お役立ち情報

Officeの代わりに”無料”でワードやエクセルが使えるソフト3選【officeと互換性有】

Officeの代わりに"無料"でワードやエクセルが使えるソフト3選【officeと互換性有】

Microsoft社のサービスである「Office」で有名なワードやエクセル、パワーポイントなどはビジネスにおいて必須のソフトですよね。

一度は使ったことがある方が大多数だと思います。

そんなOfficeの唯一の弱点と言えば、そう!価格が高いことです!

いざち
いざち
新しくPCを購入してさらにOfficeを購入するとなるとかなりの価格になってしまうんだ・・・

そこで本記事では「Office」の代用品として使える互換性のある”無料のソフト“を3つ紹介していきますので、是非参考にして下さい。

Microsoft Officeの価格

Microsoft Office
製品名 内容 ライセンス 価格
Office 365 Solo Word/
Excel/
PowerPoint/
Outlook/
Publisher/
Access
1年更新
(1台まで)
12,744円
Office Home
&Business 2019
Word/
Excel/
PowerPoint/
Outlook/
永続ライセンス
(2台まで)
37,584円
Office Personal 2019 Word/
Excel/
Outlook
永続ライセンス
(2台まで)
32,184円

個人プランの場合1年で12,744円かかりますが、Officeは大体3年毎くらいでアップデートが繰り返されるので「Soloプラン」では常に最新のOfficeを使うことができます。

他の2つは買い切りタイプでして、1度購入したらそれ以上お金はかかりません。ただ、バージョンは購入時のバージョンから変わらないことに注意です。

いざち
いざち
どちらにせよ、かなりの出費になってしまう…

もちろん、1番良いのは本家の「Microsoft社」製Officeですが、無理に購入する必要はないので代用ソフトをまずは試してみると良いでしょう。

Officeの代わりになるおすすめのフリーソフト3選

G Suite【使い勝手No.1】

G-Suite

G SuiteはGoogleがグループウェアとして提供するサービスの総称です。特にダウンロードをする必要はないのでソフトというよりは「ツール」になります。

例えばこんな機能があります▼

  • Google Gmail
  • Google カレンダー
  • Google ドキュメント
  • Google スプレッドシート
  • Google フォーム
  • Google スライド
  • Google ドライブ

実際、Gmailやカレンダーなど使ったことがある方は多いと思います。

上記の全てのサービスが“無料”で使えるんですよね!流石Google!

そしてOfficeの代わりとして使えるのが「Google ドキュメント」「Google スプレッドシート」「Google スライド」の3つ。

それぞれ代わりになるのはこちら

Google ドキュメント → WORD

Google スプレッドシート → Excel

Google スライド → PowerPoint

さらに、G Suiteが優れている点はクラウド上での作業になるため「複数人で共有して作業ができる」ことにあります。

学内のグループや社内で共有したり、作業を分担して行うことができて非常に便利です。

そして、作成したファイルはGoogle Driveに格納されるのでローカルストレージを圧迫することもありません。

ちなみに、インターネットに繋がっていないローカル環境で編集することが可能ですよ!

使いようによってはOfficeより便利ですし、互換性も高くとても有用なツールです。

いざち
いざち
Officeの代わりに使うツールとしては1番おすすめだ!

G Suiteはこちら

Open Office【シェア率No.1】

Open Office

Open Officeは互換ソフトシェア率No.1で長い歴史を持っています。

Open Officeでどんなことができるかというと、

  • 文書作成ソフト「Writer」
  • 表計算ソフト「Calc」
  • プレゼンテーションソフト「Impress」
  • 図形描画ソフト「Draw」
  • データベースソフト「Base」
  • 数式エディタ「Math」

こんなことができる無料のOffice互換ソフトになっています。

シェア率や歴史はNo.1ですが、互換性や更新頻度の高さではLibre Officeに劣っているため現時点でローカルで使う互換ソフトは「Libera Office」で良いかなと言ったところ。

しかし、使いやすさは人それぞれなところもあるためどちらも試してみるのが良いと思います。

なんていったって無料ですしね(/・ω・)/!

Open Officeはこちら

Libre Office【満足度No.1】

Libre Office

Libre Officeは、Open Officeから派生したOffice互換ソフト。実は、Open Officeとは親子関係なんですねえ・・・。

Libre Officeでどんなことができるかというと、

  • 文書作成ソフト「Writer」
  • 表計算ソフト「Calc」
  • プレゼンテーションソフト「Impress」
  • 図形描画ソフト「Draw」
  • グラフ作成「Charts」
  • データベースソフト「Base」
  • 数式エディタ「Math」

こんなことができる無料のOffice互換ソフトになっています。

Open Officeよりも互換性が高いと評判で、ユーザーの満足度も良好。アップデートの頻度も多く、常に最新に更新されています。

各ソフトの機能面やアイコンの配列が本家Officeと似ていることもあり、使い勝手の良い互換ソフトに仕上がっていますよ。

Libre Officeはこちら

Office付きおすすめノートPCはSurfaceで決まり

Surface book2

Officeを販売している【Microsoft

そんなMicrosoftが販売しているパソコンが【Surfaceシリーズ】です。

Surfaceシリーズは全てのモデルに「Office」が標準で付いてきます。本体価格の中にOfficeも含まれるんですねえ!

Surfaceは大学生やビジネスマンに大人気の高性能ノートPCですので、ストレス無くOfficeで作業をしたい方にピッタリです。

【Microsoft】Surfaceシリーズの特徴・おすすめ機種を紹介!【比較 | セール情報有り】
【Microsoft】Surfaceシリーズの特徴・おすすめ機種を紹介!【比較 | セール情報有り】Microsoftの「Surfaceシリーズ」は2013年に販売が開始されてから大学生やビジネスマンに大人気。 Surfa...

また、Surface以外にもOffice付きでパソコンの販売を行っているメーカーもあります。

この場合、単体で購入するよりもかなりお得に購入できるのでパソコンも一緒に購入する予定のある方はこちらも検討していただきたいです。

まとめ : Officeは代用できる!おすすめはG Suite

本記事では《Officeの代わりに”無料”でワードやエクセルが使えるソフト3選【officeと互換性有】》についてまとめてきました。

一昔前はOfficeと互換性があると言えども、実用的でないものが多かったのですが現在では互換性の精度も高まっており最初から無理してOfficeを導入する必要も無くなってきました。

本記事で紹介したOfficeの代わりになるソフト・ツールは全て無料ですので、是非一度試してみてはいかがでしょうか。

みんなの評価

12345 (まだ評価されていません)
読み込み中...

この記事が役に立ったら是非ポチってください!