ゲーミングデバイス

Nintendo Switchのゲーム実況・配信におすすめのキャプチャ―ボード【2020版】

Nintendo Switchのゲーム実況・配信におすすめのキャプチャ―ボード【2020版】

この記事ではNintendo Switchでのゲーム実況・配信におすすめのキャプチャ―ボードを紹介していきます。

大人気の「大乱闘スマッシュブラザーズ」「あつまれどうぶつの森」「スプラトゥーン」などのゲーム動画を録画して配信したり、生放送したい人は必見です。

ぱそろぐま
ぱそろぐま
Switchでの配信はキャプボが必須だからね!

キャプボの種類がいっぱいありすぎてどれを選べばいいかわからないという人はぜひ、ご覧ください。

それでは《Nintendo Switchのゲーム実況・配信におすすめのキャプチャ―ボード【2020版】》について書いていきます。

Switchの配信にキャプチャ―ボードが必須な理由

キャプチャ―ボードとは何かを簡潔に言うと、「ゲームの実況や配信に必要な機材で、テレビの画面をパソコンに映して録画やライブ配信ができるようにするために必要な物」です。

ただ、PCゲームはもともとパソコンで行っているので必要ありませんし、PS4も本体に配信機能が搭載されているので必須ではありません。

しかし、Switchは録画機能がついているものの制限時間が30秒と短いのでゲーム配信をするのであればキャプボは必須となります。

デバイス別キャプボ配信方法・必要度
録画・配信方法 必要度
パソコン PCソフトでOK
PS4 本体の機能でも可能
Switch 30秒のみ録画可能
iPhone 専用アプリで配信は可能

内蔵型キャプボと外付型キャプボについて

キャプチャ―ボードには内蔵型と外付型の2タイプが存在しますが、メジャーなのは「外付型」です。

まずは2タイプそれぞれの接続の仕組みについて解説していきます。

キャプチャ―ボードを使った配信の仕組み

内蔵型キャプチャ―ボードの接続
内蔵型キャプチャ―ボードの接続
  1. デスクトップパソコン本体に内蔵型キャプチャ―ボードを取り付ける
  2. 内蔵型キャプチャ―ボードとゲーム機をHDMIで繋ぐ
外付型キャプチャ―ボードの接続
外付型キャプチャ―ボードの接続
  1. パソコンと外付型キャプチャ―ボードをUSBケーブルで繋ぐ
  2. 外付け型キャプチャ―ボードとゲーム機をHDMIで繋ぐ

メリット・デメリット

それでは、内蔵型キャプチャ―ボードと外付型キャプチャ―ボードのそれぞれのメリット・デメリットを紹介します。

内蔵型 外付型
メリット
  • PCタワー内部に取り付けるのでスッキリ
  • USBケーブルが不要
  • 外付けタイプより安定感がある
  • ノートPCでも使える
  • USBでサクッと接続できる
  • ラインナップが豊富
デメリット
  • 最初にタワー内部に取り付けが必要
  • デスクトップPCでしか使えない
  • ラインナップが少なめ
  • USBケーブルが邪魔
  • 内蔵型より安定性に欠ける

デスクトップパソコンを使っていて、「PCI-Expスロット」に空きがある人は「内蔵型」がおすすめでして、見た目もスッキリして遅延も最小限に抑えられて安定します。

内蔵型の場合は少し知識が必要になり、分解をする必要があるので、パソコンにあまり慣れてない人やノートパソコンを使っている人は「外付型」を選ぶようにしましょう。

ぱそろぐま
ぱそろぐま
外付型だったらどんなパソコンでも使えるメリットもあり、初心者にもおすすめ

広告

Switchの配信にはパソコンも必須

キャプボ ゲーミングPC

基本的にキャプボを使った配信にはパソコンも必要になります。ゲームの画面をパソコンに映して録画や生配信を行うためですね。

基本的にはというのは、パソコンがいらないキャプボも存在しますが録画のみしかできず生配信はできませんという意味です。

配信には、一般で使うよりもよりスペックの高いパソコンが必要です。配信は負荷がかかりますし、ゲームをするにあたり重い処理に耐えうる機体はもはや必須。

上記の面から、配信用のおすすめはゲーミングPCになります。

メーカーは「ドスパラ」「マウスコンピューター」「パソコン工房」当たりを選ぶのが鉄板です。

基本的にはデスクトップゲーミングPCのほうがコスパは良いですが、ゲーミングノートPCでもスペックは十分ですので、お手軽にパソコンを扱いたい人はノートがおすすめです。

関連記事 : 初心者、中級者、上級者別におすすめのゲーミングノートPCを紹介

Switchにおすすめの外付型キャプチャ―ボード

I-O DATA GV-USB3

I-O DATA GV-USB3
I-O DATA GV-USB3の概要
タイプ 外付型 エンコード方式 ソフトウェアエンコード
パススルー あり 対応解像度 1080p
フレームレート 60fps 価格帯 約1.5万円

「I-O DATA GV-USB3」は非常にコスパが良く人気のキャプボです。

性能面で言えば、パススルー機能対応、フルHD60fpsで録画可能と言うことなし。

ワイプ付きの実況動画なども作成ができて便利です。

4Kに対応していないですが、もともとSwitch自体4K非対応なので問題ありません。

ぱそろぐま
ぱそろぐま
Switch目的のキャプボなら最高のコスパと言えるよ!

Elgato Game Capture HD60 S

Elgato Game Capture HD60 S
Elgato Game Capture HD60 Sの概要
タイプ 外付型 エンコード方式 ソフトウェアエンコード
パススルー あり 対応解像度 1080p
フレームレート 60fps 価格帯 2万円以下

「HD60 S」はゲーム実況界で有名なキャプボでして、Elgato製ということもあり根強い人気があります。

「ライブ配信機能」がついていて初心者でも安心。

パススルー機能も搭載されており、使い勝手も良いのでおすすめです。

ぱそろぐま
ぱそろぐま
コスパ・信頼度重視ならElgatoがおすすめ

AverMedia LIVE GAMER EXTREAME2 GC550 PLUS

AverMedia LIVE GAMER EXTREAME2 GC550 PLUS
AverMedia LIVE GAMER EXTREAME2 GC550 PLUSの概要
タイプ 外付型 エンコード方式 ソフトウェアエンコード
パススルー あり
4Kパススルー機能
対応解像度 1080p
フレームレート 60fps 価格帯 2万円台

GC550はゲーム実況界では真っ先に名前があがるほど有名で、多くの人が使用するキャプチャ―ボードです。

ライブ配信機能がついており、簡単に生放送ができるので初心者にも機能面でかなり扱いやすいです。

他のキャプボよりやや価格が高い側面はあるものの、多機能で使い方も簡単、4Kパススルー機能もついて高機能です。

動画編集ソフトの「PowerDirector 15」が付属されているのも初心者にとっては大きなメリットになります。

ぱそろぐま
ぱそろぐま
Switch以外でも使う場合はこのキャプボで間違いなし!

広告

Swichにおすすめの内蔵型キャプチャ―ボード

AverMedia LIVE GAMER HD 2 C988

AverMedia LIVE GAMER HD 2 C988
AverMedia LIVE GAMER HD 2 C988の概要
タイプ 内蔵型 エンコード方式 ソフトウェアエンコード
パススルー あり 対応解像度 1080p
フレームレート 60fps 価格帯 2万円台

キャプボは外付型は主流とは言え、内蔵型も需要があります。

そんな中でおすすめなのが「C988」でして、録画・配信ソフトのRECentralが付属されており、使いやすく仕上がっています。

性能や価格のバランスが良く内蔵型のキャプボでは非常に人気です。

ぱそろぐま
ぱそろぐま
内蔵型キャプボで迷ったらコレがおすすめ!

Elgato Game Capture HD60 Pro

Elgato Game Capture HD60 Pro
Elgato Game Capture HD60 Proの概要
タイプ 内蔵型 エンコード方式 ハードウェアエンコード
パススルー あり 対応解像度 1080p
フレームレート 60fps 価格帯 2万円台

内蔵型でもう1つ人気があり有名なのが「HD60 Pro」です。

エンコード方式がハードウェアエンコードですが、インスタートゲームビュー機能という遅延低減機能が搭載されているため、遅延が気になりません。

内蔵型ではおすすめですが、外付型で良いのであれば価格もお手頃な「HD60 S」が良いでしょう。

Switchにおすすめのキャプチャ―ボード まとめ

この記事では《Nintendo Switchのゲーム実況・配信におすすめのキャプチャ―ボード【2020版】》についてまとめてきました。

Switchには多くの人気タイトルがあり、実況配信をしたい人も多いと思います。

初心者でも簡単にキャプチャ―ボードを使って録画や配信ができますので、ぜひ自分のプレイを配信してみてくださいね。

おすすめの外付型キャプボ
おすすめの内蔵型キャプボ

関連記事 : キャプチャボードのおすすめと選び方を徹底解説【ゲーム配信初心者必見】

Amazonでお得に買い物する裏技
Amazonギフト券チャージでお得に買い物!

Amazonで買い物をするときはギフト券にチャージ(入金)をすると、最大2.5%ポイントがもらえるのでお得に買い物ができます。

▼お得に賢く買い物しよう!▼

Amazonギフト券公式サイトをみる