マウスコンピューター

【マウス G-Tune H5 レビュー】240Hz対応液晶を搭載した高性能ゲーミングノートPC

マウス G-Tune H5 レビュー

【マウス G-Tune H5】は15.6型のハイスペックモデルのゲーミングノートPC。

なんとリフレッシュレート240Hz対応の液晶、GPUはRTX 2070 SUPERを搭載しているんです。

ぱそろぐま
ぱそろぐま
ハイスペックながら価格が抑えられていることでも人気!
G-Tune H5の全体

この記事ではマウス G-Tune H5について、下記のことがわかります。

  • どんな性能で用途で使えるのか
  • どんな人におすすめなのか
  • 見た目や使いやすさについて

▼本記事でレビューするマウス G-Tune H5の基本スペック▼

サイズ 15.6インチ CPU Core i7-10875H
メモリ 16GB ストレージ 512GB NVMe SSD
GPU GeForce RTX 2070 SUPER

それでは《【マウス G-Tune H5 レビュー】240Hz対応液晶を搭載した高性能ゲーミングノートPC》について書いていきます。

マウス G-Tune H5のココに注目!

注目ポイント

マウス G-Tune H5の注目ポイントはこちら▼

  • ハイスペックのゲーミングノートPC
  • RTX 2070 SUPER搭載
  • 240Hz対応液晶搭載
  • 24時間365日の電話サポート

本機は本格派のゲーマー向けの構成になっています。

上記のポイントを考えると、こんな目的・用途で探している方におすすめのパソコンです。

こんな人におすすめ
  • ノートPCで本格的にゲームを楽しみたい人
  • ゲームの実況や配信をしたい人
  • 画像や動画編集を行う人(Youtuber等)
  • どんなことでもこなせるメインノートPCが欲しい人
ぱそろぐま
ぱそろぐま
基本的になんでもこなせるから十分デスクトップの代わりになるよ!

続いて、マウス G-Tune H5の「スペック・デザイン・使用感」など実機レビューをしていきます。

マウス G-Tune H5のスペック

G-Tune H5の全体
ぱそろぐま
ぱそろぐま
マウス G-Tune H5のスペックを紹介するよ!
スペック表
製品名 G-Tune H5
CPU インテル Core i7-10875H
メモリー 16GB
ストレージ 512GB NVMe SSD
GPU GeForce RTX 2070 SUPER
サイズ 幅359.8×奥243.2×高24.7mm
重量 約 2.21kg
液晶 15.6インチ、フルHD(1920×1080)
ノングレア(非光沢)、240Hz
バッテリー持ち 約10時間
インターフェース USB3.0 Type-A ×2
USB3.1 Type-A ×1
Thunderbolt3 ×1

カードリーダー ×1
有線LAN ×1
HDMI ×1
Mini Displayport ×1
ヘッドホン出力/マイク入力

マウス G-Tune H5の性能と用途

用途 評価コメント 総合評価
趣味 動画視聴やブラウジングはスムーズで快適
Office Office作業はストレス無く快適
Adobe系 色域が若干狭い
PS,AIなど操作は快適
動画編集 動画編集の操作は快適
ゲーム 快適にゲームができる

広告

mouse G-Tune H5の同梱物

G-Tune H5の同梱物
  • mouse G-Tune H5本体
  • ACアダプタ
  • 各種マニュアル
  • 各種ゲームの案内(無料有り)

マウスコンピューターは、スタートアップの方法が書かれた説明書など、初めてでも始めやすい環境が整っているのが特徴。

マインクラフトが無料で始められる特典などもついてくるのでお得。

さらにマウスコンピューターは24時間365日サポートを受け付けているので、何か不具合があったときに頼りになります。

ぱそろぐま
ぱそろぐま
国内工場生産だから品質の高さも高ポイント!

マウス G-Tune H5の外観について

天面はシンプルに「G-Tune」のロゴのみ。

G-Tune H5の天面

非常にシンプルな筐体なのでゲーミングノートPCっぽくないスタイリッシュさ。外観が派手じゃないのでどこで使っても浮かないです。

質感はサラッとしています。手でベタベタ触っても指紋跡が残らず清潔です。

 

底面には、上下左右に特徴的な形のゴム足、左右下部にスピーカーがあります。

G-Tune H5の底面

スピーカーの音質は若干こもりがちで普通なのですが、全体に広がる感じで不思議と臨場感があります。

音量はガッツリ大きくできます。音質はそこそこですが迫力のある音が楽しめます。

ぱそろぐま
ぱそろぐま
音質は他のノートPCと比べてこだわりを感じたよ!

 

マウス G-Tune H5を横から見るとこんな感じ▼

G-Tune H5の薄さ

 

G-Tune H5の傾斜

▲上記が最大傾斜角になります。

マウス G-Tune H5のサイズ・重量について

実際にマウス G-Tune H5を手で持ってみるとこのくらいのサイズ感▼

G-Tune H5を手で持つ
ぱそろぐま
ぱそろぐま
ブラックで角ばっているのでスタイリッシュな印象

 

サイズは「幅359.8×奥243.2×高24.7mm」でA4サイズと比べて幅が結構広いです。

A4ノートと比較▼

G-Tune H5のA4比較

持ち運ぶ際は大きめのバッグやリュックを用意して保護するようにしましょう。

 

重量は公式では約2.21kg、実測では「2.172kg」でした。

G-Tune H5の重量

2kgを超え、重量は重めですので基本は家やオフィスで据え置いて使うことが多いでしょう。

ただ、家の中で持ち運んでリビングや寝室、などどこでも気軽にゲームをできるのは便利ですよ!

ぱそろぐま
ぱそろぐま
好きな時に好きなところで使えるのはノートPCならではだね!

 

ACアダプターは実測で「845g」

G-Tune H5のAC重量

マウス G-Tune H5の最大駆動時間は約10時間。

比較的駆動時間は長めなので、充電しっぱなしにしなくても良いですし、外出した時にもAC電源を持ち運ばずともある程度使えるのは便利。

マウス G-Tune H5の液晶について

液晶サイズは「15.6インチ」で解像度は「フルHD(1920×1080)

G-Tune H5の液晶

液晶はフルHDなので綺麗です。ノングレアタイプなので、光の映り込みも少なく目が疲れにくいので長時間のゲームに向いています。

 

G-Tune H5の液晶斜めから

視野角は広めでして、液晶はリフレッシュレート240Hz対応なのでヌルヌルとした映像が楽しめます。

この液晶が非常に魅力的なポイントですね。

 

液晶のベゼル(額縁)はナローベゼルデザイン(額縁狭)で約7.8mmでスリム。

G-Tune H5のベゼル

スタイリッシュで没入感も高いです。画面も広いのでゲームも作業もしやすいです。

ぱそろぐま
ぱそろぐま
ゲームに没頭できる液晶!

マウス G-Tune H5のキーボードについて

G-Tune H5のキーボード
標準値 G-Tune H5
キーピッチ
(キーとキーの間の距離)
約18-19mm 約18mm
キーストローク
(キーの押し込みの深さ)
約1.4-1.5mm 約1.8mm

キーの角が角ばってないのでやわらかい印象を与えます。キーピッチは標準的で、キーストロークはやや深め。

タイピング感としてはしっかりした押し心地があり、打ち返しも強いです。

タイピング音は「カシャカシャッ」っと音がなります。

キーボード配列も特に癖がないですが、右側のShiftキーは小さめ。最上段のファンクションキーが大きいので使いやすいです。

テンキーもついています。

 

G-Tune H5のキーボード2

キーボードはバックライト対応なので暗い所でも快適なタイピングが可能。

 

G-Tune H5のゲームセンター

光らせ方もControl Centerで簡単に配色を変更できるのでお好みの色に光らせられます。

 

こちらはパームレスト(腕を置く部分)▼

G-Tune H5のパームレスト

パームレストの広さは十分で、サラッとしています。

夏は暑くなりにくく、冬は寒くなりにくいので丁度良いですね。

 

G-Tune H5のタイピング
ぱそろぐま
ぱそろぐま
うち心地も良き!

マウス G-Tune H5のタッチパッドについて

G-Tune H5のタッチパッド
種類 一体型
サイズ 約11.6cm

タッチパッドは一体型で縦にも横に広さは十分。

クリック感は多少力を入れる程度、クリック音は「カチッ」と音がなります。

タッチパッドの操作感は、サラッとしており、滑らかでスムーズな操作性。

ぱそろぐま
ぱそろぐま
マウスが無くてもマウスパッドで操作が十分なレベル!

タッチパッドはもちろん、マウスジェスチャー対応です。

1本指でカーソルの移動やクリック
2本指でスクロールやピンチイン、アウト、右クリック
3本指でマルチタスク、デスクトップに戻る
4本指でデスクトップの切り替え等

マウス G-Tune H5のインターフェースについて

G-Tune H5の左側面

【マウス G-Tune H5 左側面】

  1. USB 3.1 Type-A
  2. ヘッドホン出力/マイク入力
G-Tune H5の右側面

【マウス G-Tune H5 右側面】

  1. SDカードスロット
  2. USB 3.0(Type-A)
  3. USB 3.0(Type-A)
G-Tune H5の背面

【マウス G-Tune H5 背面】

  1. USB Type-C(Thunderbolt 3)
  2. HDMI
  3. LANポート
  4. 電源ポート

マウス G-Tune H5のインターフェースは充実しており、USB Aが3ポートあります。

HDMIやThunderbolt3で映像出力ができるので外部出力も問題なしです。

マウス G-Tune H5の各種性能テスト(ベンチマーク)

CPU性能計測

計測ソフト :「CINEBENCH」

CPUは最新世代のCore i7を搭載しており高い性能

G-Tune H5のCINEBENCH

ストレージ性能計測

計測ソフト :「CrystalDiskMark」

SSDの読み書きの速度を計測しました。PCIe-NVMe SSD搭載で結果も高速です。

G-Tune H5のSSD性能

グラフィック性能計測

計測ソフト :「3DMARK」

GPUは高い性能を持つGeForce RTX2070 SUPERを搭載。

G-Tune H5の3DMARK
計測ソフト :「GUP-Z」
G-Tune H5のGPU性能

ゲーム環境ベンチマーク

DQX ベンチマーク
G-Tune H5のDQXBENCH
FF14 ベンチマーク
G-Tune H5のFF14BENCH
FF15 ベンチマーク
G-Tune H5のFF15BENCH

ゲーム環境のベンチマークは全て「高品質」の「1920×1080」で行いました。

軽量級のDQX、中量級のFF14はとても快適という評価、高品質でプレイしてもストレス無く稼働します。

FF15に関しては高品質で快適という結果でしたが、品質を落とすことでより映像がヌルヌルで快適にプレイできるでしょう。

もちろん、FPSゲームにおいても力を存分に発揮してくれます。

ぱそろぐま
ぱそろぐま
ゲームで勝ちたい人のスペック!

マウス G-Tune H5のラインナップ

CPU メモリー ストレージ 価格(税別)
Core i7-10875H 16GB 512GB SSD 229,800円

BTOが安いマウス、メモリを32GBに拡張したりストレージをデュアルに変更することができます。

動画編集を多くするのであればデュアルストレージにしておくと良いでしょう。

広告

マウス G-Tune H5 実機レビュー まとめ

本記事では《【マウス G-Tune H5 レビュー】240Hz対応液晶を搭載した高性能ゲーミングノートPC》についてまとめてきました。

本記事は以上です!公式サイトでさらにマウス G-Tune H5の魅力をチェックしてみてくださいね。

マウスおすすめモデルはこちらをチェック!
【マウスコンピューター】人気でおすすめのmouseノートPCを紹介【評判・評価・口コミ有り】
【マウスコンピューター】人気でおすすめのmouseノートPCを紹介【評判・評価・口コミ有り】マウスコンピューターのノートPCを徹底解説!あなたにピッタリのモデルを探せます。コスパに優れた、人気急上昇のマウスPCは一押しです!...
ゲーミングPCおすすめモデルはこちらをチェック!
【2020年最新】初心者、中級者、上級者別におすすめのゲーミングノートPCを紹介
【2021年】コスパ抜群のおすすめゲーミングノートPCを紹介【初心者/中級者/上級者別】初心者から上級者向けのジャンル別におすすめのゲーミングノートPCを紹介します。選び方もていねいに解説しているので、どれを買えばいいのか納得して選べますよ!...
Amazonでお得に買い物する裏技
Amazonギフト券チャージでお得に買い物!

Amazonで買い物をするときはギフト券にチャージ(入金)をすると、最大2.5%ポイントがもらえるのでお得に買い物ができます。

▼お得に賢く買い物しよう!▼

Amazonギフト券公式サイトをみる