Apple

2019版 | iPad9.7インチに本当におすすめなワイヤレスキーボード8選【持ち運びOK】

2019版 | iPad9.7インチに本当におすすめなワイヤレスキーボード8選【持ち運びOK】
ぱそろぐま
ぱそろぐま
9.7インチのiPadを買ったからキーボードが欲しいんだけど、どんなのがいいんだろう…?

↑本記事ではこんな疑問にアンサーしていきます!

 

言わずと知れたApple製品の「iPad」ですが、キーボードがあるとノートパソコンのように使うことが出来るので利便性がグンッと増します!

こんな人にキーボードはおすすめ
  • ブロガーやライターの方
  • 会社でiPadを使い議事録などメモを多くとる方
  • メールやチャットワークでのやり取りが多い方
  • OFFICEを使う用途がある方
ぱそろぐま
ぱそろぐま
iPadには他にもiPad ProやiPad miniがあるけれど、本記事はiPad 9.7インチモデルに絞って紹介していくよ!

それでは《2019版 | iPad9.7インチに本当におすすめなワイヤレスキーボード8選【持ち運びOK》について書いていきます。

iPadにキーボードって必要?

ぶっちゃけ「タブレット」としての用途でしか使わないのであればキーボードは要りません。

ちょっとした調べものをしたり、動画を見たり、イラストを描いたりする分にはキーボードが無くても問題ないですしね!

結論:ビジネスユースをしない限りはあまり必要にはならないでしょう。

ぱそろぐま
ぱそろぐま
逆にiPadをビジネスで使う方や文章を多く書く人は必須!

液晶のキーボードで本格的な作業はできませんからね。それと、ショートカットキーも使えるようになることも大きいです。

文章を書くのであればiPadにキーボードがないとお話になりません(*_*)

iPadキーボードの選び方

ぱそろぐま
ぱそろぐま
ここでは、iPadのキーボードをどんな基準で選べばいいか紹介していくよ!

接続方法で選ぶ

キーボードの接続方法は下記の2つがあります。

  1. 有線接続
  2. Bluetooth接続

それぞれのメリット・デメリットはこちら▼

接続方法メリットデメリット
有線接続動作が安定する
充電の必要がない
設定不要
ケーブルが邪魔
ポートを使う
Bluetooth接続ケーブルがないからスッキリ充電・電池交換が必要

どちらも一長一短ではありますが、Bluetooth接続のほうが見た目がスッキリするので好まれる傾向があります。

ただ、有線接続はケーブルを繋ぐだけで使える簡単さや本体から電力を供給するので充電が不要など、面倒なことがないというのも魅力ではあります。

ぱそろぐま
ぱそろぐま
好みで選ぶと良いよー

キーボードのタイプで選ぶ

キーボードのタイプは下記の3タイプがあります。

  • キーボード単体
  • カバータイプ
  • ノートPCタイプ

それぞれのメリット・デメリットはこちら▼

タイプメリットデメリット
キーボード単体(大きめ)使い勝手が抜群
好きなカバーをつけれる
持ち運びに難あり
キーボード単体(小さめ)持ち運びやすい
好きなカバーをつけれる
タイピング慣れが必要
カバータイプ携帯性が高い安定感が若干低い
ノートPCタイプ安定性・保護力が高い重くなる
携帯性が下がる

こちらも一長一短ですが、常にキーボードを使いたい方はカバータイプがおすすめでして、通常のカバーにプラスでキーボードがついているような感じなので携帯性が高いです。

ただ、カバータイプは素材的に机の上などで作業しないと安定しないものが多いので、膝の上に載せて作業するなどは、「ノートPCタイプ」が安定するのでおすすめです。

iPadにおすすめなキーボード【単体3選】

Anker : ウルトラスリム Bluetoothキーボード

Anker : ウルトラスリム Bluetoothキーボード
おすすめポイント
  • 高いデザイン性
  • コンパクトな筐体
  • 軽量

AnkerのウルトラスリムBluetoothキーボードは清潔感のあるホワイトでiPadとの親和性が高く、デザイン性に優れています。

また、約200gと軽量な点も魅力。ただ、従来のキーボードの約3分の2の大きさとは言えど幅があるので持ち運ぶのであれば、キーボードが入る鞄が必要でしょう。

癖が無く使いやすい打鍵感が特徴で、価格も安くコスパに優れています。

Anker ウルトラスリムのスペック
サイズ奥12×幅28.5cm重量約200g
タイプBluetooth連続使用時間3カ月以上
(単四電池使用)

Logicool : K480WH Bluetoothスタンド付きキーボード

Logicool : K480WH Bluetoothスタンド付きキーボード
おすすめポイント
  • スタンド付き
  • 簡単ペアリング
  • 電池交換最長2年不要

LogicoolのK480WH Bluetoothキーボードは、スタンド機能がついているのでスマホやiPadを立てかけての使用ができます。

Logicool製だけあり、しっかりとした作りが特徴です。

キーは丸みを帯びているので【打ちやすいのかな?】と思う人もいると思いますが、丸くても特に違和感なく打てますよ!

重量が815gあるので、家やオフィスに据え置いて使うのがベター。

Logicool K480WH キーボードのスペック
サイズ299 × 195 × 20mm重量約815g
タイプBluetooth連続使用時間最長2年
(単四電池2本使用)

iClever : BluetoothキーボードIC-BK06

iCleverとiPhone比較
おすすめポイント
  • 軽量
  • コンパクト
  • USB充電式

iClever BluetoothキーボードIC-BK06は実際に私が使っているキーボードで非常にコンパクトで軽量なので抜群の携帯性。

iClever keybord IC-BK06

V字に開けたキーボードが特徴的で、タイピングしやすく腕が疲れにくくなっています。

ぱそろぐま
ぱそろぐま
1回充電すれば60時間稼働するので、頻繁に充電する必要がない所も嬉しいポイント!
iClever Bluetoothキーボードのスペック
サイズ33 x 0.5 x 12 cm重量約174g
タイプBluetooth連続使用時間60時間
(USB給電)
【iClever BluetoothキーボードIC-BK06 レビュー】折りたためて軽量、打ち心地抜群
【iClever BluetoothキーボードIC-BK06 レビュー】折りたためて軽量、打ち心地抜群どうも、出先でも気軽にブログ更新をしたいと思いスマホ・タブレットで使えるBluetooth(ワイヤレス)キーボードを購入したいざちです。...

iPadにおすすめなキーボード【カバータイプ3選】

SUKEBON : 着脱式 Bluetoothキーボードケース

SUKEBON : 着脱式 Bluetoothキーボードケース
おすすめポイント
  • キーボード着脱可能
  • 3段階で角度調整
  • タッチペン収納可能

SUKEBONのBluetoothキーボードは”Amazonベストセラー”にも選ばれ、使いやすくて人気。

角度調整・着脱式・オートスリーブ機能・タッチペン収納と必要なものは備えつつ、3,000円以下で購入できるのでコスパに優れています。

カバーはPUレザーを使用し、キーピッチも広めなのでタイピングもしやすいですよ!

SUKEBON Bluetoothキーボードケースのスペック
角度調整3段階重量649g
着脱連続使用時間約30日
(1日2.3時間使用時)
カラーブラック / ローズゴールド

TOPLIFE : 着脱式 7色LED Bluetoothキーボードケース

TOPLIFE : 着脱式 7色LED Bluetoothキーボードケース
おすすめポイント
  • キーボード着脱可能
  • 角度調整可能
  • タッチペン収納可能
  • 7色LEDバックライト

TOPLIFEのBluetoothキーボードは評判も良く、7色に光るLEDバックライトが綺麗です。

カバーには表面にTPUレザー、フレームにプラスチックが使われているので保護性が高いのが特徴。

キーボードは打ち込みやすいという評判が多いものの、重量に関してやや重いという意見も見られました。

ぱそろぐま
ぱそろぐま
機能的には満足!キーボードを使わないときは取り外して持ち運べばOK
TOPLIFE Bluetoothキーボードケースのスペック
角度調整重量839g
着脱連続使用時間60~90時間
カラーブラック / ブルー

coo : 着脱式 360度回転 Bluetoothキーボードケース

coo : 着脱式 360度回転 Bluetoothキーボードケース
おすすめポイント
  • キーボード着脱可能
  • 軽量
  • 液晶の向き360度
  • 角度調整可能

cooのBluetoothキーボードは超軽量でいて、縦型・横型どちらでも使うことが出来る便利なタイプ。

必要な機能は備えつつ、操作性・打鍵感も満足のいくものに仕上がっています。

カラーも全5色と豊富に取り揃えていて、価格も安くコスパが良いのが嬉しいです!

1点残念なポイントがタッチペンを収納できるところがないんですよね。そこだけ、ほんとそこだけ。

coo Bluetoothキーボードケースのスペック
角度調整重量500g
着脱連続使用時間約40時間
カラーブラック / ブルー / ローズゴールド / ローズレッド / 紺色

iPadにおすすめなキーボード【ノートPCタイプ2選】

Green Law : 360度回転 7色LED Bluetoothキーボードケース

Green Law : 360度回転 7色LED Bluetoothキーボードケース
おすすめポイント
  • 360度回転
  • 7色バックライトLED
  • 樹脂製カバー

Green LawのBluetoothキーボードケースは樹脂製カバーで高耐久さが特徴。しっかりと全面を保護してくれます。

さらに、Bluetoothによるキーボードの反応も良く打ち心地もgood!

価格はカバータイプより若干高い物の、ノートPCのように使いたいという方におすすめです。

Green Law Bluetoothキーボードケースのスペック
角度調整重量640g
バックライト連続使用時間
カラーティファニー / ゴールド / シルバー / パープル / ブラック / ローズ

dodocool : 着脱式 有線キーボードケース

dodocool : 着脱式 有線キーボードケース
おすすめポイント
  • 有線接続
  • 高耐久
  • 角度調整可能
  • タッチペン収納可能

dodocoolはこれまでのキーボードとは違い“有線接続タイプ”

キーボードとiPadをケーブルで繋ぐことで使うので、キーボードを充電する必要がありません。

ちなみに、それによるiPadのバッテリー消費も微々たるものです!

ケースもなかなかにいかつく耐久性に長けています。落としても全く問題が無かったとの口コミもあるくらい、タフです。

ただこちらはノートPCのように使えるのですが、膝に置いて使うのはヒンジと一体になっていないため難しいです。

dodocool Bluetoothキーボードケースのスペック
角度調整重量549g
バックライト連続使用時間
カラーブラック

iPad 9.7インチにおすすめのキーボードまとめ

本記事では《2019版 | iPad9.7インチに本当におすすめなワイヤレスキーボード8選【持ち運びOK】》についてまとめてきました。

iPadをMac bookのように文章を打てるようにしたい…!!という人は是非検討を購入してみてください。

やはり、タイピングをするのであればキーボードは必須ですからね(‘ω’)!

ぱそろぐま
ぱそろぐま
最後に本記事で紹介したキーボードをまとめて終わりにするよ!
おすすめのキーボード(単体)
おすすめのキーボード(カバータイプ)
おすすめのキーボード(ノートPCタイプ)

みんなの評価

12345 (まだ評価されていません)
読み込み中...

この記事が役に立ったら是非ポチってください!