スピーカー

【Creative Pebble SP-PBL-BK レビュー】2000円以下でこの低音はヤバい!コスパ特化のローエンドPCスピーカー

Creative Pebble SP-PBL-BK レビュー

ゲーミングモニターはスピーカーが非搭載のことも珍しくないですよね。

ぱそろぐま
ぱそろぐま
モニターは奮発して買ったからスピーカーは安く抑えたい…

こんな願いを持っている人も多いです。

ローコストのPCスピーカーの中でも高い評価と人気を得ているのがシンガポールに本社を置く音響機器メーカー「Creative」が出している「Pebble」シリーズ

一番ベーシックなもので価格が驚愕の1980円

AmazonのPCスピーカー売れ筋ランキングでも堂々の2位を獲得しています。

今回は実際に購入してみたのでレビューします。

この記事でわかること
  • Creative Pebble の基本情報
  • Creative Pebble の感想や他製品との音質比較
  • メリット・デメリット、どんな人におすすめか

それでは《【Creative Pebble SP-PBL-BK レビュー】2000円以下でこの低音はヤバい!コスパ特化のローエンドPCスピーカー》について書いていきます。

Creative Pebble のスペック

Creative Pebble のスペック
サイズ ‎114 x 113 x 116 cm
重量 783g
接続方式 USB給電、3.5㎜ステレオミニプラグ
カラー ブラック、ホワイト
アナログ入力 2.0ch
周波数特性 100Hz~17kHz
値段 1980円
ぱそろぐま
ぱそろぐま
上位モデルにV2(約3000円)とV3(5000円)もあり、サブウーファー付きの「Plus」(約4000円)もあるよ!予算に合わせて好きなモデルを選ぼう!

Creative Pebble 開封と外観

パッケージはこんな感じ。

Creative Pebble 箱

開封すると、スピーカー本体と説明書・保証書類が入っています。

説明書・保証書は多言語で表記されていて、日本語も対応しています。

Creative Pebble 中身

外観を見ていきます。

Creative Pebble 外観

ボディはプラスチックで、直径約11㎝の球形ですね。

コンパクトなのでデスクのスペースをとりません。

ぱそろぐま
ぱそろぐま
ただ、見た目の好みは分かれそう~

重量は実測値で660g。

Creative Pebble 重さ

裏面にはパッシブラジエーターがついていたので、低音への期待も高まります。

底面には円形の滑り止めが貼られていて安定感もOKですね。

Creative Pebble 裏面

接続についてはUSBから給電し、3.5㎜プラグで入力します。

ちなみに出力端子は非搭載なので、ヘッドフォンとの切替は少々めんどうです。

Creative Pebble ケーブル

右側スピーカーから3本のケーブルが出ています。すぐ絡まるので注意

 

ケーブルの長さ
ケーブル 長さ
USB給電 約1.2m
3.5㎜プラグ 約1.2m
左右スピーカー間 約1.3m

USB給電はノイズを抑えるために、PCではなくUSB充電器などを使ってコンセントや電源タップなどから行うのがおすすめ。

広告

Creative Pebble 使用感

それではPCに接続して実際の音を確かめていきます。

右側スピーカーにボリュームダイヤルがついており、USBを挿してダイヤルを回すと電源がONになります。

緑色での点灯。

official髭男dismさんの「cry baby」を再生してみます。

ぱそろぐま
ぱそろぐま
お!低音が思った以上に聞こえてくる!

高音でシャカシャカする感じもかなり抑えられていて、2000円以下とは思えない…

以前レビューした同じローエンドのAmazonベーシックスピーカーよりも耳で聞く限り低音に明らかな差を感じます。

実際にアプリで波形を測定してみます。

Creative Pebble データ

150Hz~200Hzのところにしっかり山があり、パッシブラジエーターがいい仕事をしていますね。

ちなみに、Amazonベーシックはこちら。

こちらは250Hzを超えたあたりに山があります。

波形から見ても、Creative Pebble の方がしっかり低音が出ていますね。

ビデオチャットなどでも使用してみました。

ボイスについては、Amazonベーシックの方に軍配が上がります。

低音が強い分、Creative Pebble は少し聞き取りにくいときもありました。

ぱそろぐま
ぱそろぐま
ここは仕方ないか・・・

それでは、実際に使用してみて感じたメリット・デメリットをまとめます。

  • コンパクトで省スペース
  • ローエンドPCスピーカーでは低音がしっかりでる
  • ボリュームダイヤルで電源のON / OFFが可能
  • ケーブルが絡まりやすい
  • ヘッドフォンへの出力はできない
  • ボイスは少し聞き取りにくい

Creative Pebble がおすすめな人

Anker Magnetic Cable Holderがおすすめな人

ここまでを踏まえて本商品は以下のような人におすすめできます。

Creative Pebble がおすすめな人
  • デスクが狭く省スペースでおけるスピーカーが欲しい人。
  • ローエンドモデルの中で低音がでるスピーカーを探している人
  • 楽曲をスピーカーで流して楽しみたい人

【まとめ】Creative Pebble SP-PBL-BK レビュー

この記事では《【Creative Pebble SP-PBL-BK レビュー】2000円以下でこの低音はヤバい!コスパ特化のローエンドPCスピーカー》についてまとめてきました。

総括
  • 2000円以下のローエンドなのに低音が期待以上に出るコンパクトPCスピーカー。
  • ケーブルが少々絡まりやすい点、声は聞こえづらい時もある点は要注意。
  • 楽曲の低音を格安で楽しみたい人におすすめ。
ぱそろぐま
ぱそろぐま
約2000円でこのクオリティなら大満足!
Amazonでお得に買い物する裏技
Amazonギフト券チャージでお得に買い物!

Amazonで買い物をするときはギフト券にチャージ(入金)をすると、最大2.5%ポイントがもらえるのでお得に買い物ができます。

▼お得に賢く買い物しよう!▼

Amazonギフト券公式サイトをみる