マウスコンピューター

【mouse K7(最新モデル) レビュー】17型液晶でメインPCとして活躍するノートPC

マウスコンピューター mouse K7(最新モデル)

マウスコンピューター【mouse K7】は17.3型で専用グラフィックスを搭載した高スペックなノートPCです。

現在、旧mouse K7と新mouse K7が販売されており今回は第11世代のCPUを搭載した新mouse K7をレビューしていきます。

旧mouse K7のレビュー記事はこちら

専用GPU(GTX1650)を搭載しているため、一般用途から動画編集、ゲームまでマルチに活躍するのが本機の特徴です。

ぱそろぐま
ぱそろぐま
17.3型のノートPCは珍しいから大きい液晶が好きな人にぴったり!

この記事ではmouse K7について、下記のことがわかります。

  • どんな性能で用途で使えるのか
  • どんな人におすすめなのか
  • 見た目や使いやすさについて
  • 新旧の性能比較

▼本記事でレビューするmouse K7の基本スペック▼

サイズ 17.3インチ CPU Core i7-11800H
メモリ 16GB ストレージ 512GB NVMe対応 SSD
GPU GeForce GTX 1650

それでは《【mouse K7(最新モデル) レビュー】17型液晶でメインPCとして活躍するノートPC》について書いていきます。

mouse K7 [ Windows 11 ]

mouse

マウスコンピューター mouse K7のココに注目!

注目ポイント

mouse K7の注目ポイントはこちら▼

  • 液晶が大きい
  • 基本スペックが高い
  • 専用グラフィックス搭載
  • 最新CPU搭載

mouse K7は大きさでいえばノートPCの最大級。2画面の作業などがしやすいんですよね。

上記のポイントを考えると、こんな目的・用途で探している方におすすめのパソコンです。

こんな人におすすめ
  • メインPCを探している人
  • 高スペック据え置きノートPCを探している人
  • テレワーク用PCを探している人
  • WEB系や動画編集を行いたい人
  • ゲームをしたい人

これだけスペックが高いと基本的なことは何でもできるので、パソコンでやりたいことがたくさんある人にも良い選択となるでしょう。

ぱそろぐま
ぱそろぐま
デスクトップより持ち運べるノートのほうが良いという人におすすめだね

続いて、mouse K7の「スペック・デザイン・使用感」など実機レビューをしていきます。

mouse K7 [ Windows 11 ]

mouse

マウスコンピューター mouse K7のスペック

ぱそろぐま
ぱそろぐま
mouse K7のスペックを紹介するよ!
スペック表
製品名 mouse K7
CPU Core i7-11800H
メモリー 16GB
ストレージ 512GB NVMe SSD
グラフィックス GeForce GTX 1650
サイズ 396.9(幅)×264.5(奥行き)×23.9(高さ) mm
重量 約2.45kg
液晶 17.3 インチ 非光沢 フルHD(1920 x 1080)
バッテリー持ち 約6時間
インターフェース USB 2.0 (Type-A) x1
USB 3.0 (Type-A) x2

USB3.1 (Type-C) x1
HDMI x1
Mini DisplayPort ×1

カードリーダー x1
LANポート x1
マイク端子 x1

ヘッドセット端子 x1
盗難防止用ロック x1

旧mouse K7と比べると、CPUが最新の11世代になりサイズ感は若干大きくなりましたが高さはスマートに。

重量は約1kgほど増加していますが、バッテリー持ちが約1.5時間増加しました。

マウスコンピューター mouse K7の性能と用途

用途 評価コメント 総合評価
趣味 動画視聴やブラウジングはスムーズで快適
Office Office作業はストレス無く快適
Adobe系 Adobeソフトの使用も快適
動画編集 Youtube等基本的な編集は快適
ゲーム 中量級程度のゲームまで可能
mouse K7 [ Windows 11 ]

mouse

広告

マウスコンピューター mouse K7の外観について

天面はロゴのみでシンプル。カラーは「ブラック」です。

触り心地はつるつるしており、指紋跡もあまり気になりません。

 

底面には、上下左右にゴム足があります。

スピーカーの音質は高音質ではないものの、普通なレベル。

気になる人は外部スピーカー等に繋げば良いですし、あまり気にしないで良いでしょう。

 

17型ながら厚みは抑えられておりスマートな印象。

mouse K7 [ Windows 11 ]

mouse

マウスコンピューター mouse K7のサイズ・重量について

実際にmouse K7を手で持ってみるとこのくらいのサイズ感▼

17.3インチとなると持つとかなり大きさがあります。

 

次にA4ノートと比較してみます。

mouse K7本体のサイズは「396.9(幅)×264.5(奥行き)×23.9(高さ) mm」でA4サイズと比べて一回り大きいです。

A4サイズと比べてもかなり大きいです。

持ち運ぶ際は相応のバッグが必要なので、購入しておくと良いです。

 

重量は公式では約2.45kg、実測では「2.453kg」でした。

約2.4kgは歩いて持ち運ぶのはかなりきついです。

ただノートPCという特性上、家の中で好きな場所に持ち運んで使う分には便利です。その点においてデスクトップより使い勝手が良いです。

 

ACアダプターは実測で「461g」と重め。

mouse K7の最大駆動時間は約6時間と比較的短めです。

出先で使う場合はACもセットと言うことを考えると総重量は約3kgほどに。

ぱそろぐま
ぱそろぐま
ただ車移動がメインであれば持ち運びは問題なし!
mouse K7 [ Windows 11 ]

mouse

マウスコンピューター mouse K7の液晶について

液晶サイズは「17.3インチ」で「フルHD(1920×1080)」です。

液晶はフルHDなのでキレイで言うことはありません。液晶は非光沢(ノングレア)でして光の映り込みや反射が少ないので目が疲れにくく、長時間液晶を見るのに向いています。

IPSパネルで視野角も広めな液晶は斜めから見ても鮮明に映ります。複数人で画面を見る場合でも色味の変化が少なく、共有ができます。

色域も比較的広めです。

 

ベゼル幅は約7.0mmと比較的スリムです。

マウスコンピューター mouse K7のキーボードについて

標準値 mouse K7
キーピッチ
(キーとキーの間の距離)
約18-19mm 約19mm
キーストローク
(キーの押し込みの深さ)
約1.4-1.5mm 約1.8mm

キーボードはキーピッチは平均的、キーストロークは深めです。

3列ですがテンキー付きなので、Officeなどの作業もしやすくなっており、キー配列も一般的なので使いやすいです。

タイピング感はキーストロークも若干深めなので柔らかくも打ち心地のあるタイピング。

タイピングしているときの音は静穏。「チャチャッ」と鳴るくらいなので集中して作業ができます。

 

パームレストも天面と同じようにツルツルとした感触。腕の置き場は広いので安定したタイピングができます。

 

タッチパッドについて
種類 分離型
サイズ 約15.2m

タッチパッドは一体型で非常に大きいです。

クリック感はしっかりめで、クリック音は「コトッ」と音がなります。

タッチパッドの操作感はサラツヤで指通りがよく使いやすいです。

ぱそろぐま
ぱそろぐま
タッチパッドはもちろん、マウスジェスチャー対応!

1本指でカーソルの移動やクリック
2本指でスクロールやピンチイン、アウト、右クリック
3本指でマルチタスク、デスクトップに戻る
4本指でデスクトップの切り替え等

mouse K7 [ Windows 11 ]

mouse

広告

マウスコンピューター mouse K7のインターフェースについて

【mouse K7 左側面】

  1. 盗難防止用スロット
  2. USB 3.0(Type-A)
  3. USB 2.0(Type-A)
  4. マイク端子
  5. ヘッドセット端子

【mouse K7 右側面】

  1. カードリーダー
  2. USB 3.1(Type-C)
  3. USB 3.0(Type-A)
  4. LANポート

【mouse K7 右側面】

  • Mini Displayport端子
  • HDMI端子
  • 電源端子

mouse K7のインターフェースは充実しています。

USB-Cもありますし、Mini DisplayportとHDMIがあるので映像出力で困る心配はないでしょう。

mouse K7 [ Windows 11 ]

mouse

マウスコンピューター mouse K7の各種性能テスト(ベンチマーク)

mouse K7はコントロールセンターからパフォーマンスを変更することができます。

今回の検証は全て「バランスモード」で行っていきます。

CPU性能計測

計測ソフト :「CINEBENCH」

CPUは【Core i7-11800H】を搭載し、処理能力が高いです。

シングルコア
マルチコア

グラフィックス性能

GPU-Z

グラフィックスは【GeForce GTX 1650】を搭載

専用グラフィックスとしての性能はエントリーモデルのゲーミングレベルです。

3DMark

ゲーム環境ベンチマーク

【計測環境】

  • グラフィックス : 標準品質
  • 解像度 : 1920 × 1080
DQX ベンチマーク
FF14 ベンチマーク
FF15 ベンチマーク

ゲーミング性能としては重量級のFF15クラスになると操作が若干もたついてきます。

さらに設定を落としてもプレイするか、本格的にゲームをしたい人はマウスコンピューターに【G-Tune】というゲーミングブランドがあるのでそちらを確認してみてください。

旧mouse K7と比べるとCPUの性能が上昇していることもあり、全体的に評価が上がっていました。

マウスコンピューター mouse K7 実機レビュー まとめ

本記事では《【mouse K7(最新モデル) レビュー】17型液晶でメインPCとして活躍するノートPC》についてまとめてきました。

本記事は以上です!公式サイトでさらに『mouse K7』の魅力をチェックしてみてくださいね。

mouse K7 [ Windows 11 ]

mouse

マウスコンピューターおすすめモデルはこちらをチェック!
【マウスコンピューター】人気でおすすめのmouseノートPCを紹介【評判・評価・口コミ有り】
【マウスコンピューター】人気でおすすめのmouseノートPCを紹介【評判・評価・口コミ有り・全てレビュー済み】マウスコンピューターのノートPCを徹底解説!あなたにピッタリのモデルを探せます。コスパに優れた、人気急上昇のマウスPCは一押しです!...
ABOUT ME
パソログ編集部
パソコン・周辺機器の情報を発信しています。
Amazonでお得に買い物する裏技
Amazonギフト券チャージでお得に買い物!

Amazonで買い物をするときはギフト券にチャージ(入金)をすると、最大2.5%ポイントがもらえるのでお得に買い物ができます。

▼お得に賢く買い物しよう!▼

Amazonギフト券公式サイトをみる