ドスパラ

【ドスパラ raytrek G5 レビュー】リーズナブルなクリエイター向けノートPC【エントリーモデル】

ドスパラ raytrek G5 レビュー

ドスパラ【raytrek G5】は15.6型でクリエイター向けのノートPCです。

クリエイター向けのノートPCというと『高い』というイメージがあると思います。ただ、本機は非常にリーズナブルでお値段は89,980円(税別)なんです。

安いながらも快適に動画を編集できたりと、クリエイティブ用途としてしっかりと活躍します。

raytrek 5Gの全体像
ぱそろぐま
ぱそろぐま
見た目は非常にシンプル!

この記事ではraytrek G5について、下記のことがわかります。

  • どんな性能で用途で使えるのか
  • どんな人におすすめなのか
  • 見た目や使いやすさについて

▼本記事でレビューするraytrek G5の基本スペック▼

サイズ 15.6インチ CPU Core i5-10300H
メモリ 16GB ストレージ 500GB NVMe SSD
GPU GTX 1650 Ti

それでは《【ドスパラ raytrek G5 レビュー】リーズナブルなクリエイター向けノートPC【エントリーモデル】》について書いていきます。

ドスパラ raytrek 5G
ドスパラ

ドスパラ raytrek G5のココに注目!

注目ポイント

raytrek G5の注目ポイントはこちら▼

  • 税別約9万円とリーズナブル
  • 専用グラフィックス(GTX 1650 Ti)搭載
  • 16GBメモリ搭載

スペックはクリエイターPCとしてはそこそこで、安価で買えるエントリーモデル。

上記のポイントを考えると、こんな目的・用途で探している方におすすめのパソコンです。

こんな人におすすめ
  • サイト制作を行う人
  • 一般的な作業をサクサク行いたい人
  • 動画編集を行う人
  • 家での作業用PCが欲しい人
ぱそろぐま
ぱそろぐま
一般的なノートPCのワンランク上の性能で快適!

続いて、raytrek G5の「スペック・デザイン・使用感」など実機レビューをしていきます。

ドスパラ raytrek 5G
ドスパラ

ドスパラ raytrek G5のスペック

raytrek 5Gの全体像
ぱそろぐま
ぱそろぐま
raytrek G5のスペックを紹介するよ!
スペック表
製品名 raytrek G5
CPU Core i5-10300H
メモリー 16GB(最大32GBまで拡張可)
ストレージ 500GB NVMe SSD(最大2TBまで拡張可)
グラフィックス GeForce GTX 1650 Ti
サイズ 359.8(幅) × 244.3(奥行き) × 25.8(高さ) mm
重量 約2.1kg
液晶 15.6 インチ 非光沢 フルHD(1920 x 1080)
バッテリー持ち 約6.5時間
インターフェース USB 2.0 x1
USB3.2 Gen1 Type-A x1

USB3.2 Gen1 Type-C x1
HDMI2.0 x1
Mini Display Port ×2

SDカードリーダー x1
LANポート x1

マイク・イヤホンジャック x1
盗難防止用ロック x1

ドスパラ raytrek G5の性能と用途

用途 評価コメント 総合評価
趣味 動画視聴やブラウジングはスムーズで快適
Office Office作業はストレス無く快適
Adobe系 Adobeソフトの使用も快適
ただ色域が狭い
動画編集 かなり快適におこなえる
ゲーム 設定により重量級までプレイ可能
ドスパラ raytrek 5G
ドスパラ

広告

ドスパラ raytrek G5の外観について

raytrek 5Gの天面

天面はロゴもなくシンプル。カラーは「ブラック」です。

手触りはサラサラとしており、指紋跡は特に気にならず清潔感があります。

シンプルなのでどこでも馴染んで使いやすいですね。

 

底面には、上下左右にゴム足、左右にスピーカーがあります。

raytrek 5Gの底面

スピーカーの音質は普通ですが、底面にスピーカーがあるので多少こもりがち。

しっかりサウンドは鳴るので物足りないということはないです。

 

raytrek G5を横から見るとこんな感じ▼

raytrek 5Gの薄さ

厚みはそこそこあります。

 

最大傾斜角がこちら▼

raytrek 5Gの傾斜

かなりの角度まで液晶は傾きます。

ドスパラ raytrek 5G
ドスパラ

ドスパラ raytrek G5のサイズ・重量について

実際にraytrek G5を手で持ってみるとこのくらいのサイズ感▼

raytrek 5Gを手で持った感じ

 

次にA4ノートと比較してみます。

DAIV 5P本体のサイズは「359.8(幅) × 244.3(奥行き) × 25.8(高さ) mm」でA4サイズと比べて一回り大きいです。

raytrek 5GのA4比較

持ち運びをする際にはA4サイズより一回り大きいバッグやリュックが必要になります。

 

重量は公式では約2.1kg、実測では「1.952kg」でした。

raytrek 5Gの重量

重量は公式値と比べて軽く、2kgを切っていました。

持ち運ぶことは可能ですが、長距離や日常的に持ち運ぶとなると重いです。基本的には家やオフィスなどの据え置きノートPCという感じですね。

ただ、車で移動してカフェなどで作業する場合には全然問題になりません。

 

ACアダプターは実測で「569g」と重め。

raytrek 5GのAC重量

raytrek G5の最大駆動時間は約6.5時間と短めです。

出先で作業をする場合は重いですがAC電源は持って行ったほうが安心です。

ぱそろぐま
ぱそろぐま
家の中で場所を移動しながら気軽に使えるのはノートPCならでは!
ドスパラ raytrek 5G
ドスパラ

ドスパラ raytrek G5の液晶について

液晶サイズは「15.6インチ」で「フルHD(1920×1080)」です。

raytrek 5Gの液晶

液晶はフルHDなのでキレイで言うことはありません。液晶は非光沢でして光の映り込みや反射が少ないので目が疲れにくく、長時間液晶を見るのに向いています。

 

raytrek 5Gの液晶斜め

sRGBカバー率は約91%、sRGB比だと約98%です。

 

raytrek 5Gのベゼル

液晶ベゼル(枠幅)は約6.4mmとスマート。

液晶への没入感があり画面も広く感じます。

ぱそろぐま
ぱそろぐま
公式域とまではいきませんがクリエイターが使う液晶として及第点

ドスパラ raytrek G5のキーボードについて

raytrek 5Gのキーボード
標準値 raytrek G5
キーピッチ
(キーとキーの間の距離)
約18-19mm 約18mm
キーストローク
(キーの押し込みの深さ)
約1.4-1.5mm 約1.4mm

キーボードはキーピッチ、キーストロークとも標準的でして、テンキーがついています。

ただ、キー配列に若干癖があり、『ENTERキー』が縦に短くENTERキー周りのキー配置に違いがあります。

このあたりは慣れですのであまり気にしないでもよいです。

キーの打感は軽めでサクサク打てます。万人に好まれる非常に使いやすいキーボードだと感じました。

そのため、タイピングしているときの音は静穏で集中して作業ができます。

 

こちらはパームレスト(腕を置く部分)▼

raytrek 5Gのパームレスト

パームレストはサラサラとザラザラの中間くらいの感触。腕の置き場は広いので安定したタイピングができます。

 

raytrek 5Gのタイピング感

 

タッチパッドについて
raytrek 5Gのタッチパッド
種類 一体型
サイズ 約10.7cm

タッチパッドは一体型で縦にも横に広さは十分。

クリック感はややしっかりめで、クリック音は高めの「タトッ」と音がなります。

タッチパッドの操作感はサラサラしていて使いやすいです。

ぱそろぐま
ぱそろぐま
タッチパッドはもちろん、マウスジェスチャー対応!

1本指でカーソルの移動やクリック
2本指でスクロールやピンチイン、アウト、右クリック
3本指でマルチタスク、デスクトップに戻る
4本指でデスクトップの切り替え等

ドスパラ raytrek 5G
ドスパラ

広告

ドスパラ raytrek G5のインターフェースについて

raytrek 5Gのインターフェース

【raytrek G5左側面】

  1. 盗難防止用スロット
  2. LANポート
  3. USB 2.0(Type-A)
  4. マイク・イヤホンジャック
raytrek 5Gのインターフェース

【raytrek G5 右側面】

  1. SDカードリーダー
  2. USB3.2 Gen1 Type-A
raytrek 5Gの背面

【raytrek G5 背面】

  1. Mini Display Port ×2
  2. HDMI2.0
  3. USB3.2 Gen1 Type-C
  4. 電源

raytrek G5のインターフェースは充実しているので特に困ることはないかと思います。

4K対応の映像出力ポートHDMIを搭載しており、4Kモニターとパソコンを接続したデュアルディスプレイ環境も構築できます。

ドスパラ raytrek 5G
ドスパラ

ドスパラ raytrek G5の各種性能テスト(ベンチマーク)

CPU性能計測

計測ソフト :「CINEBENCH R23」
raytrek 5GのCINEBENCH
raytrek 5GのCINEBENCH

ストレージ性能計測

計測ソフト :「CrystalDiskMark」

SSDの読み書きの速度を計測しました。NVMe対応SSDで高速です。

raytrek 5GのSSDベンチマーク

グラフィックス性能

GPU-Z

グラフィックスはエントリー向けの【GeForce GTX 1650 Ti】を搭載

raytrek 5GのGPU-Z
3DMark
raytrek 5Gの3DMARK

ゲーム環境ベンチマーク

DQX ベンチマーク
raytrek 5GのDQXベンチマーク
FF14 ベンチマーク
raytrek 5GのFF14ベンチマーク
FF15 ベンチマーク
raytrek 5GのFF15ベンチマーク

ゲーミング性能としてはクリエイターPCとして専用グラフィックスも搭載しているのでそこそこ遊べます。

ただ、重量級のFF15クラスになるとやや厳しいです。設定を落としても快適なプレイとは言い難いです。

本格的にゲームをしたい人は以下の記事も参考にしてみてください。

【2020年最新】初心者、中級者、上級者別におすすめのゲーミングノートPCを紹介
【2021年】コスパ抜群のおすすめゲーミングノートPCを紹介【初心者/中級者/上級者別】初心者から上級者向けのジャンル別におすすめのゲーミングノートPCを紹介します。選び方もていねいに解説しているので、どれを買えばいいのか納得して選べますよ!...

ドスパラ raytrek G5 実機レビュー まとめ

本記事では《【ドスパラ raytrek G5 レビュー】リーズナブルなクリエイター向けノートPC【エントリーモデル】》についてまとめてきました。

本記事は以上です!公式サイトでさらに『raytrek G5』の魅力をチェックしてみてくださいね。

ドスパラ raytrek 5G
ドスパラ

ドスパラおすすめモデルはこちらをチェック!
【ドスパラ GALLERIA】人気でおすすめのゲーミングPCをデスクトップ・ノート別で紹介【レビュー有り】
【ドスパラ GALLERIA】人気でおすすめのゲーミングPCをデスクトップ・ノート別で紹介【評判・評価・口コミ・レビュー有り】ドスパラのGALLERIAシリーズの人気・おすすめモデルを紹介。予算帯やスペックなど、自分がどのモデルを選べばいいかわかります。...
Amazonでお得に買い物する裏技
Amazonギフト券チャージでお得に買い物!

Amazonで買い物をするときはギフト券にチャージ(入金)をすると、最大2.5%ポイントがもらえるのでお得に買い物ができます。

▼お得に賢く買い物しよう!▼

Amazonギフト券公式サイトをみる