Apple

【最新】MacBookを安くお得に買う方法【7選】

MacBookを安くお得に買う方法

MacBookと言えば『高い』といういうイメージをお持ちの方が多いと思います。

最新のM1チップモデルが登場してイメージを払拭しつつありますが、少しでも安く買えたほうが良いですよね。

と、いうことで今回はMacBookを安く!お得に買う方法を7つ紹介していきます。

ぱそろぐま
ぱそろぐま
自分に合う方法でお得に買っちゃおう!

MacBookを安くお得に買う方法は7つ

ぱそろぐま
ぱそろぐま
気になる項目をタッチすればスクロールするよ!
  1. 学割で買う(学生・教職員) ←1万円ほど安い
  2. Amazonのタイムセールを活用する ←最大30%OFFなど
  3. Amazonの大型セールを活用する ←最大45%OFFなど
  4. 楽天リーベイツを活用する ←10%キャッシュバックなど
  5. 家電量販店で買う ←ポイントバック
  6. 整備済製品を買う ←最大15%程度割安
  7. 中古品を買う ←ピンからキリまで

それではそれぞれの方法についてメリット・デメリットを混じえて詳しく解説していきます。

1.学割で買う(学生・教職員)

学割で買う
学割で買うメリット
  • 1万円ほど安く購入できる
  • 新品も購入できる
  • 公式で買う安心感がある
学割で買うデメリット
  • 割引率がAmazonのセールに比べると低い
  • 学生関係の人しか買えない

 

Apple Storeでは学割・教職員割があり、通常よりお得に買うことができます。

学生や教職員だけでなく、進学が決まっている人や両親、予備校生、PTA役員なども学割価格で購入ができます。

ぱそろぐま
ぱそろぐま
新品をお得に買いたいなら学割がいいね!

広告

2.Amazonのタイムセール(祭り)を活用する

タイムセールで買うメリット
  • Amazonのポイントが使える、貯まる
  • 注文がスムーズ
  • 配送が早い
タイムセールで買うデメリット
  • 新型は割り引きされない(割引率が低い)
  • 開催日が限られている

 

Amazonではタイムセール(毎日開催)やタイムセール祭り(大型セール月以外)が開催されています。

プライムデーやサイバーマンデーなどの大型セールに比べると割引率は若干落ちますが、それでも35%OFFなどで出品されることがあるので要チェックです。

毎日開催しているタイムセールはこちら

3.Amazonの大型セールを活用する

Amazonの大型セールで買うメリット
  • 割引率が非常に高い(過去には45%OFFも)
  • 注文がスムーズ
  • 配送が早い
Amazonの大型セールで買うデメリット
  • 新型は割り引きされない(割引率が低い)
  • 開催日は年に2回

 

Amazonの大型セールは年に2回のみ。『毎年7月開催のプライムデー』『毎年大体12月開催のサイバーマンデー』です。

この時にMacが出ていたらまさに買い時。割引率で言うと今回紹介する安くお得に買う方法の中でも1番です。

ただ、大きい割引がされるのは1世代前なのでそれでも良いという人に限りますが・・・。

ポイントチャージなどのセールキャンペーンと合わせるとさらにお得ですよ。

4.楽天リーベイツを活用する

楽天リーベイツで買うメリット
  • 初回登録なら500ポイントもらえる
  • 商品の価格に応じてポイントがキャッシュバックされる
楽天リーベイツで買うデメリット
  • キャンペーン中でないと大きな割引が期待できない
  • キャッシュバックは楽天ポイントでのみ
  • 割引対象になっているかは確認が必要

 

楽天リーベイツを知らない人もいると思いますが、楽天市場にないストアで買い物をしてもらうための施策で、買い物をすれば楽天ポイントとストア独自のポイントの2重取りが可能になるサービスです。

登録時に500ポイントもらえるのでまだ登録していない人は登録しておきましょう。

楽天会員であれば一瞬で登録が終わりますよ。

登録はこちらから可能です▼

広告

5.家電量販店で買う

家電量販店で買うメリット
  • 店舗独自のポイントがキャッシュバックされる
  • 店舗の場合現地でそのまま受け取れる
家電量販店で買うデメリット
  • キャッシュバックによる値引き率がそこまで高くない
  • 基本的にカスタマイズができない

 

ビックカメラやヨドバシなどの家電量販店でも販売しており、リアル店舗やネットで購入ができます。

ただ、割引率で言うとそこまで高くないことと、その店舗によく行くことがないとポイントを無駄にしがちです。

結論、お手軽にお得感があるのは家電量販店。

6.整備済製品を買う

整備済製品を買うメリット
  • 最大15%ほどお得に買える
  • 1年保証がつく
整備済製品を買うデメリット
  • すぐに売り切れてしまう
  • 自分が欲しいモデルが見つからない
  • 最新モデルはほとんど見ない

 

こちらはAppleが公式で行っているもので、返品された商品を整備して新品同様にしたものを『整備済製品』と呼び、販売しています。

通常より最大15%ほどお得に買うことができますが、競争率も高いので自分が買いたいモデルがあれば常にチェックしておく必要があります。

急を要している人や最新のモデルを購入したいという人には向いていません。

7.中古品を買う

 

中古品を買うメリット
  • 破格で買える可能性がある
中古品を買うデメリット
  • 粗悪品を掴まされることがある
  • カスタマイズができない

 

業者などが販売している中古Macであればある程度の安心感はありますが、メルカリなどのフリマアプリを使っての購入は要注意。

目に見えないバッテリーなどの消耗やキーボードの劣化など実際に触ってみて初めてわかることがあります。

初心者の人は特にフリマサイトなどでの購入は慎重になりましょう。

MacBookを安くお得に買う方法 まとめ

この記事では《MacBookを安くお得に買う方法【7選】》についてまとめてきました。

この記事を参考に少しでも安くMacが買えたら幸いです!

最後に紹介してきた7つの方法をもう一度乗せて終わりにします。

  1. 学割で買う(学生・教職員) ←1万円ほど安い
  2. Amazonのタイムセールを活用する ←最大30%OFFなど
  3. Amazonの大型セールを活用する ←最大45%OFFなど
  4. 楽天リーベイツを活用する ←10%キャッシュバックなど
  5. 家電量販店で買う ←ポイントバック
  6. 整備済製品を買う ←最大15%程度割安
  7. 中古品を買う ←ピンからキリまで
Amazonでお得に買い物する裏技
Amazonギフト券チャージでお得に買い物!

Amazonで買い物をするときはギフト券にチャージ(入金)をすると、最大2.5%ポイントがもらえるのでお得に買い物ができます。

▼お得に賢く買い物しよう!▼

Amazonギフト券公式サイトをみる