DELL

【Dell Inspiron 13 5000(5391) レビュー】コスパ抜群!LTEモデルも選べるモバイルノートPC

【Dell Inspiron 13 5000(5391) レビュー】コスパ抜群!LTEモデルも選べるモバイルノートPC

Dellの【Inspiron 13 5000(5391)】は通常のWi-FiモデルとLTEモデルの2種類の接続方式から選べるコスパ抜群モバイルノートPCです。

ぱそろぐま
ぱそろぐま
スペックが選べて軽量だからビジネスユースもOK!キーボードも使いやすいんだ。
Inspiron 13 5000(5391) 全体像

▼本記事でレビューするInspiron 13 5000(5391)の基本スペック▼

サイズ 13.3インチ CPU Core i5-10210U
メモリ 8GB ストレージ 256GB SSD(PCIe)

本記事ではLTEモデルを使ったレビューになります。

この記事を読むとわかること
  • Inspiron 13 5000がどんな人におすすめか
  • Inspiron 13 5000はどんなことができるか
  • Inspiron 13 5000のデザイン性や機能性
  • Inspiron 13 5000の使い勝手

それでは《【Dell Inspiron 13 5000(5391) レビュー】コスパ抜群!LTEモデルも選べるモバイルノートPC》について書いていきます。

Dell Inspiron 13 5000(5391)

Dell

Inspiron 13 5000(5391)のココに注目!

注目ポイント

Inspiron 13 5000の注目ポイントはこちら▼

  • 薄くて軽量
  • 第10世代 最新CPU搭載
  • LTEモデル有り
  • 液晶タッチ操作が可能(LTEモデルのみ)
  • 使いやすいキーボード

このポイントを考えると、こんな目的・用途で探している方におすすめのパソコンです。

こんな方におすすめ
  • 持ち運びが多い大学生やビジネスマン
  • タッチ操作で直感的に使いたい方
  • LTEでどこでもネットに接続したい方
ぱそろぐま
ぱそろぐま
高品質ながらお求めやすい価格だからコスパ重視の方にもいいよ!

続いて、Inspiron 13 5000の「スペック・デザイン・使用感」など実機レビューをしていきます。

Dell Inspiron 13 5000(5391)

Dell

Inspiron 13 5000(5391)の同梱物

Inspiron 13 5000(5391) 同梱物
  • Inspiron 13 5000本体
  • ACアダプタ
  • 説明書
  • 保証書

Inspiron 13 5000は【Office付き】モデルもあるので、Officeが必要な人はそのモデルを買うと通常のOfficeより格安ですのでお得です!

ぱそろぐま
ぱそろぐま
Officeを持っていない人にとっては嬉しいポイント(‘ω’)!

広告

Inspiron 13 5000(5391)のスペック

ぱそろぐま
ぱそろぐま
Inspiron 13 5000のスペックを紹介するよ!
スペック表
製品名 Inspiron 13 5000(5391)
CPU Core i3-10110U
Core i5-10210U
Core i7-10510U
メモリー 4GB / 8GB
ストレージ 128GB / 256GB / 512GB SSD(PCIe)
サイズ 幅307.6 x 奥行204.7 x 高14.9~16.8 mm
重量 最小 1.18 kg
液晶 13.3インチ フルHD(1920×1080)
Wi-Fiモデル : 光沢
LTEモデル : 非光沢 液晶タッチ
インターフェース HDMI 1.4b x1
USB 3.1 Gen 1 Type-C(DP/PowerDelivery) x1
USB 3.1 Gen 1 x1
microSDカード リーダー x1
オーディオ入力ジャック x1

※LTEモデルはCore i5のみ

Dell Inspiron 13 5000(5391)

Dell

外観について

天面は「DELL」のロゴのみ。

Inspiron 13 5000(5391) 天面

DELLお馴染みのデザインです。

触り心地は滑らかですがサラッとしており、指紋は全く目立ちません。

 

ロゴは鏡面加工

Inspiron 13 5000(5391) ロゴ

凹み加工がしてありシンプルさを損なわず、ワンポイントに仕上がっています。

 

底面には上下左右にゴム足、左右にスピーカーがついています。

Inspiron 13 5000(5391) 裏面

スピーカーの音質は少し軽めの印象を受けましたが、動画鑑賞など十分楽しめます。

 

ヒンジは左右で支えられています

Inspiron 13 5000(5391) ヒンジ

タイピングをしていてもガタつくことなく、安定しています。

 

Inspiron 13 5000(5391) 開閉

液晶に角度をつけるとキーボードが持ち上がるように設計されています。

これにより、通気性が良くなりタイピングもしやすくなるといった効果が得られるんですよね(‘ω’)!

Dell Inspiron 13 5000(5391)

Dell

サイズ・重量について

実際にInspiron 13 5000を手で持ってみるとこのくらいのサイズ感▼

Inspiron 13 5000(5391) 手で持つ
ぱそろぐま
ぱそろぐま
手で持ってみてもかなりスマートで持ち運びがしやすいよー

 

サイズは「幅307.6 x 奥行204.7 x 高14.9~16.8 mm」でA4サイズと比べて一回り大きいくらい。

A4ノートと比較▼

Inspiron 13 5000(5391) a4比較

このサイズであればA4ノートが入るバッグであればスッポリ入るので楽チンです。

 

重量は実測で「1252g」でした。

Inspiron 13 5000(5391) 本体重量
ノートPCの平均的な重量表(独自調べ)
サイズ 11.6インチ 13.3インチ 14インチ 15.6インチ
重量 約1.1kg 約1.25kg 約1.5kg 約2kg

Inspiron 13 5000(LTEモデル)は13.3インチの中でも平均的な重さです。

公式の重量では最小約1.18kgなので、Wi-Fiモデルはもっと軽くなるのかなと思います。

 

ACアダプターは実測で「323g

Inspiron 13 5000(5391) AC重量

AC電源はやや重いですね。本体と合わせると1.5kgを超えるので長く使う予定が無ければAC電源は置いていきましょう。

ただ、USB Type-C(PD対応)が付いているため、PD対応の充電器を使うとACよりも軽量で、どこでも充電できます。

※付属のAC以外の充電器は推奨されてはいません。

ぱそろぐま
ぱそろぐま
サイズも重量も持ち運びしやすいコンパクト設計なんだ!

液晶について

液晶サイズは「13.3インチ」で解像度は「フルHD(1920×1080)、さらに「液晶タッチ対応」です。

Inspiron 13 5000(5391) 液晶

液晶はフルHDなのでキレイでして、LTEモデルは非光沢ながら発色も良くかなり視認性が良いです。

※Wi-Fiモデルは光沢仕様

さらに、液晶のベゼル(画面縁)のみ白くなっています。これがまたカッコイイ。

ベゼルが狭いのもスマートでポイント高いです。

LTEモデルのみ液晶タッチ対応。

 

液晶タッチで操作する様子▼

Inspiron 13 5000(5391) 液晶タッチ
ぱそろぐま
ぱそろぐま
直感的に操作したり、メモや簡単なイラスト作成をしたりとノートPCの使用用途の幅が広がるね!

キーボードについて

Inspiron 13 5000(5391) キーボード
標準値 Inspiron 13 5000
キーピッチ
(キーとキーの間の距離)
約19mm 約19mm
キーストローク
(キーの押し込みの深さ)
約1.5mm 約1.2mm

癖がないキー配列、十分なキーピッチで非常に使いやすいキーボードです。

打ち心地は軽めでして、個人的にはもう少し打ち返しが強いと心地よいかなというレベル。

ただ、右上に電源ボタンがあるのでバックスペースキーやデリートキーを押すときに間違えて押してしまうことがあるかもしれません。

ぱそろぐま
ぱそろぐま
キーボード下段のキーだけ小さいことが多いけどこれは他のキーとサイズが変わらず使いやすいんだ!

キーボードはバックライト搭載▼

Inspiron 13 5000(5391) バックライト
タッチパッドについて
Inspiron 13 5000(5391) タッチパッドの幅
種類 一体型
サイズ 約10.5cm

タッチパッドは一体型で滑らかな触り心地のためストレスフリーで使えます。

クリック音は「カチッ」と言う感じでちょうどよいです。

 

タッチパッドはもちろん、マウスジェスチャー対応。

Inspiron 13 5000(5391) タッチパッド操作

1本指でカーソルの移動やクリック
2本指でスクロールやピンチイン、アウト、右クリック
3本指でマルチタスク、デスクトップに戻る
4本指でデスクトップの切り替え等

Dell Inspiron 13 5000(5391)

Dell

インターフェースについて

Inspiron 13 5000(5391) 左インターフェース

Inspiron 13 5000(5391) LTEモデル 左側面

  1. 電源ケーブル
  2. HDMI
  3. USB 3.1 Gen 1 Type C(DP/PowerDelivery対応)
  4. microSDカード リーダー

 

Inspiron 13 5000(5391) 右インターフェース

Inspiron 13 5000(5391) LTEモデル 右側面

  1. SIMポート
  2. オーディオ ジャック
  3. USB 3.1 Gen

Inspiron 13 5000のインターフェースはHDMIがあり使いやすいですが、USB-Aポートが1つだけなので、もう一つ欲しかったところではあります。

ぱそろぐま
ぱそろぐま
必要最低限は揃っているといったところだね!

 

Inspiron 13 5000(5391) LTE SIM挿入

LTEモデルの場合はSIMカードを入れるポートもあります。

Dell Inspiron 13 5000(5391)

Dell

Inspiron 13 5000(5391)の各種性能テスト(ベンチマーク)

CPU性能

計測ソフト :「CINEBENCH」
Inspiron 13 5000(5391) CINEベンチ

結果をみると、CPU性能はまあまあと言ったところ。普段使いや画像加工程度であればしっかりとパフォーマンスを発揮してくれます。

ストレージ性能

計測ソフト :「CyristalDiskMark」

SSDの読み書きの速度を計測。

Inspiron 13 5000(5391) SSDベンチマーク

SSDは【1745】と高速ですのでファイルの送受信や起動などスムーズです。

ゲーム環境ベンチマーク

DQX ベンチマーク
Inspiron 13 5000(5391) DQXベンチマーク
FF14 ベンチマーク
Inspiron 13 5000(5391) FF14ベンチマーク

計測は解像度「1920×1080(フルHD)」、品質設定は「標準」で行いました。

軽量級のドラクエXはまだ遊べるものの、中量級のFF14になると厳しくなります。

ゲームで遊ぶとしたら軽めのゲームになります。

Core i5以上のスペックであればAdobeを使って画像加工や簡単な動画編集もできるので、マルチに使いたいならCore i5以上を選択しましょう!

ぱそろぐま
ぱそろぐま
Youtubeなど動画編集を本格的にやりたい人は最上位のCore i7モデルがおすすめ。

広告

Inspiron 13 5000のラインナップ

通信 CPU メモリー ストレージ 価格(税込)
Wi-Fi Core i3~ 4GB~ 128GB SSD~ 65,980円~
Wi-FI+LTE Core i5 8GB 256GB SSD 114,980円

Wi-Fiモデルであれば6万円台から購入することができてコスパは抜群。

一般的な用途(Office)など使用するくらいであれば一番安いモデルでも十分です。SSDはPCIe接続で高速ですしね。

画像加工や動画編集までしたいという方はグレードをあげましょう。

LTEモデルのラインナップは【Core i5/8GB/256GB SSD】のみになります。

ぱそろぐま
ぱそろぐま
LTEモデルはSIMカードを差し込めばどこでもネットに接続できて便利なモデルなんだ!
Dell Inspiron 13 5000(5391)

Dell

Inspiron 13 5000(5391) 実機レビュー まとめ

本記事では《【Dell Inspiron 13 5000(5391) レビュー】コスパ抜群!LTEモデルも選べるモバイルノートPC》についてまとめてきました。

ぱそろぐま
ぱそろぐま
コスパも使いやすさも優れているから初心者にもピッタリだね

本記事は以上です!公式サイトでさらに魅力をチェックしてみてくださいね。

Dell Inspiron 13 5000(5391)

Dell

Dellおすすめモデルはこちらをチェック!
【Dell】人気・おすすめのノートパソコンと選び方のポイントを紹介【比較 | セール情報有り】
【Dell】人気でおすすめのノートPCと選び方のポイントを紹介【評判・評価・口コミ有り】コスパ抜群で人気の【Dell】のノートPCを徹底紹介!スペックやおすすめポイントを各モデル毎にやさしくまとめています。...
Amazonでお得に買い物する裏技
Amazonギフト券チャージでお得に買い物!

Amazonで買い物をするときはギフト券にチャージ(入金)をすると、最大2.5%ポイントがもらえるのでお得に買い物ができます。

▼お得に賢く買い物しよう!▼

Amazonギフト券公式サイトをみる