と音がします。ちょっと音が大きいですね。

 

タッチパッドはもちろん、マウスジェスチャー対応です。

Surface Pro7 キー操作

1本指でカーソルの移動やクリック
2本指でスクロールやピンチイン、アウト、右クリック
3本指でマルチタスク、デスクトップに戻る
4本指でデスクトップの切り替え等

Surface Pro 7

Microsoft

インターフェースについて

Surface Pro7 左側面

Surface Pro7 左側面

  1. ヘッドフォン ジャック

 

Surface Pro7 右側面

Surface Pro7 右側面

  1. Surface Connect ポート
  2. USB-A
  3. USB-C
  4. microSDXC カード リーダー

USB Type-CはUSB PDにも対応しているようで、PDによる急速充電も行えます。

ただ、公式で推奨はされていないので自己責任で!

 

基本的にSurface Pro7のインターフェースは少な目です。

Type-AもType-Cも一つずつですしね。

インターフェースを充実させたい場合は、別途「ハブ」や「Surfaceドック」を購入しての対応をするようにしましょう。

Surface Pro 7

Microsoft

Surface Pro7の各種性能テスト(ベンチマーク)

CPU性能

計測ソフト :「CINEBENCH」
Surface Pro7 CINEBENCH

 

結果をみると、CPU性能は優れていることがわかります。普段使いや画像加工程度であれば何ら問題なくストレスが無く使えます。もちろん、動画編集も可能です。

ストレージ性能

計測ソフト :「CyristalDiskMark」

SSDの読み書きの速度を計測。

Surface Pro7 SSDベンチマーク

SSDは【2005】と高速ですのでファイルの送受信や起動などスムーズです。

ゲーム環境ベンチマーク

DQX ベンチマーク
Surface Pro7 DQXベンチ
FF14 ベンチマーク
Surface Pro7 FF14ベンチ

計測は解像度「1920×1080(フルHD)」、品質設定は「標準」で行いました。

軽量級のドラクエX、中量級のFF14どちらもゲームの評価は「快適」ですが、FF14はそこまで快適なプレイには期待できないところ。

また、これ以上のFF15などの重量級ゲームは厳しいです。

ぱそろぐま
ぱそろぐま
Adobeを使ったクリエイティブ作業は難なく行えるよ!Youtubeを本格的にやりたい人は最上位のCore i7モデルがおすすめ。

広告

Surface Pro7のラインナップ

CPU メモリー ストレージ 価格(税込)
Core i3 4GB 128GB SSD 109,780円
Core i5 8GB 128GB SSD 131,780円
Core i5 8GB 256GB SSD 153,780円
Core i5 16GB 256GB SSD 193,380円
Core i7 16GB 256GB SSD 204,380円
Core i7 16GB 512GB SSD 247,280円
Core i7 16GB 1TB SSD 295,680円

一般用途や簡単なイラスト作成であれば1番下位のモデルでも十分ストレス無く動きます。

ただ、クリエイティブな用途でも使いたい方やストレス無く業務を行いたい方はCore i5以上がおすすめです。

動画編集もガッツリしていく予定であればCore i7を選べば間違いありませんよ!

ぱそろぐま
ぱそろぐま
Officeも標準で付いているので実質表示価格からマイナス2~3万円ほどなことは知っておこう!
Surface Pro 7

Microsoft

旧モデル(Pro6)と新モデル(Pro7)の比較

Surface Pro7はPro6と比べてどこが変わったのかを箇条書きで比較します。

  • 最新の第10世代CPUを搭載
  • Core i3 / 4GBモデルが追加
  • USB Type-C搭載
  • 最新規格のWi-fi6に対応
  • バッテリー駆動時間が減少

Surface Pro7になり、CPUやグラフィックなどのパフォーマンスが向上しています。

またUSB Type-Cが搭載されたので使い勝手もグッとあがりました。

バッテリー駆動時間が減少したのは残念ですが正統進化をしていると言えるでしょう。

前モデルのSurface Pro6は「【Surface Pro 6 レビュー】高性能で持ち運びに便利!使い勝手も抜群【バッテリー最大13.5時間】」の記事をご覧ください。

関連記事 : Surface Pro6とPro7の違いは?どちらを買うべき?【スペック・デザイン徹底比較】

広告

Surface Pro7 実機レビュー まとめ

本記事では《【Surface Pro7 レビュー】プライベートからビジネスまで大満足なタブレットPC【イラストにも最適】》についてまとめてきました。

ぱそろぐま
ぱそろぐま
個人的にイラストも上手くなりたいし、PCとしても使っていきたいからこのPro7にはかなり惹かれた!

本記事は以上です!公式サイトでさらに魅力をチェックしてみてくださいね。

Surface Pro 7

Microsoft

Surfaceおすすめモデルはこちらをチェック!
【Microsoft】Surfaceシリーズの特徴・おすすめ機種を紹介!【比較 | セール情報有り】
【Microsoft】Surfaceシリーズの特徴・おすすめ機種を紹介!【評判・評価・口コミ有り】マイクロソフトの大人気ノートPC「Surfaceシリーズ」の魅力をギュッとまとめました。使い勝手やスペックを実際に実機レビューした管理人がていねいにお伝えしていきます。...
Amazonでお得に買い物する裏技
Amazonギフト券チャージでお得に買い物!

Amazonで買い物をするときはギフト券にチャージ(入金)をすると、最大2.5%ポイントがもらえるのでお得に買い物ができます。

▼お得に賢く買い物しよう!▼

Amazonギフト券公式サイトをみる