ASUS

【ASUS VivoBook S15 S531FA 最速レビュー】5色のカラーで個性が映える!15.6型鉄板スペックノートPC【Office付き】

【ASUS VivoBook S S531 最速レビュー】5色のカラーで個性が映える!15.6型鉄板スペックノートPC【バッテリー駆動時間】

ASUS VivoBook S15 S531FA(以降VivoBook S531)は5色のモダンなカラーで個性を出せる15.6インチのスタンダードノートPCです。

ぱそろぐま
ぱそろぐま
鮮やかな色合いでお家に据え置いて使うのが楽しくなるね!
VivoBook S531

カラーは「トランスペアレントシルバー、ガンメタル、モスグリーン、パンクピンク、コバルトブルー」の5種類が販売されます。

▼本記事でレビューするVivoBook S531の基本スペック▼

サイズ 15.6インチ CPU インテル Core i7-10510U
メモリ 16GB ストレージ 512GB SSD(PCIe)

「VivoBook S531」は【ノーマルスペックと高スペック】の2種類ありますが、この記事でレビューするのは【高スペック】モデルです。

※レビュー機はASUS様よりお貸出しいただきました。

それでは《【ASUS VivoBook S15 S531FA 最速レビュー】5色のカラーで個性が映える!15.6型鉄板スペックノートPC【Office付き】》について書いていきます。

ASUS VivoBook S15 S531FA

ASUS

VivoBook S531 のココに注目!

注目ポイント

VivoBook S531 の注目ポイントはこちら▼

  • 15.6インチで液晶が見やすい
  • 鉄板スペックで誰でも使いやすい
  • Office付き
  • HDD+SSDのデュアルストレージ

このポイントを考えると、こんな目的・用途で探している方におすすめのパソコンです。

こんな方におすすめ
  • 家やオフィスに据え置いて使い込みたい方
  • ストレスを感じることなく作業に没頭したい方
  • Office(ワード、エクセル等)を使おうと考えている方
ぱそろぐま
ぱそろぐま
リビングPCとして家族共用のノートPCにするのも良いよ!

続いて、VivoBook S531 の「スペック・デザイン・使用感」など実機レビューをしていきます。

ASUS VivoBook S15 S531FA

ASUS

VivoBook S531 の同梱物

VivoBook S S531 同梱物
  • VivoBook S531 本体
  • ACアダプタ
  • Office
  • 各種パソコンガイド
  • キャンペーン情報等
  • グッズ

VivoBook S531はOffice搭載でして、一般用途やビジネス用途としてすぐに使えて便利です。

 

また、フィルタリング専用ソフトの「i-フィルター」を搭載しているため、ファミリーユースでの使用も安心ですよ!

VivoBook S S531 i-filter

 

キャラクターのステッカーもついてくるので子供が喜ぶかも…しれません(‘ω’)笑!

VivoBook S S531 アメニティ

広告

VivoBook S531 のスペック

VivoBook S S531 スペック
スペック表
製品名 ASUS VivoBook S15 S531FA
CPU インテル Core i5-10210U /
インテル Core i7-10510U
メモリー 8GB / 16GB
ストレージ 256 / 512GB SSD(PCIe)
+ 1TB HDD
サイズ 約 幅357.2 x 奥行230.3 x 高18.5mm
重量 約 1.85kg
液晶 15.6インチ(非光沢)
フルHD(1,920×1,080)
インターフェース USB Type-C 3.1 Gen1 ×1
USB3.1  Gen1 ×1
USB3.1 Type-A ×1
microSDカードスロット
プライバシースイッチ
ヘッドフォン出力/マイク入力コンボポート×1
管理人の評価
デザイン 性能 使い心地 持ち運び 価格

※この評価は管理人の独断と偏見によります。

ASUS VivoBook S15 S531FA

ASUS

外観について

カラーは5色ありますが、本記事では「トランスペアレントシルバー」のレビューになります。

VivoBookS531 外観
ぱそろぐま
ぱそろぐま
清潔感溢れる色合いはリビングやオフィスにピッタリ!

 

天面はロゴのみで非常にシンプル。

VivoBook S S531 天面

天面はサラッ、つやッとしており上品さがあります。

手で触っても指紋跡も付きにくく清潔感を保てるので見た目の綺麗さも簡単に維持できます。

 

ロゴは主張しすぎず、天面に馴染んでいます

VivoBook S S531 ロゴ

 

底面は上下左右にゴム足、そして左右にスピーカーがついています。

VivoBook S S531 背面

ギザギザに加工されているのが見た目にも楽しいです。

スピーカーの音質は癖がなくとても聞きやすいです。音割れもなく、クリアなサウンドが楽しめますよ!

ぱそろぐま
ぱそろぐま
動画や音楽を十分楽しめる音質でスピーカー性能は満足!

 

背面には「VIVOBOOK SERIES」が印字されています。

VivoBook S S531 背面

 

ヒンジは液晶を開けるとリフトアップする構造になっています。

VivoBook S S531 ヒンジリフト

このため、タイピングがしやすく、排熱も促せるのでノートパソコンスタンドの簡易機能がついた形になり便利です!

ぱそろぐま
ぱそろぐま
外観は全体的にクールな印象。他のスタンダードノートPCと比べて特筆すべき点はないけど、誰でも使えるカラーリングと品質は安定感があるね

サイズ・重量について

実際にVivoBook S S531を手で持ってみるとこのくらいのサイズ感▼

VivoBook S S531 ハンド
ぱそろぐま
ぱそろぐま
15.6インチなので大きく、少しずっしりとしているよ

 

サイズは「」でA4サイズと比べるとその大きさが良く分かります。

わかりやすいように、A4ノートと比較▼

VivoBook S S531 A4比較

VivoBook S S531を持ち運ぶ場合、大き目のバッグが必要になりますのでない方は合わせて購入すると良いですね。

 

重量は公式では約1.85kgですが、実測では「1,844g」でした。

VIvobook s531 重量

 

ACアダプターは実測で「150g」

VivoBook S S531 AC音楽

本体重量1.85kgとAC電源合わせて約2kgほど。

そのため、普段から持ち運ぶとなると重いです。単純に2Lペットボトルを持ち運ぶのと同じですしね。

基本は家やオフィスで据え置いて使いつつ、たまに持ち運んでカフェなどで作業するという使い方になると思います。

ASUS VivoBook S15 S531FA

ASUS

液晶について

液晶サイズは「15.6インチ」で解像度は「フルHD(1980×1280)

VivoBook S S531 液晶

液晶の発色はパキッというより柔らかい印象。

解像度はフルHDでキレイでして、映像に関しては特に言うことないです。

 

ベゼル(液晶の枠)は非常にスリム。

VivoBook S S531 ベゼル
ぱそろぐま
ぱそろぐま
15.6インチ液晶でスリムベゼルだから液晶への没入感が強く、集中してパソコンと向き合えるよ!

キーボードについて

VivoBook S S531 キーボード

キーボードは「テンキー付き」で癖は少な目。電源ボタンが右上にありますが、テンキーの上なので間違って押すことはほとんどないでしょう。

 

ただ1点、下記の赤枠部分が小さいのは気になるところ。

VivoBook S S531 キー配列

ここは標準サイズであってほしかったところ。私自身、【カタカナ ひらがな ローマ字】は結構使うのでここは残念。

タイピングの打鍵感は非常に軽く、柔らかいです。個人的にはもうすこし反発が強いほうが好みですが、軽快なタイピングができました。

 

また、外観でも書きましたが、リフトアップヒンジのためキーボードが斜めになり打ちやすいです。

VivoBook S S531 タイピング

床とパソコンに隙間が空くので、排熱もスムーズになるという点もポイントです!

 

こちらはパームレスト(腕を置く部分)

VivoBook S S531 パームレスト

パームレストは広めでサラッとしており、しっかりと手をおいて作業に集中できます。

 

タッチパッドは大き目は約10.5cm。

VivoBook S S531 タッチパッド

タッチパッドの触り心地はツルっとしており滑らか。クリック感するとしっかりめの「カチッ」という音がします。

ぱそろぐま
ぱそろぐま
キーボード、タッチパッド共に使い勝手はなかなかのもの!

 

キーボードはバックライトに対応しているので、暗い中でも快適な作業が可能!

VivoBook S S531 バックライト

 

タッチパッドはもちろん、マウスジェスチャー対応です。

VivoBook S S531 マウスジェスチャー

1本指でカーソルの移動やクリック
2本指でスクロールやピンチイン、アウト、右クリック
3本指でマルチタスク、デスクトップに戻る
4本指でデスクトップの切り替え等

インターフェースについて

VivoBook S S531 右インターフェース

VivoBook S S531 右側面

  1. Micro SDカードスロット
  2. ヘッドフォン出力 / マイク入力コンボポート
  3. USB 3.1 Type-C Gen1
  4. USB 3.0 Type-A
  5. HDMIポート
  6. 電源コネクタ
VivoBook S S531 左インターフェース

VivoBook S S531 左側面

  1. USB 2.0 Type-A
  2. USB 2.0 Type-A

インターフェースにはUSB Type-Aポートが3つあるので十分と言えます。

ただそのうちの2つがUSB2.0なので転送速度が3.0には劣りますが、普段使いであれば特に不自由することはありません。

ぱそろぐま
ぱそろぐま
HDMIポートもついて外部出力ができるのは便利!
ASUS VivoBook S15 S531FA

ASUS

VivoBook S S531の各種性能テスト(ベンチマーク)

ストレージ性能

「CyristalDiskMark」

SSDの読み書きの速度を計測。

vivobook s s531 SSDベンチマーク

SSDはPCIe接続のため高速です。

 

次に、HDDの読み書きの速度を計測。

vivobook s s531 HDDベンチマーク
「CINEBENCH」
vivobook s s531 CINEBENCH

ゲーム環境テスト

DQX ベンチマーク
vivobook s s531 DQXベンチマーク
FF14 ベンチマーク
vivobook s s531 FF14ベンチマーク

計測は解像度「1920×1080(フルHD)」、品質設定は「標準」で行いました。

ドラクエX・FF14など軽めのゲームから中くらいのゲームまでは遊べるかなといったところ。

ゲームに適したPCではないので、本格的なゲームを遊びたい人には向いていません。

ただ、スペック的にAdobeでAIやPSを使った作業は問題なくできますので、作業はしやすい環境ではあります。

広告

VivoBook S S531のラインナップ

モデル名 CPU メモリー ストレージ 価格(税抜)
ノーマルスペック Core i5 8GB 256GB SSD +
1TB HDD
ハイスペック Core i7 16GB 512GB SSD +
1TB HDD

通常モデルでも【Core i5/8GB/256GB SSD(PCIe)+1TB HDD】と鉄板構成になっています。

デュアルストレージで容量が沢山入るのも嬉しいですね。沢山写真を保存したり、音楽や動画を保存する用途にも最適。

ぱそろぐま
ぱそろぐま
鉄板スペックだからストレスも無く、一般使用からビジネス使用ができちゃうよ!
ASUS VivoBook S15 S531FA

ASUS

ASUS VivoBook S15 S531FA 実機レビュー まとめ

本記事では《【ASUS VivoBook S15 S531FA 最速レビュー】5色のカラーで個性が映える!15.6型鉄板スペックノートPC【Office付き】》についてまとめてきました。

VivoBook S531は鉄板スペックでOffice付きなので、購入してすぐに作業に適した環境を整えられるのが魅力。

デュアルストレージで読み書きも高速でありながら、容量もたっぷりなので長く使えるノートPCになりますよっ!

ぱそろぐま
ぱそろぐま
普段使いからビジネス使いまでしっかりと使えこなせるよ!
ASUS VivoBook S15 S531FA

ASUS

Amazonでお得に買い物する裏技
Amazonギフト券チャージでお得に買い物!

Amazonで買い物をするときはギフト券にチャージ(入金)をすると、最大2.5%ポイントがもらえるのでお得に買い物ができます。

▼お得に賢く買い物しよう!▼

Amazonギフト券公式サイトをみる