マウスコンピューター

【マウス m-Book B509H レビュー】メインで使える軽量15.6インチスタンダードノートPC

【マウス m-Book B509H レビュー】メインで使える軽量15.6インチ型スタンダードノートPC

マウスコンピューターの【m-Book B509H】はメインとしても使える15.6インチの軽量スタンダードノートPCです。

ぱそろぐま
ぱそろぐま
清潔感抜群なホワイトカラー、税別10万円を切る優れたコスパで非常に人気のモデルなんだ!
mbookB509H 全体

15.6インチながら1.6kgと軽量だから持ち運びも可能な範囲で、使いまわしの良さが光ります!

▼本記事でレビューするm-Book B509Hの基本スペック▼

サイズ15.6インチCPUCore i7-8565U
メモリ8GBストレージ256GB SSD(SATA)

※レビュー機のm-Book B509Hはマウスコンピューター様よりお貸出しいただきました!

それでは《【マウス m-Book B509H レビュー】メインで使える軽量15.6インチ型スタンダードノートPC》について書いていきます。

m-Book B509Hのココに注目!

注目ポイント

m-Book B509Hの注目ポイントはこちら▼

  • 15.6インチながら軽量でスリム(約1.6kg)
  • Core i7/256GB SSD/8GBと幅広い用途で実用性がある
  • 清潔感のあるホワイトカラー

このポイントを考えると、こんな目的・用途で探している方におすすめのパソコンです。

こんな方におすすめ
  • メインで使える実用性の高いノートPCを探している方
  • 作業に向いている大き目な液晶とテンキー付きキーボードをお探しの方
  • 持ち運ぶ用途も考えられる方
ぱそろぐま
ぱそろぐま
ゲームは動画処理には向かないけど他のことなら難なくこなせる鉄板プラスなスペック!

続いて、m-Book B509Hの「スペック・デザイン・使用感」など実機レビューをしていきます。

m-Book B509Hの同梱物

B509H 同梱物チェック
  • m-Book B509H本体
  • ACアダプタ
  • 各種パソコンガイド、保証書等
ぱそろぐま
ぱそろぐま
マウスの同梱物は割りと盛りだくさん!
B509H マニュアルチェック

マニュアルからお得なチケットまでありますが、マウスコンピューターのいい所はそれ以上に標準で24時間電話サポートがついてくること。

初心者にもやさしいメーカーでして、マニュアル見てもわからなかったらいつでも電話できちゃいます。

m-Book B509Hのスペック

B509H スペック
スペック表
製品名m-Book B509H
CPU第8世代 Core i7-8565U
メモリー8GB(最大32GBまで拡張可)
ストレージ256GB SSD(1TB NVMe SSDまで拡張可)
サイズ幅360.4mm×奥行き244.5mm×高さ20.8mm
重量約 1.6kg
液晶15.6インチ(非光沢、IPS)
フルHD(1,920×1,080)
バッテリー持ち最大約8.6時間
認証方法パスワード解除
顔認証
インターフェースUSB-TypeC x 1(USB3.1)
USB-TypeA x 3(USB2.0 x 1 / USB3.0 x 2)
Mini Displayport x 1
HDMI端子 x 1
有線LAN x 1
カードリーダー x 1
セキュリティスロット x 1
マイク端子 x 1
ヘッドセット端子 x 1
いざち個人の評価
デザイン性能使い心地持ち運び価格

※この評価は管理人の独断と偏見によります。

外観について

カラーは「ホワイト」のみで非常にシンプルで清潔感があります。

B509H 外観
ぱそろぐま
ぱそろぐま
美白でサラッとしていながらもすべすべ、それでいて安っぽくない白馬の王子様のようなカラーリングデザインなんだ

特に女性に人気があるのも納得。

 

天面はシンプルにロゴのみ

B509H 天面チェック

触り心地はサラッとしながらもスベスベっとしています。指紋も残りにくいのでこれまた清潔感が保てます。

 

底面は上下左右にゴム足、そして排気口と左右にスピーカーがついています。

底面の触り心地は天面とは違い「ザラッ」とした感じ

B509H 底面チェック
ぱそろぐま
ぱそろぐま
スピーカーは若干こもり気味なので音質へのこだわりがめちゃくちゃ強い方には合わないかな。

ただ、別でスピーカーを用意すればいい話ですして、私はAmazon Echo DotをBluetooth接続して使ってます。便利です(*’ω’*)

 

傾斜は最大130度、角度をつけることができます。

B509H 130度傾斜

 

正面には約100万画素のカメラも搭載

B509H カメラとベゼル
ぱそろぐま
ぱそろぐま
顔認証でのログインもついていてログインもサクッとできるんだ

ナローベゼル(狭額縁)デザインなので15.6インチでもスリムでコンパクトボディに仕上がっています。

サイズ・重量について

本体サイズは「幅360.4mm×奥行き244.5mm×高さ20.8mm

実際にm-Book B509Hを手で持ってみるとこのくらいのサイズ感▼

B509H 手で持った時の大きさ

 

わかりやすいように、A4ノートと比較▼

B509H A4比較
ぱそろぐま
ぱそろぐま
持ち運ぶ方は15.6インチが入るバッグ、もしくはリュックが必要だよ!

 

重量は実測では「1,597g」でした。

B509H 本体の重量
ぱそろぐま
ぱそろぐま
最初に持った時はめちゃくちゃ軽くてビックリした!この大きさとスペックでここまで軽いとちょっと感動する。

 

片手でも全然持てますし、横からみてもほんとにスリム。

B509H 薄さのチェック

 

ACアダプターは実測で「329g

B509H AC重量

本体とAC合わせて2kg弱とここまでいくと【持ち歩く】という選択肢は結構重いです。

ただ、基本的に車で移動してちょっと持ち運ぶくらいの感覚だったらラクショーですよ!

ぱそろぐま
ぱそろぐま
バッテリー駆動時間は約8.6時間。出先で半日とか使うなら充電できるところでの作業がオススメ

液晶について

液晶サイズは「15.6インチ」で解像度は「フルHD(1980×1280)

B509H 液晶確認

フルHDなので液晶解像度は綺麗で、光の反射を抑えるノングレアタイプなので長時間の作業に向いています。

 

B509H 傾斜チェック

さらに、IPSパネル採用で斜めからも見えやすく視野角が広いので液晶は文句無し!

キーボードについて

B509H キーボードチェック
ポイント

キーピッチ(キーとキーの間)
→「約18.2mm

キーストローク(キーの押し込みの深さ)
→「約1.8mm

キーボードはテンキー付きのフルサイズ。キーピッチとキーストロークも十分な余裕があります。

 

B509H キーボード注意

ただ、キーボードに関してはShiftとEnterキー周辺の小ささとキーピッチの若干が狭いかなという印象。

しかし、キー自体は指止まりもよく少しザラっとした感じで押したときの反発が強く打鍵感は心地良いです。

タイピング音は静かで嫌な感じがありません。集中が乱される事もないでしょう。

ぱそろぐま
ぱそろぐま
キーの配列に若干癖があるものの、打ち心地が良いので慣れるとストレス無くタイピングができるよ

 

こちらはパームレスト(腕を置く部分)

B509H パームレストチェック

パームレストもすべすべで幅も十分あります。

 

タッチパッドは十分な広さ。

B509H タッチパッドチェック

触り心地は滑らかで、使い勝手は良し。マウスがなくても作業は捗ります。

クリック感は割と強めで「タトッ」って感じです。

ぱそろぐま
ぱそろぐま
タッチパッドは分離型で非常に使い勝手は良い!

タッチパッドは使う指の本数により挙動が変わります。

B509H 操作感

1本指でカーソルの移動やクリック
2本指でスクロールやピンチイン、アウト、右クリック
3本指でマルチタスク、デスクトップに戻る
4本指でデスクトップの切り替え、サポート表示

インターフェースについて

B509H 右側面

m-Book B509H 右側面

  1. USB-C(USB3.1)
  2. USB-A(USB3.0)
  3. Mini DisplayPort端子
  4. HDMI端子
  5. カードリーダー
  6. 有線LAN端子
  7. セキュリティスロット
B509H 左側面

m-Book B509H 左側面

  1. 電源端子
  2. USB-A(USB3.0)
  3. USB-A(USB2.0)
  4. マイク端子
  5. ヘッドセット端子

インターフェースはかなり充実しており、十二分に機能します。

ここまで薄型だとインターフェースの充実が難しかったりするのですが、流石はマウスコンピューター!きっちり使い勝手を充実させています。

ただ、こちらのモデルは光学ドライブがついていません。

しかし光学ドライブは外付けで購入すればOKですので、詳しくは【外付けDVDドライブおすすめランキング2019【5つ厳選】】をご覧ください

ぱそろぐま
ぱそろぐま
HDMIやLANがついているので標準装備で何でもできて楽チン!

m-Book B509Hの各種性能テスト(ベンチマーク)

ストレージ性能

「CyristalDiskMark」でSSDの読み書きの速度を計測。

B509H CrystalBench

レビュー機はSSD(SATA)のため速度はそこそこ。HDDよりは断然早いですがまだまだ上はあります。

ぱそろぐま
ぱそろぐま
ストレス無く作業したい方はカスタマイズでPCIe接続を選ぼう。+2,800円で可能なんだ!

ゲーム環境テスト

DQX ベンチマーク
B509H-DDQBench
FF14 ベンチマーク
B509H-FF14Bench

テストはドラゴンクエストX。計測は解像度フルHD「1920×1080」、設定は「標準」で行いました。

ドラクエXは軽めのゲームですが評価は【普通】、FF14の中量級ゲームにいたっては【設定変更を推奨】という結果でした。

専用のグラフィックが搭載されているわけではないので、軽めのゲームは設定をいじることでプレイすることは可能ですが、中量級のゲームからは設定を変えても快適なプレイは厳しいです。

3Dゲームや動画編集をガッツリやりたい方は専用グラフィック(GPU)が搭載されたモデルを推奨します。

ぱそろぐま
ぱそろぐま
B509Hはそういう目的で作られてないから当たり前なんだけどね。普段使いやビジネスの現場、写真の加工などでバッチリ使っていこう!

m-Book B509Hのラインナップ

CPUメモリーストレージ価格(税抜)
Core i7-8565U8GB256GB SSD99,800円(限定1,000台)

ラインナップは1種類のみですが、メモリーやストレージなど更に高性能にカスタマイズすることも可能。

ぱそろぐま
ぱそろぐま
Officeもつけられるので、使う用途がある方はカスタマイズ画面で追加しておくのをお忘れなきよう(‘ω’)!

マウス m-Book B509H 実機レビュー まとめ

本記事では《【マウス m-Book B509H レビュー】メインで使える軽量15.6インチ型スタンダードノートPC》についてまとめてきました。

最後にm-Book B509Hの特徴をおさらいしておきます!

  • 15.6インチで1.6kg軽量でスリム、コンパクト
  • ホワイトカラーが美しく女性に人気
  • なんでもこなせるスペックでいて価格は10万円を切る安さ!
ぱそろぐま
ぱそろぐま
m-Book B509Hは1000台限定販売以降は価格が上がるから買うならお早めにどうぞ!

メインで使える清潔感のあるスタンダードノートPCを相棒にしてみてはいかがでしょうか。

マウスおすすめモデルはこちらをチェック!
【mouse】ノートパソコン"m-book"の人気おすすめモデルを紹介【サイズ毎で選びやすい】
【mouse】ノートパソコン"m-Book"の人気おすすめモデルを紹介【サイズ毎で選びやすい】 更新情報 2019.09.19 m-Book F537SD-M2SH2の実機レビュー記事を追加 ...

みんなの評価

12345 (まだ評価されていません)
読み込み中...

この記事が役に立ったら是非ポチってください!