ドスパラ

【THIRDWAVE DX-T7 レビュー】一般用途は全部これでOKなスタンダードノート【税込10万円台】

THIRD WAVE DX-T7 レビュー

ドスパラで販売されているTHIRDWAVE【DX-T7】は15.6型でコスパ抜群のスタンダードノートPCです。

基本スペックが高いのでYoutubeなどの動画編集も行えますし、もちろん一般用途であればストレス無く扱うことができます。

ぱそろぐま
ぱそろぐま
本格的なクリエイティブワークやゲーム以外はこれでOK!
DX-T7の全体像

▼本記事でレビューするDX-T7の基本スペック▼

サイズ 15.6インチ CPU Core i7-1165G7
メモリ 16GB ストレージ 512GB NVMe SSD

それでは《【THIRDWAVE DX-T7 レビュー】一般用途は全部これでOKなスタンダードノート【税込10万円台】》について書いていきます。

THIRDWAVE DX-T7
THIRDWAVE

DX-T7のココに注目!

注目ポイント

DX-T7の注目ポイントはこちら▼

  • 15.6型と作業のしやすいスタンダードノートPC
  • 薄型軽量(約1.58kg)
  • 基本スペックが高い
  • 税込10万円台

上記のポイントを考えると、こんな目的・用途で探している方におすすめのパソコンです。

こんな人におすすめ
  • 初心者でどんなPCを買えばいいか迷っている人
  • 家の中で趣味用途や作業で使う人
  • 会社でofficeなどの作業で使う人
  • 持ち運ぶ用途もある人
  • テレワーカー
  • Youtubeなど軽めの編集をする人
ぱそろぐま
ぱそろぐま
スタンダードノートながら軽量だから持ち運びもしやすいね!

続いて、DX-T7の「スペック・デザイン・使用感」など実機レビューをしていきます。

THIRDWAVE DX-T7
THIRDWAVE

DX-T7のスペック

DX-T7の全体像
ぱそろぐま
ぱそろぐま
DX-T7のスペックを紹介するよ!
スペック表
製品名 DX-T7
CPU Core i7-1165G7
メモリー 16GB
ストレージ 512GB NVMe SSD(増設可能)
サイズ 362.2(幅)×247.1(奥行き)×19.5(高さ) mm
重量 約 1.58kg
液晶 15.6インチ フルHD(1,920×1,080)
ノングレア(非光沢)
バッテリー持ち 約8.8時間
インターフェース USB 3.2 Gen2 (Type-A) x2
USB3.2 Gen2 (Type-C) x1
HDMI x1
マイク入力・ヘッドフォン出力 共用端子x1
micro SDメモリーカード ×1
LANポート x1

DX-T7の性能と用途

用途 評価コメント 総合評価
趣味 動画視聴やブラウジングはスムーズ
Office Office作業でカクつきは特にない
Adobe系 開きすぎると多少もたつく
動画編集 ライトな編集はOK
ゲーム 基本的にブラウザゲームや
軽量なゲームのみ
ぱそろぐま
ぱそろぐま
趣味・一般的なビジネス用途なら問題なく使える性能!

広告

DX-T7の外観について

天面は特に何もなく、無骨な印象。

DX-T7の天面

触るとサラサラながらツヤッとしていて指紋もつきにくいので清潔さを保てます。

ただ価格が抑えられている分、質感やデザインはそれなりと言ったところ。

 

底面には、上下にゴム足、左右下部にスピーカーがあります。

DX-T7の底面

スピーカーの音質はそこそこでして、底面にあるので若干こもって聞こえます。

ただ、音楽や動画視聴をする程度であれば特に違和感は感じません。それでも気になる人は外部スピーカーに繋げばOK。

 

DX-T7を横から見るとこんな感じ

DX-T7の薄さ

DX-T7は15.6型とスタンダードモデルながら薄くてスタイリッシュです。

 

液晶の最大傾斜角度は以下の通り▼

DX-T7の傾斜角
THIRDWAVE DX-T7
THIRDWAVE

サイズ・重量について

実際にDX-T7を手で持ってみるとこのくらいのサイズ感▼

DX-T7の手で持った感じ
ぱそろぐま
ぱそろぐま
約1.58kgと軽量ノートと比べたら重いけど15.6型でこれは軽い!

 

A4ノートと比較がこちら▼

DX-T7のA4比較

A4サイズより大きいため、普段入れているバッグより大きめのバッグが必要になります。

 

重量は公式では約1.58kg、実測では「1,614kg」でした。

DX-T7の重量

基本的には家やオフィスで据え置いて使うことがメインとなります。ただ、ちょっとした移動やカフェで作業をしに行くような用途なら問題なく持ち運べます。

 

ACアダプターは実測で「313g

DX-T7のAC重量

DX-T7の最大駆動時間は約8.8時間のため、AC電源無しで1日中使おうと思うと、思いのほか早く充電がなくなります。

長く使う場合はAC充電器を持ち運ぶようにしましょう。

THIRDWAVE DX-T7
THIRDWAVE

液晶について

液晶サイズは「15.6インチ」で解像度は「フルHD(1,920×1,080)

DX-T7の液晶

液晶はフルHD画質ですので、キレイですが色域がクリエイティブ系のパソコンと比べると若干狭いです。

ノングレア(非光沢)液晶で、光の反射や映り込みは少ないので長時間の作業に向いており、斜めから見ても視認性は比較的良好です。

 

DX-T7のベゼル幅

液晶のベゼル(額縁)は約8.3mmと現在の主流と比べると若干広めです。

キーボードについて

DX-T7のキーボード
標準値 DX-T7
キーピッチ
(キーとキーの間の距離)
約18-19mm 約18.5mm
キーストローク
(キーの押し込みの深さ)
約1.4-1.5mm 約1.4mm

キーピッチ、キーストローク共に十分でして一般的なノートPCと同じようなタイピングが可能です。

ただ、「Enterキー」周辺のキーが若干小さ目ではあります。

タイピング感はかなり軽めで、タイピング音は打っているとそこまで気にはなりませんが「カチャッ」と音が鳴ります。

3列ですがテンキーがついているので作業には最適でしょう。

 

DX-T7のパームレスト

手を乗せるパームレストの素材は滑らかでツヤ感があります。

 

DX-T7のタイピング感

※キーボードにバックライトは搭載されていません。

 

タッチパッドについて
DX-T7のタッチパッド
種類 一体型
サイズ 約10.5cm

タッチパッドは一体型で15.6型としては若干狭い印象です。

マウスジェスチャーに対応しています▼

1本指でカーソルの移動やクリック
2本指でスクロールやピンチイン、アウト、右クリック
3本指でマルチタスク、デスクトップに戻る
4本指でデスクトップの切り替え等

THIRDWAVE DX-T7
THIRDWAVE

DX-T7のインターフェースについて

DX-T7のインターフェース

DX-T7 左側面

  1. 電源ポート
  2. HDMI 1.4
  3. USB 3.2 Gen2 (Type-A)
  4. USB 3.2 Gen2 (Type-C)
  5. マイク入力・ヘッドフォン出力 共用端子

 

DX-T7のインターフェース

DX-T7 右側面

  1. MicroSDカードリーダー (SDXC対応)
  2. USB 3.2 Gen2 (Type-A)
  3. LANポート
  4. セキュリティロック スロット

DX-T7のインターフェースは豊富にそろっています。

ただUSB Type-CはPD非対応です。

ぱそろぐま
ぱそろぐま
これだけあればビジネスでも問題なく使えるよ!
THIRDWAVE DX-T7
THIRDWAVE

DX-T7の各種性能テスト(ベンチマーク)

CPU性能

計測ソフト :「CINEBENCH」

CINEBENCHでCPUの性能を計測。

DX-T7のCINEBENCH
DX-T7のCINEBENCH
DX-T7のCINEBENCH

ストレージ性能

計測ソフト :「CyrstalDiskMark」

CrystalDiskMarkでSSDの読み書きの速度を計測。

DX-T7のSSDベンチマーク

SSDはNVMeなので読み書きは高速です。

ゲーム環境ベンチマーク

計測ソフト :「DQX」

ドラゴンクエストXでのプレイ環境を計測。

【計測環境】

  • グラフィックス : 標準品質
  • 解像度 : 1920 × 1080
DX-T7のDQXベンチマーク

DX-T7は専用のグラフィックスを搭載していないので、ゲームをするのには向いていませんが、DQX程度の軽量ゲームであれば可能です。

FF14やFF15などの重めのゲームは専用グラフィックスを搭載したゲーミングPCを検討しましょう。

DX-T7実機レビュー まとめ

本記事では《【THIRDWAVE DX-T7 レビュー】一般用途は全部これでOKなスタンダードノート【税込10万円台】》についてまとめてきました。

本記事は以上です!公式サイトでさらにDX-T7の魅力をチェックしてみてくださいね。

THIRDWAVE DX-T7
THIRDWAVE

ドスパラおすすめモデルはこちらをチェック!
【ドスパラ GALLERIA】人気でおすすめのゲーミングPCをデスクトップ・ノート別で紹介【レビュー有り】
【ドスパラ GALLERIA】人気でおすすめのゲーミングPCをデスクトップ・ノート別で紹介【評判・評価・口コミ・レビュー有り】ドスパラのGALLERIAシリーズの人気・おすすめモデルを紹介。予算帯やスペックなど、自分がどのモデルを選べばいいかわかります。...
Amazonでお得に買い物する裏技
Amazonギフト券チャージでお得に買い物!

Amazonで買い物をするときはギフト券にチャージ(入金)をすると、最大2.5%ポイントがもらえるのでお得に買い物ができます。

▼お得に賢く買い物しよう!▼

Amazonギフト券公式サイトをみる