ドスパラ

【ドスパラ raytrek G5-R レビュー】コスパに優れた15.6型クリエイターノートPC【sRGBカバー率99%

ドスパラ raytrek G5-R レビュー

【ドスパラ raytrek G5-R】は15.6型で専用グラフィックス(GeForce GTX 1650 Ti)を搭載したクリエイター向けノートPCです。

こちらは価格と性能が高い水準でバランスがとれている人気のモデルです。

ドスパラ raytrek G5-Rの紹介
ぱそろぐま
ぱそろぐま
翌日出荷対応だから注文してすぐ届くよ!

sRGBカバー率99%なので、用途がWEB系であれば十分な色域と言えます。

この記事では『raytrek G5-R』について、下記のことがわかります。

  • どんな性能でどんな用途で使えるのか
  • どんな人におすすめなのか
  • 見た目や使いやすさについて

▼本記事でレビューするraytrek G5-Rの基本スペック▼

サイズ 15.6インチ CPU Ryzen 7 4800H
メモリ 16GB ストレージ 512GB NVMe SSD
GPU GeForce GTX 1650 Ti

それでは《【ドスパラ raytrek G5-R レビュー】コスパに優れた15.6型クリエイターノートPC【sRGBカバー率99%】》について書いていきます。

ドスパラ raytrek G5-R
raytrek

ドスパラ raytrek G5-Rのココに注目!

注目ポイントraytrek G5-Rの注目ポイントはこちら▼

  • 基本性能が高い
  • 税込139,980 円とコスパ抜群
  • GeForce GTX 1650 Ti搭載
  • sRGBカバー率99%
  • 翌日出荷対応モデル

そんな上記のポイントを考えると、こんな目的・用途で探している方におすすめのパソコンです。

こんな人におすすめ
  • WEBクリエイター
  • Youtubeなど動画編集もしたい
  • MMOなどゲームも楽しみたい
ぱそろぐま
ぱそろぐま
ノートPCならではの使い勝手の良さがポイント!

続いて、raytrek G5-Rの「スペック・デザイン・使用感」など実機レビューをしていきます。

ドスパラ raytrek G5-R
raytrek

ドスパラ raytrek G5-Rのスペック

ドスパラ raytrek G5-Rの全体画像
ぱそろぐま
ぱそろぐま
raytrek G5-Rのスペックを紹介するよ!
スペック表
製品名 raytrek G5-R
CPU Ryzen 7 4800H
メモリー 16GB
ストレージ 512GB NVMe SSD
GPU GeForce GTX 1650 Ti
サイズ 359(幅) × 243(奥行き) × 20.5(高さ) mm
重量 約 1.9kg
液晶 15.6インチ フルHD(1920 x 1080)
ノングレア(非光沢),60Hz
バッテリー持ち 約4.1時間
インターフェース USB3.2 Gen2 Type-C x1(DisplayPort非対応)
USB3.2 Gen1 Type-A ×2
USB2.0 Type-A×1
マイク入力 x1
ヘッドフォン出力 x1
HDMI2.0 x1
miniDP1.2 x2

ドスパラ raytrek G5-Rの性能と用途

用途 評価コメント 総合評価
趣味 動画視聴やブラウジングはスムーズで快適
Office Office作業はストレス無く快適
Adobe系 PS,AIなど作業にストレスはない
動画編集 快適に編集可能
ただ、上を見ればもっとある
ゲーム 中量級までのゲームで快適にプレイ可能
ただリフレッシュレートは60Hz
ドスパラ raytrek G5-R
raytrek

ドスパラ raytrek G5-Rの外観について

天面は「raytrek」のロゴ。

ドスパラ raytrek G5-Rの天面

ボディはつやつやで指紋がつきにくく、質感も良くしっかりとしています。

カラーは濃いグレーと言った感じです。

 

底面には上下左右にゴム足、左右下部にスピーカーがあります。

ドスパラ raytrek G5-Rの底面

スピーカーは聞きやすくてシャカシャカ感もあまり感じません。一般的なノートPCより音は優秀だなと思います。

ぱそろぐま
ぱそろぐま
耳当たりが良い音!

 

raytrek G5-Rを横から見るとこんな感じ

ドスパラ raytrek G5-Rの薄さ

液晶部が薄いため、全体的にスリムな印象はあります。

 

液晶はここまで開閉できます▼

ドスパラ raytrek G5-Rの傾斜
ドスパラ raytrek G5-R
raytrek

ドスパラ raytrek G5-Rのサイズ・重量について

実際にraytrek G5-Rを手で持ってみるとこのくらいのサイズ感▼

ドスパラ raytrek G5-Rの手で持った感じ
ぱそろぐま
ぱそろぐま
無骨なデザイン、持ってみると15.6型はやっぱり大き目だね!

 

サイズは「359(幅) × 243(奥行き) × 20.5(高さ) mm」でA4サイズと比べて一回り大きいです。

A4ノートと比較▼

ドスパラ raytrek G5-RのA4比較

ここまでの大きさだと持ち運ぶ際は専用のバッグやリュックなどケースが欲しい所。

 

重量は公式では約1.9kg、実測では「1.906kg」でした。

ドスパラ raytrek G5-Rの本体重量

重量的に距離のある持ち運びには不向きです。車移動がメインであればそこまで負担にはなりませんが。

ただノートPCなので家の中で持ち運んでリビングや寝室、キッチンなどどこでも気軽に使えるのは便利です!

ぱそろぐま
ぱそろぐま
友達の家に持って行ったりちょっと外で作業するにもいいね!

 

ACアダプターは実測で「567g

ドスパラ raytrek G5-RのAC重量

raytrek G5-Rの最大駆動時間は約4.1時間と短め。

外出時のちょっとした作業もAC充電器は持っていたほうが安心ですよ。

ドスパラ raytrek G5-R
raytrek

ドスパラ raytrek G5-Rの液晶について

液晶サイズは「15.6インチ」で解像度は「フルHD(1920×1080)

ドスパラ raytrek G5-Rの液晶

液晶はフルHD画質なので綺麗。ノングレアタイプなので、光の映り込みも特に気になりません。

液晶のリフレッシュレートは60Hzとなります。

1点、液晶の下部にWEBカメラが搭載されているため、ビデオ通話などで少し見上げるような形の映像となります。

 

ドスパラ raytrek G5-Rの液晶

液晶のベゼル(額縁)はナローベゼルデザイン(額縁狭)で約6.5mmとスリムで没入感があります。

ぱそろぐま
ぱそろぐま
色域もWEB用途であれば十分と言えるね!

ドスパラ raytrek G5-Rのキーボードについて

ドスパラ raytrek G5-Rのキーボード

キーボードは3列のテンキーが付いており、矢印キーと隣接しています。特に癖のない配列なのでいつもの感じでタイピングができます。

タイピング音も静かで、少し「カチャッ」っとするくらい。

キーの反発が強いのでサクサクなタイピング感です。

 

ドスパラ raytrek G5-Rのタイピング

パームレストは広めでツヤツヤな手触りで、手の置き場は十分。

ぱそろぐま
ぱそろぐま
キーボードはバックライトにも対応しているよ!

バックライトのカラーは設定から変更が可能なので好きにカスタマイズができます。

 

タッチパッドについて
ドスパラ raytrek G5-Rのタッチパッド
種類 一体型
サイズ 約11.6cm

タッチパッドは一体型で縦にも横に広さは十分。

クリック感は割と軽めで、クリック音は「タッ」と少し高めの音がなります。

タッチパッドの操作感は、サラサラしており、滑らかながらしっかりと止めが効きます。感度も良好。

タッチパッドはダブルタップでON/OFFの切り替えが可能となっています。

ぱそろぐま
ぱそろぐま
マウスが無くてもマウスパッドで操作が十分なレベル!

タッチパッドはもちろん、マウスジェスチャー対応です。

1本指でカーソルの移動やクリック
2本指でスクロールやピンチイン、アウト、右クリック
3本指でマルチタスク、デスクトップに戻る
4本指でデスクトップの切り替え等

ドスパラ raytrek G5-R
raytrek

ドスパラ raytrek G5-Rのインターフェースについて

ドスパラ raytrek G5-Rのインターフェース左

【raytrek G5-R 左側面】

  1. ケンジントンロック
  2. LAN
  3. USB 2.0
  4. マイク入力
  5. ヘッドフォン出力

 

ドスパラ raytrek G5-Rのインターフェース右

【raytrek G5-R 右側面】

  1. SDカードリーダー
  2. USB 3.1 Gen1 Type-A ×2

 

ドスパラ raytrek G5-Rのインターフェース背面

【raytrek G5-R 背面】

  1. Mini Display Port x2
  2. HDMI
  3. USB 3.2 Gen2 Type-C
  4. 電源ポート

raytrek G5-Rのインターフェースは十分揃っています。映像出力にはMini Display Portx2とHDMIが備わっているのでマルチディスプレイ化も容易です。

ドスパラ raytrek G5-R
raytrek

広告

ドスパラ raytrek G5-Rの各種性能テスト(ベンチマーク)

ドスパラ raytrek G5-Rのパフォーマンスモード

raytrek G5-Rでは、「Gaming Center」よりパフォーマンス設定が行えます。

標準モードもありますが、今回はゲームモードで計測をしていきます。

CPU性能計測

計測ソフト :「CINEBENCH」

CPUの計測をしました。搭載CPUは『AMD Ryzen 7 4800H』

ドスパラ raytrek G5-RのCINEBENCH
ドスパラ raytrek G5-RのCINEBENCH
ドスパラ raytrek G5-RのCINEBENCH

ストレージ性能計測

計測ソフト :「CrystalDiskMark」

SSDの読み書きの速度を計測しました。結果はかなり高速です。

ドスパラ raytrek G5-RのCrystaldiskmark

グラフィック性能計測

計測ソフト :「GPU-Z」

搭載されているGPUは『GeForce GTX 1650 Ti』

ドスパラ raytrek G5-RのGPU-Z
計測ソフト :「3DMARK TIME SPY」

ゲーム環境ベンチマーク

DQX ベンチマーク

ドラゴンクエストXでのプレイ環境を計測。

【計測環境】

  • グラフィックス : 標準品質
  • 解像度 : 1920 × 1080
ドスパラ raytrek G5-RのDQXベンチ
FF14 ベンチマーク

FF14でのプレイ環境を計測。

【計測環境】

  • グラフィックス : 標準品質
  • 解像度 : 1920 × 1080
ドスパラ raytrek G5-RのFF14ベンチ
FF15 ベンチマーク

FF15でのプレイ環境を計測。

【計測環境】

  • グラフィックス : 標準品質
  • 解像度 : 1920 × 1080
ドスパラ raytrek G5-RのFF15ベンチ

ゲーム環境のベンチマークは全て「標準品質」の「解像度1920×1080」で行いました。

軽量級のDQX、中量級のFF14はとても快適という評価でしたが、重量級のFF15はやや快適とパワー不足ではあります。

また、繰り返しになりますがリフレッシュレートが60Hzと普通の液晶と変わらないため本格的に勝つプレイングのFPSをしたいのであれば144Hz以上出るゲーミングPCのほうがおすすめです。

ドスパラ raytrek G5-R 実機レビュー まとめ

本記事では《【ドスパラ raytrek G5-R レビュー】コスパに優れた15.6型クリエイターノートPC【sRGBカバー率99%》についてまとめてきました。

本記事は以上です!公式サイトでさらにraytrek G5-Rの魅力をチェックしてみてくださいね。

ドスパラ raytrek G5-R
raytrek

GALLERIAおすすめモデルはこちらをチェック!
【ドスパラ GALLERIA】人気でおすすめのゲーミングPCをデスクトップ・ノート別で紹介【レビュー有り】
【ドスパラ GALLERIA】人気でおすすめのゲーミングPCをデスクトップ・ノート別で紹介【評判・評価・口コミ・レビュー有り】ドスパラのGALLERIAシリーズの人気・おすすめモデルを紹介。予算帯やスペックなど、自分がどのモデルを選べばいいかわかります。...
Amazonでお得に買い物する裏技
Amazonギフト券チャージでお得に買い物!

Amazonで買い物をするときはギフト券にチャージ(入金)をすると、最大2.5%ポイントがもらえるのでお得に買い物ができます。

▼お得に賢く買い物しよう!▼

Amazonギフト券公式サイトをみる