ドスパラ

【raytrek A4-A レビュー】軽量スリムな14インチクリエイターノートPC

【raytrek A4-A レビュー】軽量スリムなクリエイターノートPC

【raytrek A4-A】は14型で軽量ながらパワフルな性能が魅力的なクリエイターノートPCです。

ぱそろぐま
ぱそろぐま
色域もsRGBカバー率99%の広色域ディスプレイなんだ!

この記事では『raytrek A4-A』について、下記のことがわかります。

  • どんな性能でどこまでのクリエイティブで使えるのか
  • どんな人におすすめなのか
  • 見た目や使いやすさについて

▼本記事でレビューするraytrek A4-Aの基本スペック▼

サイズ 14インチ CPU Core i7-12700H
メモリ 16GB ストレージ 500GB NVMe SSD
グラフィックス インテル Iris Xe

それでは《【raytrek A4-A レビュー】軽量スリムな14インチクリエイターノートPCについて書いていきます。

raytrek A4-A
THIRDWAVE

raytrek A4-Aのココに注目!

注目ポイント
raytrek A4-Aの注目ポイント
  • Core i7-12700H搭載
  • sRGBカバー率99%
  • 豊富なインターフェース
  • 軽量(約1.3kg)
  • 翌日出荷対応モデル

そんな上記のポイントを考えると、こんな目的・用途で探している方におすすめのパソコンです。

こんな人におすすめ
  • WEBコンテンツ制作をしたい
  • RAW現像をしたい
  • 持ち運びを楽にしたい
  • 軽めの動画編集もしたい

グラフィックスは内蔵グラフィックスのIris Xeですので、本格的に動画を編集したい人やゲームも遊びたいという人に向けたモデルではありません。

ぱそろぐま
ぱそろぐま
翌日出荷対応だから頼んですぐ届くのも嬉しいポイント!

続いて、raytrek A4-Aの「スペック・デザイン・使用感」など実機レビューをしていきます。

raytrek A4-A
THIRDWAVE

raytrek A4-Aのスペック

ぱそろぐま
ぱそろぐま
raytrek A4-Aのスペックを紹介するよ!
スペック表
製品名 raytrek A4-A
CPU Core i7-12700H
メモリー 16GB
ストレージ 500GB NVMe SSD
グラフィックス インテル Iris Xe
サイズ 314(幅) × 220(奥行) × 18(高さ[前])、20(高さ[後]) mm
重量 約 1.3kg
液晶 14インチ WUXGA液晶(1920×1200ドット表示)
ノングレア(非光沢),60Hz
バッテリー持ち 約6.8時間
インターフェース Thunderbolt 4 x1
USB-TypeC 3.2(Gen2) x1 (DP1.4対応/PD対応)
USB3.2-TypeA Gen1 x2
音声入出力端子(3.5mm(CTIA)ジャック)
HDMI2.0 x1

raytrek A4-Aの性能と用途

用途 評価コメント 総合評価
趣味 動画視聴やブラウジングはスムーズで快適
Office Office作業はストレス無く快適
Adobe系 PS,AI,DWではストレスを感じない
色域も広い
動画編集 軽めの編集は可能
ゲーム 軽めのゲームは可能
リフレッシュレート60Hz
raytrek A4-A
THIRDWAVE

raytrek A4-Aの外観について

天面は「raytrek」のロゴのみ。

ボディはサラッとしており高品質でブラックの存在感がカッコイイです。

 

底面には上下左右にゴム足、左右下部にスピーカーがあります。

スピーカーの音質は、柔らかくシャカシャカ感も少なく非常に聞きやすいです。

バランス良くまとまっているなという印象。

 

raytrek A4-Aを横から見るとこんな感じ

最薄部が1.8cmとクリエイターPCとは思えないほどスリムな仕上がり。

鞄にいれてもかさばりません。

raytrek A4-A
THIRDWAVE

raytrek A4-Aのサイズ・重量について

サイズは「314(幅) × 220(奥行) × 18(高さ[前])、20(高さ[後]) mm」

A4ノートと比較▼

A4サイズより若干大きいですが、このくらいであればA4サイズが入る鞄であれば入るでしょう。

 

重量は公式では約1.3kg、実測では「1.314kg」でした。

クリエイターノートPCとしては非常に軽量。グラフィックスが内蔵なことも軽い要因となっていますね。

約1.3kgであれば日常的な持ち運びも苦にならないレベルですので、ビジネスマンや大学生でも使いやすいモデルとなっています。

ぱそろぐま
ぱそろぐま
パソコンでビジネス以上のことができるスペックだから長く使えるよ!

 

ACアダプターは実測で「491g」

raytrek A4-Aの最大駆動時間は約6.8時間とバッテリー持ちは長くはないですが、AC充電器を持ち運ぶと結構な重さになってしまいます。

そこで、USB PD対応の充電器や大容量モバイルバッテリーを持っていくことをおすすめします。

これで給電問題は解決します。

raytrek A4-A
THIRDWAVE

raytrek A4-Aの液晶について

液晶サイズは「14インチ」で解像度は「WUXGA(1920×1200)

液晶はフルHDを超えるWUXGA画質なので綺麗。ノングレアタイプなので、光の映り込みも特に気になりません。

液晶リフレッシュレートは60Hzとなっています。

リフレッシュレートの参考イメージ▼

リフレッシュレート

リフレッシュレートが高いほど基本的にはヌルヌル動きます。

こちらはFPSなどのゲームをするときに重要になるポイントですがクリエイティブ目的だけであれば特に気にしなくても良いです。

液晶のベゼル(額縁)はナローベゼルデザイン(額縁狭)で約5.5mmと非常にスリム。

そのため、スタイリッシュで没入感も高いです。画面がかなり広く感じますよ!

ぱそろぐま
ぱそろぐま
ベゼルが狭いことでコンパクトさもアップしているんだ

raytrek A4-Aのキーボードについて

キーボードはキー配列に癖がなく使いやすいです。

タイピングはキーの反発が強めなのでサクサクと打て、タイピング音は「トコッ」と鳴り打鍵感があります。

ぱそろぐま
ぱそろぐま
キーボードのタイプ感が良い!
タッチパッドについて
種類 一体型
サイズ 約13.4cm

タッチパッドは一体型で縦にも横に広さは十分。

クリック感はしっかりめで、クリック音は「トコッ」と音がなります。

タッチパッドの操作感は、サラツヤしており、滑らかながらしっかりと止めが効きます。感度も良好。

タッチパッドはダブルタップでON/OFFの切り替えが可能となっています。

ぱそろぐま
ぱそろぐま
マウスが無くてもマウスパッドで操作が十分なレベル!

タッチパッドはもちろん、マウスジェスチャー対応です。

1本指でカーソルの移動やクリック
2本指でスクロールやピンチイン、アウト、右クリック
3本指でマルチタスク、デスクトップに戻る
4本指でデスクトップの切り替え等

raytrek A4-A
THIRDWAVE

raytrek A4-Aのインターフェースについて

【raytrek A4-A 左側面】

  1. セキュリティスロット
  2. USB3.2 Gen2 Type-C(DP1.4対応)
  3. USB3.2 Gen1 Type-A
  4. SDカードリーダ
  5. マイク入力・ヘッドフォン出力 共用端子

 

【raytrek A4-A 右側面】

  1. Thunderbolt 4(USB Type-C)
  2. USB3.2 Gen1 Type-A
  3. HDMI2.0 Type A
  4. 電源入力

インターフェースはThunderbolt 4も搭載していますし、HDMIも搭載しているのでモニターに接続して複数画面での作業が可能です。

クリエイターにとって必要なインターフェースが揃っています。

raytrek A4-A
THIRDWAVE

広告

raytrek A4-Aの各種性能テスト(ベンチマーク)

CPU性能計測

計測ソフト :「CINEBENCH」

CPUの計測をしました。搭載CPUは『Core i7-12700H』

ストレージ性能計測

計測ソフト :「CrystalDiskMark」

SSDの読み書きの速度を計測しました。SSDはNVMe対応で高速でして、パソコンやアプリの起動やインストールでストレスは感じません。

またGen4のカスタマイズも可能なモデルあり、さらに高速化が出来ます。

グラフィック性能計測

計測ソフト :「GPU-Z」
計測ソフト :「3DMARK:Time Spy」

ゲーム環境ベンチマーク

DQX ベンチマーク

ドラゴンクエストXでのプレイ環境を計測。

【計測環境】

  • グラフィックス : 標準品質
  • 解像度 : 1920 × 1080
FF14 ベンチマーク

FF14でのプレイ環境を計測。

【計測環境】

  • グラフィックス : 標準品質
  • 解像度 : 1920 × 1080

ゲーム環境のベンチマークは全て「標準品質」の「解像度1920×1080」で行いました。

専用グラフィックスを搭載していない本機では軽めのDQXで遊ぶなら可能ですがFF14やFF15を快適にプレイするとなると厳しくなります。

FPSに関してもリフレッシュレートが60Hzですのでゲームをメインでしたい人はTHIRDWAVEから販売されている「GALLERIA」から選ぶと良いですよ。

raytrek A4-A
THIRDWAVE

raytrek A4-A 実機レビュー まとめ

本記事では《【raytrek A4-A レビュー】軽量スリムな14インチクリエイターノートPC》についてまとめてきました。

本記事は以上です!公式サイトでさらにraytrek A4-Aの魅力をチェックしてみてくださいね。

raytrek A4-A
THIRDWAVE

ABOUT ME
パソログ編集部
パソコン・周辺機器の情報を発信しています。
Amazonでお得に買い物する裏技
Amazonギフト券チャージでお得に買い物!

Amazonで買い物をするときはギフト券にチャージ(入金)をすると、最大2.5%ポイントがもらえるのでお得に買い物ができます。

▼お得に賢く買い物しよう!▼

Amazonギフト券公式サイトをみる