パソコンの選び方

グラフィックボードとは?性能・種類・役割・価格など基本をわかりやすく説明します

グラフィックボードとは?性能・種類・役割・価格など基本をわかりやすく説明します

グラフィックボードは簡単に言うとディスプレイに映像を映し出すためのチップ(GPU)が搭載された部品のことです。

  • 3Dゲームを快適にプレイしたい方
  • 映像、画像編集を日常的に行う方
  • 仮想通貨のマイニングを考えてる方

上記に当てはまる方はグラフィックボードについて知っておくと良いですよ!

もちろん、パソコン初心者の方も知っておくことでパソコンを選ぶ際の参考になるので知っておいて損はありません(/・ω・)/

それでは、グラフィックボードとは何なのか、どんな性能でどんな役割があるのかなど基本的なことを本記事ではわかりやすく解説していきます。

グラフィックボードの概要

グラフィックボードの概要

グラフィックボードとは?

グラフィックボードはディスプレイに映像を映し出すためのチップ(GPU)が搭載された部品だということを冒頭で説明しましたが、もう少し噛み砕いて説明します。

グラフィックボードの役割は、描画に関する演算処理を行うこと。

そして、その中にある計算を担うコアのチップをGPUと呼び、GPU(Graphic Processing Unit)は描画演算処理を行います。

グラフィックボードの呼び名は様々あります。

  • ビデオカード
  • ビデオボード
  • グラフィックカード
  • グラフィックスカード
  • グラフィックスボード

上記は呼び方は違いますが全て同じ意味です。

グラフィックボードの種類

グラフィックボードの種類

グラフィックボードという部品は多くのメーカーが販売していますが、コアとなる「GPU」の製造はアメリカの「NVIDIA社」と「AMD社」の2社のみになります。

NVIDIA社 GPU → NVIDIA GeForce(ジーフォース)

AMD社 GPU → AMD RADEON(レイディオン/ラディオン)

同じ価格帯で比較すると「NVIDIA社」のGPUのほうが高性能で省エネに優れています。
ゲーム用途で考えるとGPUはNVIDIA社に軍配が上がります。

グラフィックボードがないとディスプレイは真っ暗?

グラフィックボードがないとディスプレイは真っ暗?

グラフィックボードが搭載されているパソコンとされていないパソコンがあります。

ということは、グラフィックボードが搭載されていないパソコンは画面が真っ暗になるんじゃないの?

と、思うかもしれませんがCPUやマザーボードにGPUは必ず搭載されているので映像は映ります。これを「オンボードグラフィック」と呼びます。

オンボードグラフィックはグラフィックボードに比べると能力は低いのですが、軽めの3Dゲームや動画視聴においての性能は十分です。

グラフィックボードの性能について

グラフィックボードの性能について

グラフィックボードが何故3Dゲームに必須なのかというと、リアルタイムで描写が変わるゲームで瞬時に色を描き出すための「演算」が必要になるからです。

つまり、GPUの性能が高ければ高いほどカクつきがなく、滑らかでキレイな映像を体感できるということなんです。

グラフィックボードが必要なのはこんな方

3Dゲームを快適にプレイしたい方

3Dゲームを快適にプレイしたい方

これまでにも散々言っていますが、3Dゲームを楽しむならグラフィックボードが必須です。

解像度の高くなるほど高価になり、特にVRゲームは360度の描写が常に行われるので、高性能なグラフィックボードが必要になります。

グラフィックボードがないと・・・▼

デスクトップでは軽めの3Dゲームなら遊べる程度

一般的なノートパソコンだと軽めの3Dゲームならなんとか遊べる程度

※あくまでも目安で、個体差があります。

さらに、最低でもCPUはCore i3以上、メモリは8GB以上確保しておかないとカクツキの原因となり快適に遊ぶことはできないので注意です。

ゲーム目的でパソコンを購入するなら【ゲーミングPC一択】で、おすすめのメーカーはマウスコンピューター、ドスパラ、パソコン工房当たりが良いです。

国内メーカーなので初心者にも安心ですよ。

動画・画像編集の作業が多い方

動画・画像編集の作業が多い方

GPUの得意分野である「演算」。これは動画や画像編集にも活かされます。

映像効果やエンコードには膨大な演算がされますからね。

Youtuberや毎日動画の編集をしている人はグラフィックボードがあったほうが作業効率もあがりますよ!ストレスもないですしね。

ただ、必ずしも必要という訳ではなくあったほうが快適ですよ。と言った具合なので、ぶっちゃけオンボードグラフィックでも全然作業はできます(/・ω・)/

購入するとしてもそこまで高性能なGPUは必要ないので、精査してくださいね!

仮想通貨のマイニング

仮想通貨のマイニング

今は下火の仮想通貨ですが、「仮想通貨マイニング」にもグラフィックボードが使われます。その理由は単純に処理能力がマイニングにも適用できるから。

GPUを使った仮想通貨マイニングを「GPUマイニング」と呼びます。

「GPUマイニング」では仮想通貨の種類とGPUの相性が重要で、それぞれの特徴を把握してグラフィックボードを選ばなければいけません。

仮想通貨マイニングに興味のある人はとことん調べてから挑戦しましょうね。

グラフィックボードの価格

グラフィックボードの値段はいくらくらいするの?

グラフィックボードの価格は本当にピンキリで、安いものは3,000円台からで高い物は10万円を超えます。

性能は価格に比例しますが、自分の使う用途によって選べばOKなのでまずは自分がどの価格帯のものを買えばいいか目安をつけましょう。

価格帯 こんな人に ポイント
~1万5千円 初心者
効果を実感したい
3千円程度ではなく1万円前後の製品だと、
効果も実感しやすい
1万5千円~3万円 3Dゲームを快適にプレイしたい 高精細な3Dには少し物足りないが、
大抵の3Dゲームは快適プレイ
3万円~ プロゲーマー
高精細な3Dゲームを
高画質でプレイしたい
どんな3Dゲームでも快適に高画質でプレイできる

Amazonで沢山販売しているのでまずは確認してみてください。

まとめ

本記事では《グラフィックボードとは?性能・種類・役割・価格など基本をわかりやすく説明します》についてまとめてきました。

3Dゲームを快適にプレイするなら必須で、動画編集・画像編集をする時もあったほうが快適ですよというお話でした。

グラフィックボードは演算が得意で処理速度を速めてくれる部品なんだなあと理解していただけてたらOKです!

ただし、3Dゲームや制作など3D処理が不要で特に高画質の編集とかもしないならオンボードで十分ですからね(/・ω・)/

みんなの評価

12345 (まだ評価されていません)
読み込み中...

この記事が役に立ったら是非ポチってください!