マイクロソフト

【Surface Laptop4 15インチ Ryzenモデル レビュー】所有欲を満たす持ち運べる高品質ノートPC

Surface Laptop4 15インチ Ryzenモデル レビュー

マイクロソフトの【Surface Laptop 4 15インチ】は比較的軽量で持ち運びがしやすい高品質なノートPCです。

ぱそろぐま
ぱそろぐま
高い性能で仕事の相棒としてもピッタリ!
Surface_laptop4_15ryzenの全体幅

カラーはマットブラックとプラチナから選べますが、この記事ではマットブラックをレビューしていきます。

▼本記事でレビューするSurface Laptop 4 15インチの基本スペック▼

サイズ 15インチ CPU Ryzen 7 4980U
メモリ 16GB ストレージ 512GB SSD

※15インチモデルはインテル Core i7モデルもあります

「Surface Laptop4」は【13.5インチモデル】と【15インチモデル】の2種類ありますが、この記事でレビューするのは【15インチモデル】です。

13.5インチのレビュー記事はこちら

それでは《【Surface Laptop4 15インチ Ryzenモデル レビュー】所有欲を満たす持ち運べる高品質ノートPC》について書いていきます。

Surface Laptop 4 15インチのココに注目!

注目ポイント

Surface Laptop 4 15インチの注目ポイントはこちら▼

  • 薄くて軽量、持ち運びも可能
  • 高品質で高級感があふれる
  • 性能が良く万能に使える
  • 液晶タッチ操作が可能
  • Office 2019付き

このポイントを考えると、こんな目的・用途で探している方におすすめのパソコンです。

こんな人におすすめ
  • 大学生など学校で使う人
  • ビジネスマンなどビジネスで使う人
  • テレワーカー
  • デザインも重視したい人
  • 所有欲を満たせる1台を探している人
ぱそろぐま
ぱそろぐま
個人的にもLaptopシリーズは使い勝手がよくパフォーマンスが高いからおすすめ!

続いて、Surface Laptop 4 15インチの「スペック・デザイン・使用感」など実機レビューをしていきます。

Surface Laptop 4 15インチの同梱物

Surface_laptop4_15ryzenのOffice
  • Surface Laptop 4 15インチ本体
  • ACアダプタ
  • 説明書
  • 保証書
  • Office 2019

Surface Laptop 4は【Office付き】ですので、別途Officeを購入する必要はありません。

ぱそろぐま
ぱそろぐま
Officeを持っていない人にとっては高ポイントだね!

広告

Surface Laptop 4 15インチのスペック

Surface_laptop4_15ryzenの全体像
ぱそろぐま
ぱそろぐま
今回レビューするSurface Laptop 4 15インチ Ryzenモデルの詳しいスペックを紹介するよ!
スペック表
製品名 Surface Laptop 4 13.5インチ
CPU Ryzen 7 4980U
メモリー 16GB
ストレージ 512GB SSD
サイズ 339.5 mm x 244 mm x 14.7 mm
重量 1,542 g
液晶 15インチ 液晶タッチ対応
2496 x 1664 (201 PPI)
バッテリー持ち 最大約17.5時間
インターフェース USB-C x 1
USB-A x 1
ヘッドフォン ジャック
Surface Connect ポート x 1

Surface Laptop 4 15インチの性能と用途

用途 評価コメント 総合評価
趣味 動画視聴やブラウジングはスムーズ
Office Office作業もストレス無し
Adobe系 ストレスがない稼働
動画編集 Youtubeなど軽めの編集は可能
専用GPUがない分エンコードは若干遅い
ゲーム 軽量ゲーム、ブラウザゲームは可能
ぱそろぐま
ぱそろぐま
趣味・仕事・クリエイティブ作業まで使えてマルチに活躍するよ!

外観について

Laptop4 カラー

カラーは「マットブラック」「プラチナ」の二色。他の色は13.5インチ限定色となります。

ぱそろぐま
ぱそろぐま
こちらは好みで選ぼう!

 

天面はシンプルにロゴのみ。

Surface_laptop4_15ryzenの天面

アルミのボディは剛性も高く、高品質。

手触りはツヤツヤ感が強めですが、若干サラッとしています。

Surface_laptop4_15ryzenの薄さ

15インチながら薄いのでスタイリッシュさが際立ちます。四隅は丸っこいのに、シャープで見た目も美しいです。

 

底面も非常にシンプルでして、上下左右にゴム足がついています。

Surface_laptop4_15ryzenの底面

スピーカーはキーボード面から音が聞こえてきます。

音質は中の上といったところ。低音が安定しているので聞きやすいです。

前面から聞こえてくるのでスッと耳に入ってきますし、音量の最大値が大きいのでドラマや映画も十分楽しめます。

ぱそろぐま
ぱそろぐま
WEB会議にもいいね

 

液晶は最大ここまで開きます。▼

Surface_laptop4_15ryzenの傾斜

Surfaceは液晶とキーボードが分離するタイプがありますが、Laptop4は通常のノートPCのため液晶とキーボードは一体となっています。

サイズ・重量について

実際にSurface Laptop 4 15インチを手で持ってみるとこのくらいのサイズ感▼

Surface_laptop4_15ryzenの手で持つ
ぱそろぐま
ぱそろぐま
深いブラックがカッコイイんだ

 

サイズは「339.5 mm x 244 mm x 14.7 mm」でA4サイズより一回り大きめ。

わかりやすいように、A4ノートと比較▼

Surface_laptop4_15ryzenのA4比較

大き目のバッグやリュックなどがあると良いでしょう。

 

重量は公式では約1,542kgですが、実測では「1,560kg」でした。

Surface_laptop4_15ryzenの重量

15インチで1.54kgであれば軽いほうで、毎日通勤や通学で持ち運ぶにはやや重いですが歩く距離が短い人や車通勤の人は持ち運べるでしょう。

13インチモデルより画面が大きいので作業効率の面はこちらに軍配が上がりますしね。

 

ACアダプターは実測で「305g

Surface_laptop4_15ryzenのAC重量

Surface Laptop 4の最大駆動時間は約17.5時間あるため、AC電源を持ち運ばないでもフル充電をしておけば1日使うことができるのもポイント。

ぱそろぐま
ぱそろぐま
バッテリー持ちが良いと充電器を持ち運ばなくて良いので軽いんだ!

液晶について

液晶サイズは「15インチ」で解像度は「2496×1664ドット、さらに「液晶タッチ対応」です。

Surface_laptop4_15ryzenの液晶

液晶はフルHDを超える画質でして、かなり綺麗です。

液晶はタッチディスプレイということもあり、光沢(グレア)のため、角度によって光の映り込みが多少あります。

Surface_laptop4_15ryzenのベゼル幅

ベゼル(液晶枠の黒い部分)は約11mmと最近のノートPCのスリムベゼルに比べるとやや広め。昔に比べたら全然狭いですけどね!

 

Surface Laptop 4は液晶タッチ・Surface pen対応です。

※Surface penは付属していないので別途購入する必要があります。

ちなみに、他のSurfaceシリーズのように液晶とキーボードが分離しないので、イラスト用途としての使い勝手は良くないです。

キーボードについて

Surface_laptop4_15ryzenのタイピング

キーボードにテンキーはついていません。キー配列は癖が全くないので非常に使いやすいです。全部この配列にしてほしい。

キーストロークは若干浅めですが、キーピッチは十分でして総合的に見てタイピングがしやすいキーボードに設計されています。

タイピングは非常に静音なので出先でも周りを気にすることなく打てます。

 

キーボードはバックライト対応です。

Surface_laptop4_15ryzenのバックライト

 

こちらはパームレスト(腕を置く部分)

Surface_laptop4_15ryzenのパームレスト

パームレストは割と広めで手を置くのも十分なサイズ感。

Surface_laptop4_15ryzenのタイピング
タッチパッドについて
Surface_laptop4_15ryzenのタッチパッド
種類 一体型
サイズ 約11.5cm

タッチパッドは縦幅、横幅とも広めで快適な操作が可能です。

触り心地は非常に滑らかでして、個人的にWindowsPCの中ではSurfaceのタッチパッドがNo1に使いやすいです。

クリック音は「カチッ」と言うより少し重めの「コトッ」と心地の良い音がします。

 

タッチパッドはもちろん、マウスジェスチャー対応です。

1本指でカーソルの移動やクリック
2本指でスクロールやピンチイン、アウト、右クリック
3本指でマルチタスク、デスクトップに戻る
4本指でデスクトップの切り替え等

インターフェースについて

Surface_laptop4_15ryzenの右インターフェース

Surface Laptop 4 15インチ 右側面

  1. Surfaceコネクト

 

Surface_laptop4_15ryzenの左インターフェース

Surface Laptop 4 15インチ 左側面

  1. USB Type-A
  2. USB Type-C
  3. ヘッドフォン ジャック

USB Type-CはUSB PDにも対応しているようで、充電も行えます。

 

Surface Laptop 4のインターフェースは極めて少ないため、

インターフェースを充実させたい場合は、別途「ハブ」や「Surfaceドック」を購入して対応しましょう。

Surface Laptop 4 15インチの各種性能テスト(ベンチマーク)

CPU性能計測

計測ソフト :「CINEBENCH R23」

CPUの計測結果は以下の通りです。

Surface_laptop4_15ryzenのCINEBENCH
Surface_laptop4_15ryzenのCINEBENCH
Surface_laptop4_15ryzenのCINEBENCH

ストレージ性能

計測ソフト :「CyristalDiskMark」

CrystalDiskMarkでSSDの読み書きの速度を計測。速度も比較的早いです。

Surface_laptop4_15ryzenのSSDベンチマーク

グラフィックス性能

計測ソフト :「GPU-Z」
Surface_laptop4_15ryzenのGPU-Z

ゲーム環境ベンチマーク

計測ソフト :「DQX」

ドラゴンクエストXでのプレイ環境を計測。

【計測環境】

  • グラフィックス : 標準品質
  • 解像度 : 1920 × 1080
Surface_laptop4_15ryzenのDQXベンチ

軽量級のDQXは「快適」という結果でした。

計測ソフト :「FF14」

FF14でのプレイ環境を計測。

【計測環境】

  • グラフィックス : 標準品質
  • 解像度 : 1920 × 1080
Surface_laptop4_15ryzenのFF14ベンチ

中量級のFF14も「快適」という結果でした。

ただ、専用のグラフィックスを搭載しているわけではないので、エフェクトが多いところだと処理でカクつきもありました。

DQXやブラウザゲームなど軽めのゲームは遊べますが、FF14やFF15など重量級のゲームは向きません。

Surface Laptop 4 13.5インチのラインナップ

Surface Laptop4 15インチラインナップ

Surface Laptop4 15インチは「Core i7モデル」、「Ryzen7モデル」からまず選びます。

Ryzenモデルのほうがコスパに優れており、処理能力も十分なためOffice利用などの仕事用途やWEB制作に向いています。

Core i7モデルのほうはクリエイティブ頻度の高い人が選択すればよいかなと思います。

ぱそろぐま
ぱそろぐま
同性能の他メーカーと比べると価格は高いものの、高品質・高いデザイン性・Office付きなことを考えるとSurfaceはやっぱり良いんだよね!

広告

Surface Laptop 4 15インチ 実機レビュー まとめ

本記事では《【Surface Laptop4 15インチ Ryzenモデル レビュー】所有欲を満たす持ち運べる高品質ノートPC》についてまとめてきました。

13.5インチのLaptop4の記事は「【Surface Laptop4 13.5インチ レビュー】高品質で長時間駆動する軽量モバイルノートPC」をご覧下さい。

本記事は以上です!公式サイトでさらに魅力をチェックしてみてくださいね。

Surfaceおすすめモデルはこちらをチェック!
【Microsoft】Surfaceシリーズの特徴・おすすめ機種を紹介!【比較 | セール情報有り】
【Microsoft】Surfaceの特徴とおすすめモデルを紹介!【評判・評価・口コミ有り】マイクロソフトの大人気ノートPC「Surfaceシリーズ」の魅力をギュッとまとめました。使い勝手やスペックを実際に実機レビューした管理人がていねいにお伝えしていきます。...

当サイトでは、日本マイクロソフトより、商品を貸し出していただきレビューをしています。また、マイクロソフトアフィリエイトプログラムを利用し、収入を得ています。

Amazonでお得に買い物する裏技
Amazonギフト券チャージでお得に買い物!

Amazonで買い物をするときはギフト券にチャージ(入金)をすると、最大2.5%ポイントがもらえるのでお得に買い物ができます。

▼お得に賢く買い物しよう!▼

Amazonギフト券公式サイトをみる