マイクロソフト

【Surface Go 3 レビュー】小型で軽量!PCとしてもタブレットとしても使える2in1仕様

Surface Go 3 レビュー

Microsoftの【Surface Go 3】は10.5型で非常にコンパクト。パソコンとしてもタブレットとしても使える2in1仕様のPCです。

Surface Go3の全体像
ぱそろぐま
ぱそろぐま
持ち運びが多い人は使い勝手が良いね!

Surface Go 3はOSにWindows11が搭載されています。

この記事ではSurface Go 3について、下記のことがわかります。

  • どんな性能で用途で使えるのか
  • どんな人におすすめなのか
  • 見た目や使いやすさについて

▼本記事でレビューするSurface Go 3の基本スペック▼

サイズ 10.5インチ CPU Pentium Gold 6500Y
メモリ 8GB ストレージ 128GB PCIe SSD

それでは《【Surface Go 3 レビュー】小型で軽量!PCとしてもタブレットとしても使える2in1仕様》について書いていきます。

Surface Go 3のココに注目!

注目ポイント

Surface Go 3の注目ポイントはこちら▼

  • 10.5型のコンパクト2in1PC
  • 標準でOffice付き
  • 持ち運びしやすくバッテリーが11時間駆動
  • LTE対応モデル有り

小型PCと言えば【Surface Go】と言えるほど人気モデル。

上記のポイントを考えると、こんな目的・用途で探している方におすすめのパソコンです。

こんな人におすすめ
  • 日常的に持ち運ぶ大学生やビジネスマン
  • 子供用のパソコンとして
  • カフェなどで記事を執筆したいライターやブロガー
  • 趣味で絵を描いたり動画を楽しみたい人
ぱそろぐま
ぱそろぐま
一般用途や絵を描いたりするのに向いているね!

続いて、Surface Go 3の「スペック・デザイン・使用感」など実機レビューをしていきます。

Surface Go 3の同梱物について

  • Surface Go 3本体
  • ACアダプタ
  • 保証書
  • 説明書
  • Office Home & Business 2021

Surface Go 3を購入するとOfficeがもれなく付いてきます。これは他のSurfaceシリーズも同じで標準でOfficeが付属します。

※キーボードやタッチペンは本体に付属しないので、別途購入の必要があります。

広告

Surface Go 3のスペック

Surface Go3の全体像
ぱそろぐま
ぱそろぐま
Surface Go 3のスペックを紹介するよ!
スペック表
製品名 Surface Go 3
CPU Pentium Gold 6500Y /
Core i3-10100Y(法人モデルのみ)
メモリー 4GB / 8GB
ストレージ 64GB eMMC / 128GB PCIe SSD
サイズ 245 mm x 175 mm x 8.3 mm
重量(本体のみ) 544 g
液晶 10.5インチ(1920 x 1280ドット)
グレア(光沢)
バッテリー持ち 約11時間
インターフェース USB-C ×1
micro SDカードリーダー
Surface Connect
ヘッドフォンジャック

Surface Go 3の性能と用途

用途 評価コメント 総合評価
趣味 動画視聴やブラウジングはスムーズで快適
マルチタスクには向かない
Office Office作業は基本的に快適
Adobe系 スペック不足のためカクつきがあります
動画編集 スペック不足のため推奨しません
ゲーム スペック不足のため推奨しません

外観について

液晶の裏面はWindowsマークが鏡面加工でついています。

Surface Go3の裏側

カラーはプラチナのみでして、質感は非常に高いです。ボディにはマグネシウムを採用しており、軽量ながら頑丈。

従来のSurface Goの良さを引き継いだ形になります。

 

Surface Go3の傾斜

従来と同じくキックスタンドがついており、タブレットが自立するようになっています。

 

Surface Go3のヒンジ

ヒンジは頑丈にできているので、簡単に壊れたりはしません。

 

ヒンジの開閉は最大ここまで開きます▼

Surface Go3の傾斜

ヒンジの開閉は動画も合わせてご確認ください▼

Surface Go3のヒンジ

ヒンジを最大まで開いた場合、絵を描くのにちょうど良い傾斜となります。また、寝転んで使うのにも便利です。

サイズ・重量について

実際にSurface Go 3を手で持ってみるとこのくらいのサイズ感▼

Surface Go3の持った感じ
ぱそろぐま
ぱそろぐま
片手で楽々持てるサイズ感!

 

サイズは「幅245×奥175×高8.3mm」でA4サイズと比べても一回り小さいです

A4ノートと比較▼

Surface Go3のA4比較

小さ目のバッグ、リュックにも入りかさばらないので持ち運びやすいです。

仕事で持ち運ぶ時は移動がかなり楽になりますね。

 

本体の重量は公式では約544g、実測では「537g」でした。

Surface Go3の本体重量

 

ACアダプターは実測で「138g」

Surface Go3のAC重量

Surface Go 3の最大駆動時間は約11時間あるので、出先で長時間使う以外はAC充電器は持ち運ぶ必要はありません。

 

Surface Go3のキーボード重量

またタイプカバー(専用キーボード)の重さは約241gですので、本体と併せても800gにも満たず、超軽量です

ぱそろぐま
ぱそろぐま
持ち運びに置いてはトップクラスに楽だよ!

液晶について

液晶サイズは「10.5インチ」で解像度は「フルHDを超える1920×1280ドット

Surface Go3の液晶

液晶はフルHD以上の画質なので綺麗でして文字もはっきりクッキリ見えます。

液晶は「PixelSenseディスプレイ」を採用しており、マイクロソフトのキレイな液晶が採用されていますよーということを指します。

ノートPCとしても画質はキレイですが、タブレットとして使うことも考えると非常に精細な画質が楽しめます!

 

またスピーカーは若干シャカシャカしますが比較的クリアな音質で聞こえます。粒がハッキリしていて聞きやすい音質だと感じました。

これなら音楽や動画も十分楽しめます

キーボードカバーについて

Surface Go 3でキーボードを使う場合、純正のキーボードカバーを別途購入するか、別でキーボードを用意する必要があります。

Surface Go 3は個人的にも純正のキーボードは必須だと思っているので、今回は純正キーボードについても書いていきます。

Surface Go3のキーボード
標準値 Surface Go 3
キーピッチ
(キーとキーの間の距離)
約18-19mm 約17mm
キーストローク
(キーの押し込みの深さ)
約1.4-1.5mm 約1.5mm

10.5インチということもあり、キーピッチは狭めです。

子供だとちょうど良いサイズ感かもしれませんが、大人だと少しタイピングするときに窮屈感があります。

キー配列も特に癖がないため、デスクトップ用のキーボードに慣れている人もすぐに順応できますよ。

タイピング音も非常に静音でして、「コトッ」と音がします。打ち返しが強いのでサクサクタイピングができるのも特徴的です。

また、キーボードはバックライト対応です。

ぱそろぐま
ぱそろぐま
タイプ音が優しいので、外でもどこでも集中して作業できちゃうよ!

 

こちらはパームレスト(腕を置く部分)▼

Surface Go3のパームレスト

パームレストの素材はアルカンターラと呼ばれる高級ファブリック素材が使われており、水をも弾きます。

触った感じの手触りも心地よいです。

 

タイプカバー装着時は傾斜をつけることができ、タイピングしやすい工夫もされています。

Surface Go3のキーボードアップ

タッチペンについて

タッチペンも別売りで販売されており、タブレット用途や気軽に絵を描くときに重宝します。

Surface Go3のタッチペン付き

液晶の右側面がマグネット仕様になっているためペンがピタッとくっつきます。

Surface Go3のタッチペン書き

ペンは4,096段階の筆圧検知、傾き検知対応でして優秀。

書き心地は滑らかでスイスイ動かせます。ただ、書いていると性能面の問題で追従がたまに遅れるときがありました。

インターフェースについて

Surface Go3の右面
  1. ヘッドフォン端子
  2. USB Type-C
  3. Surface Connect

反対の側面は特に何もありませんが、LTEモデルの場合はSIMカードスロットが挿せます。

Surface Go2 microSD

キックスタンドを開くと「micro SDカード」を入れることができます。

 

Surface Go3の右麺
  1. 電源ボタン
  2. 音量ボタン
Surface Go3の底

▲こちらはタイプカバーと連結するポートになります。

Surface Go 3のインターフェースはUSBポートがType-Cの1つしかないため物足りなさがあります。

Bluetooth接続できるもの(マウスやキーボード)はBluetooth接続した方がポートを使う必要が無いので良いですね。

ポートが足りない場合は「Surface Dock」や「USB-Cハブ」を利用するようにしましょう。

Surface Go 3の各種性能テスト(ベンチマーク)

CPU性能

計測ソフト :「CINEBENCH」
Surface Go3のCINEBENCH

ストレージ性能

計測ソフト :「CrystalDiskMark」

SSDの読み書きの速度を計測。

Surface Go3のCrystaldiskmark

SSDはPCIe接続のため、それなりに高速です。

Surface Go 3 実機レビュー まとめ

本記事では《【Surface Go 3 レビュー】小型で軽量!PCとしてもタブレットとしても使える2in1仕様》についてまとめてきました。

本記事は以上です!公式サイトでさらにSurface Go 3の魅力をチェックしてみてくださいね。

Surfaceおすすめモデルはこちらをチェック!
【Microsoft】Surfaceシリーズの特徴・おすすめ機種を紹介!【比較 | セール情報有り】
【Microsoft】Surfaceの特徴とおすすめモデルを紹介!【評判・評価・口コミ有り】マイクロソフトの大人気ノートPC「Surfaceシリーズ」の魅力をギュッとまとめました。使い勝手やスペックを実際に実機レビューした管理人がていねいにお伝えしていきます。...

当サイトでは、日本マイクロソフトより、商品を貸し出していただきレビューをしています。また、マイクロソフトアフィリエイトプログラムを利用し、収入を得ています。

Amazonでお得に買い物する裏技
Amazonギフト券チャージでお得に買い物!

Amazonで買い物をするときはギフト券にチャージ(入金)をすると、最大2.5%ポイントがもらえるのでお得に買い物ができます。

▼お得に賢く買い物しよう!▼

Amazonギフト券公式サイトをみる