ゲーミングキーボード

【Logicool G213 レビュー】エントリー向け!コスパ優秀ゲーミングキーボード『Amazonベストセラー1位』

Logicool G213 レビュー

Logicoolのゲーミングキーボードといえば比較的高価なイメージがありますが、LogicoolのG213はなんと約6000円で購入できます。

ぱそろぐま
ぱそろぐま
Logicoolのブランドをもって6000円のキーボード!?!?

Amazonのゲーミングキーボードカテゴリーではベストセラー1位を獲得している実力です。

今回は実際にG213を購入したのでレビューします。これからゲームをしていく人など入門用として非常におすすめです。

この記事でわかること
  • どんなスペック・特徴があるのか?
  • 商品を開封する様子や使用している様子
  • どんな人が使うべきなのか?

それでは《【Logicool G213 レビュー】エントリー向け!コスパ優秀ゲーミングキーボード『Amazonベストセラー1位』》について書いていきます。

G213のスペック

G213 全体
タイプ フルキーボード(メンブレン式)
配列 日本語
サイズ 3.3 x 45.21 x 21.79 cm
重量 1000g
キーピッチ 19mm
キーストローク 2.8±0.4mm
押下圧 27.0±20g
ライティング RGB:約1680万色
耐水性
接続方法 有線(USB2.0)
価格 6182円(2021年4月時点)

ぱそろぐま
ぱそろぐま
や、やすすぎる‥‥!

G213の特徴

特筆すべき特徴は以下の3つです。

G213の特徴
  • Logicoolブランド最安値キーボード
  • 6000円なのに付加価値モリモリ
  • 4倍高速レスポンス

Logicoolブランド最安値キーボード

G213の1番の特徴はLogicoolという世界的ブランドをもつ安心・安全のゲーミングキーボードを6000円という破格で購入できる点です。

もちろん、Logicoolのゲーミングキーボードの中では最安値です。

購入ハードルが低いので、入門用などとして購入する人が多く、Amazonベストセラー1位を獲得しています。

ちなみに、この価格を実現できている理由はメカニカル式ではなく価格がおさえられるメンブレン式だからです。

ゲーミングキーボードは打鍵感・打鍵音を楽しめるようにメカニカル式を採用しているものがほとんどですが、G213はゲーミングキーボードでありながらメンブレン式を採用しています。

そのため、打鍵感・打鍵音は一般的なゲーミングキーボードよりも少し劣りますが、約6000円までコストカットできたのです。

6000円なのに付加価値モリモリ

破格でありながらも、付加価値はかなり多いです。

G213の付加価値
  • メディアコントロールキー
  • ゲーミングモードオン / オフキー
  • G-HUB対応
  • 1680万色RGB
  • パームレスト

とモリモリの充実した機能がついています。

とくにメディアコントロールキーやパームレストは上位モデルにも含まれていないことが多く、6000円という価格でしっかりこのあたりをおさえてきたことは非常に評価できます。

4倍高速レスポンス|メカニカルキーボード並み

G213はメンブレン式ではありますが、メカニカル式のゲーミングキーボードになるべく近づけたLogicoolの努力が見られます。

一般的なメンブレン式より打鍵感は強化され、レスポンスについても約4倍の高速レスポンスです!

Logicoolのメカニカルキーボードと反応速度は同等のスピードを実現しています。

よくオフィスで見かける一般的で安価なメンブレン式キーボードよりも打鍵感やレスポンスは圧倒的に上回ります。

ちなみに、10個までのキー同時押しにも対応しています。

ぱそろぐま
ぱそろぐま
ただのメンブレン式ではない!

広告

G213の開封から使用まで

箱はいかにもLogicoolらしい色合いです。

G213 箱

さっそく開封してみます。

中身
  • 本物
  • 説明書
  • 保証書(2年)
G213 中身

Logicool製品によくおまけとして付属するステッカーがないのは少し残念。

本体の質感は6000円とは思えないです!

上位モデルのG910なんかと見た目や肌触りは似ていて、素材は強化プラスチック製です。

かな文字が印字されてなくて非常にカッコいいですね。

メディアコントロールボタンは右上にあります。

G213 メディアコントロール

裏面はこんな感じです。

G213 裏面

滑り止めのラバーがかなり広範囲です。

今まで見たキーボードの中でもここまでラバーがついてるのは珍しい!

これなら激しいタッチでもズレる心配はないです。

キーボードの傾斜も2段階で変えられるようになっています。

G213 傾斜

一般的には3段階のものが多いので、この点のアジャスト性は少々劣った感がありますね・・・

有線ケーブルは取り外し不可ですが、ケーブルそのものはよく曲がり、質感は非常によいです。

G213 ケーブル

フルキーボードでパームレストもあり見た目のサイズ感はありますが、実測値で1088gの重量。

G213 重さ

PCでLogicool製品の細かい設定ができるソフトウェアのG-HUBにも対応しているのでさっそく設定してみます。

まずはライティングを調整。

G213 G-HUB1

1680万色RGBはぴったり好みの色に光らせられるのでいいですね。

G213 ライティング

ちなみにですが、G-HUBがなくてもメディアコントロールキー左のライティング専用ボタン(太陽マーク)でライトのオン / オフができます。

さらに「ライティング専用ボタンを長押し」+「1〜5までの各数字キー」で光り方のパターンの変更が可能です。

数字キーを繰り返し押すことで色も変えられるので、G-HUBを使わなくてもライティングは自分好みにカスタマイズできます。

発色や光量については、G910などの上位モデルと比較するとやや弱いのは残念ですね・・・

ぱそろぐま
ぱそろぐま
この価格でRGBライティングがあるだけでもよしとしよう!

続いてキーの割り当てを設定します。

G213 G-HUB2

上位モデルでよく見られる割り当て専用のGキーはなく、Fキーに割り当てていく仕様となっています。

この辺りはG610と同じですね。

写真には載せてませんが、このほかにもゲーミングモードの設定もでき、ゲームに使用しないキーを登録しておくことで誤爆を防げます。

ぱそろぐま
ぱそろぐま
これは超重要!

ライティング専用ボタンの左にゲーミングモードボタンがあり、これを押すことでゲーミングモードのオン / オフを切り替えられます。

ゲーミングモードの切替ボタンは、それだけでも購入価値があるくらい本当に便利です!

設定が終わったので、実際に使用していきます。

G213 使用感2 G213 使用感1

打鍵感・打鍵音についてはやっぱりメンブレン式の感じが残っているのが正直な感想。

音はカチカチ!というよりスコスコ!という感じで、静音性は高いですが普段メカニカルキーボード(とくに青軸)を使っている人には少し物足りないかもしれません。

しかし、Logicoolの努力によって一般的なメンブレン式よりはメカニカルに近い感覚になっています。

ぱそろぐま
ぱそろぐま
メンブレン式とメカニカル式の中間的な打鍵感と打鍵音!

打鍵感・打鍵音にとくにこだわらないなら十分といったところです。

キータッチは軽く、反応速度もゲームをするには申し分ないです。

ボイスチャットをする人にも静音性が高いので向いているといえます。

意外と使ってみて嬉しいのが、パームレストでした。

G213 使用感3

プラスチックで最初は少し固さを感じましたが、長時間使用しても手首が全然疲れなかったので実用性は高いです。

ちなみに、G512など少し上位のものでもパームレストはついていないものが多いです。

トータルで見ると、十分値段以上の商品といえます!

G213はどんな人におすすめ?

G213は以下のような人におすすめできます。

G213がおすすめな人
  • ゲーミングキーボードを初めて購入する人
  • ゲームも仕事もできるコスパの良いキーボードを探してる人

ゲーミングキーボードを初めて購入する人

G213は安価で機能が充実しているため、「ゲームを始め、ゲーミングキーボードを試してみたい!」といった人に入門用として非常におすすめです。

メンブレン式の安価なキーボードを今使っているなら、間違えなくゲーミングの打鍵感や機能に満足でます。

逆に、すでにメカニカル式のゲーミングキーボードを使っている場合は改めてG213を購入する必要はないかもしれません。

完全に初心者用といったところです。

ただ、安価な中華製キーボードを今使っているならLogicoolというブランドを求めて購入するのはアリだと思います。

仕事もゲームもできるコスパの良いキーボードを探してる人

ゲームでも申し分なく使用できますが、フルキーボードなので仕事用にも満足して使えます。

「ゲームはたまにしかしないけど、仕事にも使えるキーボードが欲しい!」といった人にはニーズがマッチします。

メディアコントロールキーはYouTube動画や映画を見たりするときにも便利で、ゲームに限らず幅広い用途で使えます。

「いいキーボードで仕事がしたい!」と思ったら価格的にもちょうどよいですよ。

G213 レビューまとめ

この記事では《【Logicool G213 レビュー】エントリー向け!コスパ優秀ゲーミングキーボード『Amazonベストセラー1位』》についてまとめてきました。

ここにタイトルを入力
  • Logicool最安値のゲーミングキーボードで、Amazonベストセラー1位を獲得。約6000円とは思えない付加価値モリモリのキーボード
  • メンブレン式である点や、発光が少し弱い点、パームレストが固い点は人によっては気になるデメリット
  • 初めてゲーミングキーボードを買う人や、仕事でいいキーボードを使いたい人にはおすすめ
Amazonでお得に買い物する裏技
Amazonギフト券チャージでお得に買い物!

Amazonで買い物をするときはギフト券にチャージ(入金)をすると、最大2.5%ポイントがもらえるのでお得に買い物ができます。

▼お得に賢く買い物しよう!▼

Amazonギフト券公式サイトをみる