ゲーミングチェア

【2020最新】DXRACERおすすめのゲーミングチェアをシリーズ別に徹底紹介【特徴も優しく解説】

【2020最新】DXRACERおすすめのゲーミングチェアをシリーズ別に徹底紹介【特徴も優しく解説】

ゲーミングチェアで「AKRacing」と双璧をなす人気ブランドが「DXRACER(デラックスレーサー)」です

ぱそろぐま
ぱそろぐま
高品質なのはもちろん、価格がAKRacingよりお手頃な点が魅力的!

DXRACERはゲーミングチェアのラインナップも豊富でシリーズ内でモデルも複数あるので「どれを買えばいいかわからない」という方も多いと思います。

そこで、本記事では《DXRACER》の各シリーズやモデルごとに特徴やどんな方におすすめなのかをわかりやすくまとめていきます!

それでは《【2020最新】DXRACERおすすめのゲーミングチェアをシリーズ別に徹底紹介【特徴も優しく解説】》について書いていきます。

目次

DXRACERはどんなメーカー?

DXRACER ロゴ

高い品質と耐久性を兼ね備えたDXRACERは、ゲーミングチェアの草分け的パイオニアブランドとして、
世界の主要なe-sports競技会において公式ゲーミングチェアサプライヤーとして選ばれてまいりました。
引用 : DXRacer公式サイト

DXRACER(デラックスレーサー)は日本で販売を開始して9年目。

レーシングシートや自転車競技用のシートを製造している企業だからこそ、ゲーミングチェアにおいても素晴らしい使い心地のゲーミングチェアを製造できます。

世界中のesportsの大会やプロプレーヤー、イベントで使用される大人気の大御所チェアプラン度なんですよ!

ぱそろぐま
ぱそろぐま
MLG、UMG、WCG、IEM、LCS、WCS、DREAMHACK、TWITCH-Conなど、数々のイベントで採用されているんだ!

DXRacer ゲーミングチェアの特徴

特徴

様々なシリーズが販売されていますが、基礎・基本となる部分は共通した特徴があります。

特徴1 : 人間工学に基づいた設計

背もたれは人間工学に基づく『三次元立体成型』のスチールフレームで包み込まれるようなホールド感、
座面はソファで使用される『ウェービングベルト+高反発ウレタンフォーム』から生み出される一般のチェアでは味わうことの出来ない弾力を持った座り心地
引用 : DXRACER公式サイト

プロにも愛用されるゲーミングチェアはやはり、長時間座っていても心地良くなければいけません。

もちろん、この心地よさはゲームだけでなく普段のデスクワークでも効果を発揮しますよ!

特徴2 : ランバーサポートとヘッドレスト付き
DXRACER ヘッドレスト・ランバーサーポート

腰を支える「ランバーサポート」と首を支える「ヘッドレスト」が標準で付属しています。

これらがあることで、姿勢も改善されますしゲームに集中できる態勢を維持できます。腰痛持ちの人にとっても重要なアイテムですね。

これらは位置調整もできますし、外すことも可能です(‘ω’)!

特徴3 : 3種類のアームレスト
DXRACER アームレスト
タイプ可動域
1D上下の高さ
3D上下の高さ/前後スライド/首振り
4D上下の高さ/左右スライド/前後スライド/首振り

アームレストは腕置きでして、DXRACERでは3タイプに分けられます。

可動域が広がるほど自在に動かせるので、自分の理想とする環境に近づけることができますよ。

特徴4 : リクライニング機能
DXRACER りくらいにんぐ

リクライニング機能を使えば「135°」まで背もたれを傾けることができます。

さらに、ロッキング機能を使うと+15°倒れるため、合計で【150°】倒れ込みができます。

休憩したい時にグッと倒すと心地良いです(‘ω’)!

ただ、AKRacingでは最大【180°】まで傾けられるためゲーミングチェアでガッツリ寝たい人はAKRacing製のほうが良いかなと思います。

関連記事 : 【2020最新】AKRacingおすすめのゲーミングチェアを紹介!【それぞれの特徴も解説】

DXRacerのシリーズの特徴を比較

ぱそろぐま
ぱそろぐま
シリーズ毎の特徴と価格を簡潔にまとめるよ!より詳しい比較は全モデルを紹介したあとに載せてあるんだ
シリーズ名モデル数一口コメント公式価格(税込)
フォーミュラ4安価
スタンダードモデル
29,800円 – 39,800円
ドリフティング3ゆったりとした座り心地45,800円 – 49,800円
レーシング3高めの背もたれ39,800円 – 49,800円
ヴァルキリー1高めの背もたれと
広い座面
49,800円
キング1大柄の人用59,800円
クラシック1フットレスト付き69,800円
クイーン1一番コンパクト24,800円

各マーケット毎(Amazon・楽天・Yahoo)で多少価格は前後します。

広告

【フォーミュラ】シリーズで一番安価なスタンダードモデル

DXRACER フォーミュラーシリーズ

フォーミュラシリーズの特徴

フォーミュラシリーズはDXRACERの中で一番ポピュラーでスタンダード。

細身の体型の方から普通の体型の方向けで、推奨している身長は「155cm~175cm」

ぱそろぐま
ぱそろぐま
フォーミュラシリーズはDXRACERの中でも一番人気のあるシリーズなんだ!

フォーミュラシリーズの比較表

モデル名DXRDXZDX-57SVDX-11
画像DXRACER DXRDXRACER DXZDXRACER DX-57DXRACER DX-11
素材スタンダードファブリックPUレザーPUレザー+
PVCハードレザー
ハイグレードファブリック+
PUレザー
アームレスト1D1D1D3D
フットベース強化ナイロン樹脂強化ナイロン樹脂強化ナイロン樹脂アルミ
背もたれ84cm82cm非公開84cm
座面高41-51cm42-52cm非公開42-52cm
座面幅38cm38cm非公開38cm
座面奥44cm44cm非公開44cm
座面の厚さ10cm10cm非公開10cm
カラーレッド/ブラック全7色シルバー全10色

おすすめのフォーミュラシリーズはどれ?

フォーミュラ―シリーズは、

  • DXRACER DXR【全モデル中最安値】
  • DXRACER DXZ【PUレザー採用】
  • DXRACER DX57SV【PUレザー+PVC採用】
  • DXRACER DX-11【3Dアームレスト採用】

上記の4モデルになります。

ゲーミングチェア初めての方や価格を抑えたい方は最安値の【DXR】で正直十分です。ファブリック素材で通気性も良く、お手頃価格の割に作りはちゃんとしています!

素材はやっぱり「レザー」が良いという人は【DXZ/DX57SV】を選んでおけばOK。

個人的におすすめなのは、【DX-11】でしてシリーズ内で唯一アームレストが3D。さらに、高級ファブリック素材とPUレザーが採用されており高性能でバランスも良いです。

【ドリフティング】ゆったりとした座り心地

DXRACER ドリフティングシリーズ

ドリフティングシリーズの特徴

ドリフティングシリーズは、先に紹介したフォーミュラシリーズよりも背もたれが低く、座面幅が広く奥行もあります。

スタンダードよりもワイドでゆったりと座ることができます。締め付け感やキッチリ感が苦手な人におすすめです。

ぱそろぐま
ぱそろぐま
座り心地も良いからゲーム以外に、オフィス用途としても人気のあるシリーズだよ!

ドリフティングシリーズの比較表

モデル名DH-73DX-03DX-61
 画像DXRACER DH-73DXRACER DX-03DXRACER DX-61
素材PUレザー
ダイヤモンドカット
PUレザーPUレザー
アームレスト1D1D1D
フットベースアルミアルミ強化ナイロン樹脂
背もたれ82cm81cm81cm
座面高43-52cm41-50cm41-50cm
座面幅38cm38cm38cm
座面奥52cm50cm50cm
座面の厚さ9cm9cm9cm
カラー全4色レッド/ブラック全4色

おすすめのドリフティングシリーズはどれ?

ドリフティングシリーズは、

  • DXRACER DH-73【ダイヤモンドステッチ】
  • DXRACER DX-03【オフィスにも最適】
  • DXRACER DX-61【お得モデル】

上記の3モデルになります。

「DH-73」は凹凸のついたダイアモンドカットが特徴的で、少し硬めの質感と座り心地になっているため、反発が少ない方が好きな人におすすめ。

「DX-03」と「DX-61」は性能的にあまり差はありませんが、【DX-61】のほうが価格が安く選べるカラーも増えます。

使われている素材は「DX03」の方が優れていますが、コスパで選ぶなら【DX-61】一択です!

広告

【レーシング】背の高い人向けモデル

DXRACER レーシングシリーズ

レーシングシリーズの特徴

レーシングシリーズは先に紹介した【フォーミュラ】や【ドリフティング】より背もたれが高く、高身長向けでして、推奨身長は170cm~185cmになります。

座面部のホールド感がややゆるめでリラックスして座ることができます。

レーシングシリーズの比較表

モデル名RV-131RW0RW-106
画像DXRACER RV131DXRACER RW0DXRACER RW106
素材PUレザーPUレザースタンダードファブリック+
PUソフト+
PVCハードレザー
アームレスト4D3D3D
フットベースアルミベース強化ナイロン樹脂強化ナイロン樹脂
背もたれ88cm86cm86cm
座面高49-56cm44-54cm43-53cm
座面幅36cm36cm36cm
座面奥45cm45cm47cm
座面の厚さ非公開11cm非公開
カラー全4色レッド/ホワイト全4色

おすすめのレーシングシリーズはどれ?

レーシングシリーズは、

  • DXRACER RV-131【ハイエンドモデル】
  • DXRACER RW0【スタンダードモデル】
  • DXRACER RW-106【エントリーモデル】

上記の3モデルになります。

「RV-131」はレーシングシリーズにおいて一番高性能なタイプで、4Dアームレストや見た目のカッコよさはピカイチ。ただ、価格も高価です。

「RW0」は中間モデルでRV-131より背もたれが2cm低くなり、3Dアームレストが採用されている、機能と見た目と価格のバランスが良いモデルです。

「RW-106」はシリーズ内最安値でお得なモデルです。素材にPUレザーだけでなくファブリック素材を使い、見た目もシンプルにして価格を抑えています。

レーシングシリーズはどれかがおすすめというわけではないので、「座面の高さ」を重要視して選ぶようにしましょう!

【ヴァルキリー】ゆったりよりの中間サイズ

DXRACER ヴァルキリーシリーズ

ヴァルキリーシリーズの特徴

見た目に特徴のあるヴァルキリーシリーズはレーシングシリーズと同じく背もたれは高め、しかしさらにゆったりとした座面幅でくつろげます。

座面にはカーシートなどでも通気性に優れ、肌触りの良いパーフォレイテッド(ピンホール)レザーを採用しており座り心地もこだわっています。

ヴァルキリーシリーズの比較表

ヴァルキリーシリーズは現在1モデルのみになります。

モデル名VB-03
画像DXRACER ヴァルキリーシリーズ
素材座面:パーフォレイテッドレザー
背もたれ:PUレザー + カーボン調PVCハードレザー
アームレスト3D
フットベースアルミ製スパイダーベース
背もたれ87cm
座面高46-56cm
座面幅38cm
座面奥57cm
座面の厚さ12cm
カラーブルー/ホワイト/レッド/ゴールド

ヴァルキリーシリーズはどんな人におすすめ?

ハイバック仕様ですので、身長170cm以上の人におすすめで、ゆったり感が欲しい人に適しています。

座り心地の良さやデザイン性、3Dアームレストなどゲーミングチェアにこだわりたい人はかなり満足できる仕上がりです。

広告

【キング】大柄な人向けゆったりモデル

DXRACER キングシリーズ

キングシリーズの特徴

キングシリーズは、DXRACERの中で一番大きなモデルです。

身長で言うと175cm~195cmの方が対象で、がっちり大柄体型の人にフィットします。非常にゆとりのある設計が特徴的。

キングシリーズの比較表

キングシリーズは現在1モデルのみになります。

モデル名DXK-06
画像DXRACER キングシリーズ
素材PUレザー + カーボン調PVCハードレザー
アームレスト4D
フットベースアルミ
背もたれ85cm
座面高49-56cm
座面幅42cm
座面奥49cm
座面の厚さ14cm
カラーブラック/ブルー/レッド/ホワイト/グリーン

キングシリーズはどんな人におすすめ?

キングシリーズはその特徴から一言で【高身長で大柄の人】に最適です。

アメリカンビッグサイズなゲーミングチェアを求めている方にも!

【クラシック】シリーズ唯一のフットレスト付き

DXRACER クラシックシリーズ

クラシックシリーズの特徴

クラシックシリーズはDXRACERで唯一フットレストが付いたゲーミングチェアです。

コンセプトとしては、長時間のデスクワーカー向けに作られています。

快適性・リラックス性を重視した大型チェアで、身長は170cm~185cmの方が推奨です。

クラシックシリーズの比較表

クラシックシリーズは現在1モデルのみになります。

モデル名CA-120FT
画像DXRACER クラシックシリーズ
素材カーボン調PVCハードレザー
アームレスト4D
フットベースアルミ
背もたれ84cm
座面高公式非公開
座面幅38cm
座面奥公式非公開
座面の厚さ11cm
カラーブラック/ブラウン/レッド

クラシックシリーズはどんな人におすすめ?

長時間パソコンなどデスクで作業する人にピッタリな大型ゆったりモデルです。

疲れた時は収納されているフットレストを出してリクライニング機能で背もたれを倒して休憩すると最高。

その状態でアイマッサージャーなどを使うとかなり快適です笑

【クイーン】小柄な人向け

DXRACER クイーンシリーズ

クイーンシリーズの特徴

DXRACERの中で最も小さく、推奨身長は150cm~165cm。

そして、ヘッドレスト・アームレスト・ランバーサポートが付属していません。

そのため、省スペースでコンパクトに収まります。

クイーンシリーズの比較表

クイーンシリーズは現在1モデルのみになります。

モデル名DXJ
画像DXRACER クイーンシリーズ
素材ファブリック
アームレストなし
フットベース強化ナイロン樹脂
背もたれ78cm
座面高32-42cm
座面幅30-32cm
座面奥46cm
座面の厚さ9cm
カラーブラック/レッド

クイーンシリーズはどんな人におすすめ?

クイーンシリーズは女性や小柄な男性におすすめのモデルです。

コンパクトで必要最小限の機能で抑えているため、価格も安いです!

小さめのオフィスチェアの購入を考えている方にピッタリですよ。

DXRACER ゲームチェアと一緒に買いたい物

一緒に買いたいもの1 :オットマン

akracing-ottman

DXRACERはクラシックシリーズを除いて「フットレスト」が付いているモデルがありません。

足も伸ばして休みたいという人は【オットマン】があるとかなり快適です。

DXRACERからオットマンは販売されていないので別のメーカーのオットマンを探しましょう。

コスパの良いオットマンなら「サンワダイレクト」がおすすめ▼

本格派の方には「AKRacing」のオットマンがおすすめ▼

一緒に買いたいもの2 : チェアマット

ゲーミングチェアは普通のデスクチェアより重いので床に傷が付いたり、凹みやすいです。

賃貸を凹ますと特に困りますよね。。。

なので、ゲーミングチェアと一緒にチェアマットは買ったほうがいいです。

関連記事 : 【2020版】おすすめのチェアマットと選び方を徹底解説【オフィス・ゲーミングチェア向け別に紹介】

DXRACER おすすめのゲームチェアまとめ

本記事では《【2020最新】DXRACERおすすめのゲーミングチェアをシリーズ別に徹底紹介【特徴も優しく解説】》についてまとめてきました。

DXRACERは沢山のシリーズがあるので、どれが自分に合うのかを推奨身長や座面幅の広さを基準に選びましょう!

ぱそろぐま
ぱそろぐま
椅子が自分にフィットすると体の負担がかなり減るから重要だよ!

みんなの評価

12345 (まだ評価されていません)
読み込み中...

この記事が役に立ったら是非ポチってください!

Amazonでお得に買い物する裏技
Amazonギフト券チャージでお得に買い物!

Amazonで買い物をするときはギフト券にチャージ(入金)をすると、最大2.5%ポイントがもらえるのでお得に買い物ができます。

▼お得に賢く買い物しよう!▼

Amazonギフト券公式サイトをみる