マイクロソフト

【Surface Goレビュー】軽さと実用性を兼ね備えた10万以下のOffice付き2in1ノートPC

【Surface Goレビュー】軽さと実用性を兼ね備えた10万以下のOffice付きノートPC

Surface GoはMicrosoftが2018年8月末に販売を開始した10インチ軽量・薄型の2in1パソコンです。

いざち
いざち
Surface史上もっともコンパクトで持ち運びに優れたモデルだよ!
Surface Go外観

Surfaceシリーズの上品な「マグネシウムボディ」は惚れ惚れする完成度の高さ!

Surface Goは四隅が丸くなっており、他シリーズより柔らかい印象に。
いずれにせよ美しいフォルムです(/・ω・)/

▼本記事でレビューするSurface Goの基本スペック▼

サイズ 10インチ CPU Pentium Gold 4415Y
メモリ 8GB ストレージ 128GB SSD

 

それでは《【Surface Goレビュー】軽さと実用性を兼ね備えた10万以下のOffice付き2in1ノートPC》について書いていきます。

Surface Goのココに注目!

注目ポイント

Surface Goの注目ポイントはこちら▼

  • 10インチと小型でとても軽い(本体わずか522g)
  • 2in1でタブレットとしてもPCとしても使える
  • 上品なボディと美しいフォルム
  • OFFICE付き

このポイントを考えると、こんな目的・用途で探している方におすすめのパソコンです。

こんな方におすすめ
  • 持ち運んで使用したい方
  • ビジネス目的で使いたい方
  • イラストを制作したい方
  • デザインに妥協したくない方
いざち
いざち
持ち運び用のサブPCとしても、大学生やビジネスマンのメインPCとしても使えるよ!

続いて、Surface Goの「スペック・デザイン・使用感」など実機レビューをしていきます。

Surface Goの同梱物

Surface Go 同梱物
  • Surface Go本体
  • ACアダプター
  • Office

Surface Goを購入すると上記の3つがついてきます。Surfaceシリーズは共通してOfficeがついてくるのが嬉しいですね。

よく勘違いされがちですが、「キーボード」と「Surfaceペン」は別売りです。

Surface Goを買ったのについてこなかった!メーカーのミスだ!」なんてことはないのでご注意を。

Surface Goのスペック

Surface Goのスペック

Surface Goは驚くほど軽く、タブレットとしてもPCとしても使える2in1。

10インチで約522gというコンパクトさだから片手で楽々と持てちゃいます。
小さめのバッグにも入るので持ち運びとしてもこれ以上ないほど簡単で快適。

タブレットとしてのタッチ操作もとてもスムーズです。

スペック表
製品名 Surface Go
CPU Pentium Gold 4415Y
メモリー 4GB / 8GB
ストレージ 64GB eMMC または 128GB SSD(PCIe)
サイズ 幅175mm×奥行き245mm×高さ8.3mm
重量 約522g
液晶 10インチ(光沢)
1800×1200ドット
バッテリー持ち 最大9時間
認証方法 パスワード解除
顔認証
インターフェース USB Type-C×1
Surface Connect(AC充電)
microSD/SDHC/SDXC対応メモリーカードスロット
ヘッドホン出力
いざち個人の評価
デザイン 性能 使い心地 持ち運び 価格

上品
丸みが可愛い

ビジネスも
Adobe系もOK

キーボードがやや小さめ
タッチパッドはスムーズ

文句なし

標準でOffice装備
性能も良く
コスパは良い

※この評価は管理人の独断と偏見によります。

外観について

カラーは「シルバー」のみの取り扱い。

Surface Go キックスタンド

Surfaceシリーズお馴染みのマグネシウムボディの質感は上質。
サラッとしながらもマットな手触りで心地よいです。

ペタペタ触っても指紋は全く目立ちません!

キックスタンドにあるロゴは鏡面仕上げ。

Surface Go Logo

シルバーのボディに見事に映える素晴らしいいつものワンポイント。

キックスタンドの角度は自由に調整することができます。

Surface Go カラー

何気にこの技術凄いですよね。
角度調整は硬すぎず、柔らかすぎずバランスが取れていると感じました。

パソコン使用時、キックスタンドのズレは全く感じませんでした。超優秀。

ひんじはこんな感じになっています。

Surface Go ひんじ

なにやらMicrosoft社の英知が詰まっていそうな「ひんじ」ですが、仕組みはわかりません。

しかし、快適なスタンドを提供してくれています。

最大でここまで傾斜がつけられます▼

Surface Go 傾斜

最大まで傾斜をつけることでペンを使った「イラスト制作」がしやすくなります。あと寝っ転がりながらいじれます!

いざち
いざち
自由に角度調整ができるのは本当に便利だよ!

サイズ・重量について

サイズは「幅175mm×奥行き245mm×高さ8.3mm」で約B5サイズと言ったところ。

A4ノートと比べると大きさの違いが際立ちます。

Surface GO サイズ感

10インチは思っている以上にコンパクトですよ!

重量は公式では522gでしたが、実測でも524gとほぼ同じでした。

Surface Go 重量

めちゃくちゃ軽いので片手で簡単に持てちゃいます。
女性でも負荷のかからない重さです!

厚さ(高さ)は8.3mmで非常に薄いです。

Surface Go 高さ

Surface Goを実際に持ってみると余計に薄さ・軽さが際立ちます。

Surface Go 厚み

本体の薄さ・軽さはピカイチですが、多くの方はタイプカバー(キーボード)も併せて持ち運ぶと思います。

その場合の重量は約767g

Surface Go キーボード付きの重さ

タイプカバーをつけても1kgを軽く切ります。

767gはPCの中でもめちゃくちゃ軽いです!1kg以下は持ち運びのしやすさが段違いです。

ACアダプターは134g

Surface Go AC

本体、タイプカバー、AC合わせても「約900g」

この軽さが人気の秘訣であると言っても過言ではないでしょう。カフェに行って作業する私にとってこの軽さはめちゃくちゃ重宝します。

バッテリー駆動時間は公式発表だと最大9時間。

1日中作業するには少し物足りませんが、大学生やビジネスマンの1日やカフェでの作業であれば十分持ちますよ。

液晶について

液晶サイズは「10インチ」で解像度は1800×1200ドット。

Surface Go 解像度

発色が良くクッキリと映し出されます。明るさもバッチリで視認性は抜群です。

液晶は光沢(グレア)のため、映り込みがあります。

Surface Go 液晶 光沢

しかし光沢仕様の分、発色が良くイラスト制作に適しています。

液晶は指紋防止や傷防止のため、保護フィルムを張ったほうが良いです。

タッチ操作やペン入力も使うので液晶にがつくのはかすり傷でも大問題に。

Surface Goを購入したら「ガラスフィルム」を貼るのが安心ですよ。

カメラはフロント500万画素、リア800万画素が搭載されています。

Surface Go フロントカメラ

リア(外側)のカメラがあることでタブレット状態で使ったときにサクッと写真撮影ができます。
フロントより画素数も高くキレイ!

タイプカバー(キーボード)について

Surface Goは別売りでタイプカバーが購入できます。

Surface Go タイプカバー

文字入力・タッチパッドなど、操作性を高めるためにはタイプカバーは必須

タイプカバーの重量は243gと軽量です。

Surface Go タイプカバー重量

キーピッチ(キーとキーの間)は約17mm。

Surface Go キーピッチ

さすがに10インチのキーボードだけあってキーボードはちょっと窮屈に感じます。

キーストローク(キーの押し込みの深さ)は約1.2mm

Surface Go キーストローク

しっかり目の打ち返しでタイピング時に音が「コトコト」鳴ります。静音に慣れている方は多少うるさく感じるかもしれません。

Surface Go キーボードの高さ

キーボードは傾斜がついていることがわかると思います。この傾斜によりタイピングがしやすくなってるんです!

標準で「パソコンスタンド」がついた形になるのでとても便利。

タッチパッドの幅は「9.8cm」あります。

Surface Go タッチパッド

タッチパッドはこのくらい広ければ不自由することはありません。

操作性は非常に滑らかで、MacBookを使っている私でも違和感を感じないほどの出来栄えです。

タッチパッドは使う指の本数により挙動が変わります。

Surface GOキーボード操作

1本指でカーソルの移動やクリック
2本指でスクロールやピンチイン、アウト、右クリック
3本指でマルチタスク、デスクトップに戻る
4本指でデスクトップの切り替え、サポート表示

マウスが無くてもタッチパッドで快適な操作が可能です。

1番良いのは正規品のタイプカバーですが、ワイヤレスキーボードでもBluetoothを繋ぐことで使用可能になります。

お気に入りのキーボードがある方はそちらを使うのも有りです。

インターフェースについて

Surface Go インターフェース

Surface Goの端子は4つ

  1. USB Type-C
  2. Surface Connect
  3. MicroSDXC カード リーダー
  4. 3.5mmヘッドフォンジャック

インターフェースは少な目なので、十二分に使用するのであれば拡張をする必要があります。

方法は2つあるのでそれぞれ確認しておきましょう。

1.USB Type-Cにハブを繋げて拡張する

別途ハブを購入してとりつければ、USB3.0やHDMIなどが使えるようになります。

様々なタイプが販売されていますが、Surface Goのデザイン性を損なわないものだとなおよいと思います。

2.Surface ConnectにSurfaceドックを繋げて拡張する

Surface Connect(充電部分)にSurfaceドックを繋げることでUSB端子や有線LANが使えるようになります。

ただ、こちらの方法はUSB Type-Cハブを購入するよりも高くなるので、「ハブ」を購入することをおすすめします。

 

ちなみに、左側面に端子などは特になにもありません。

Surface GO 左側面

なので、左側面にはタッチペンを取り付けると良いですよっ!

Surface GO ペン
いざち
いざち
インターフェースは拡張すればOKだよ

Surface GOのおすすめ周辺機器

Surface ペン

Surface Go 周辺機器【ペン】

Surface Goと合わせてSurface ペンの購入をおすすめします。

指紋をつけたくない方、イラストを描きたい方は是非!

Surface GO ペン遊び

描き心地は非常に滑らか。
ただ、液晶がツルツルなので止めで少し滑る感じがします。まあ、この辺は慣れですね。

最新のSurface ペンはマグネット内蔵でSurface本体につけられるようにもなっているので、旧タイプより最新のペンがおすすめ。

Surface Arkマウス

Surface Go マウス

Surfaceと合わせて購入したいのが「Arkマウス」

めちゃくちゃ個性的なマウスで曲げ伸ばしができるんです。非常に薄くデザイン性の高いマウスは自分の意識も高めてくれるスペシャルアイテム。

Surfaceに合わせて作られてあるので親和性は抜群です。こちらも検討してみてはいかがでしょうか!

Arcマウスのレビューはこちら

Surface Goの各種性能テスト(ベンチマーク)

ストレージ性能

「CyristalDiskMark」で計測したところSSDの読み書きの速度を計測した結果、それなりに高速の値をマークしました。

Surface Go SSDベンチマーク

ゲーム環境テスト

Surface Go ゲームベンチマーク

ドラゴンクエストXのグラフィック設定を標準品質でテストした結果、評価は「普通

7段階評価で普通は4番目に当たります。軽めのドラクエX程度であれば普通にプレイできるという結果でしたので、もっと重い3Dゲームは厳しいですね。

10インチというサイズでゲームをするのはいささか迫力に欠けると思いますし、ゲーム向きの機体ではないですね。

まとめ

本記事では《【Surface Goレビュー】軽さと実用性を兼ね備えた10万以下のOffice付き2in1ノートPC》についてまとめてきました。

Surface Goはどこにでも手軽に持ち運べて実用性抜群の2in1ノートPCです。

大学生・ビジネスマン共におすすめのモデルで趣味用途にも最適です。
ブロガーで使っている方もいるので、文章を書く人も持ち運びのサブ機として良いですよ。

いざち
いざち
どんな用途にもマッチする優れたパフォーマンスで10万円以下!楽しさ広がリング!
Surfaceおすすめモデルはこちらをチェック!
【Microsoft】Surfaceシリーズの特徴・おすすめ機種を紹介!【比較 | セール情報有り】
【Microsoft】Surfaceシリーズの特徴・おすすめ機種を紹介!【比較 | セール情報有り】Microsoftの「Surfaceシリーズ」は2013年に販売が開始されてから大学生やビジネスマンに大人気。 Surfa...

みんなの評価

12345 (1 投票, 平均点: 5.00)
読み込み中...

この記事が役に立ったら是非ポチってください!