パソコンの選び方

動画編集におすすめ!YouTuber向けデスクトップパソコンを厳選紹介

動画編集におすすめ!コスパ抜群なYouTuber向けデスクトップパソコンを厳選紹介
動画編集用のデスクトップを探しているけどどれがいいかな?
ぱそろぐま
ぱそろぐま
初心者は特に悩むと思うからおすすめのデスクトップを紹介するよ!

YouTubeを始めたいけどどんなスペックのパソコンを選べばいいかわからない人が多いと思います。

過剰なスペックがあっても持て余してしまうし、費用もかさんでしまいますよね。

今回は初心者にもおすすめなコスパ抜群な動画編集向きデスクトップを厳選したので是非チェックしてみてください。

この記事でわかること
  • 動画編集用のパソコンを選ぶポイント
  • 動画編集に必要なパソコンスペック
  • 動画編集におすすめのデスクトップ

それでは《動画編集におすすめ!YouTuber向けデスクトップパソコンを厳選紹介》についてかいていきます。

この記事では「デスクトップのみ」紹介します。

動画編集用のノートPCのまとめは《【Youtuber必見】動画編集におすすめのノートパソコン10選》をご覧ください。

動画編集用のパソコンを選ぶポイント

ポイント

動画編集用のパソコンを選ぶポイントは大きく分けて3つあり、この3つのポイントをおさえておくことで自身に合ったパソコンを選ぶことができます。

このポイントはデスクトップPC、ノートPC双方一緒です。

パソコンの基本スペック(CPU/メモリ/ストレージ)を知る

CPU

パソコンに共通して搭載されており動画に関わるパーツが、

  • CPU
  • メモリ
  • ストレージ

上記の3つです。

CPUについて

CPU(Central Processing Unit)は中央演算処理装置と呼ばれています。

CPUは動画の書き出しやプレビューに主に関わっており、性能が低いと編集中に編集ソフトが固まったり、映像がカクカクして作業困難となります。

メモリについて

メモリは4GB/8GB/16GB~ など選べますが、数字が大きくなるほどより多くのタスクをパソコン上で行うことができます。

動画編集ではテキストや画像、音楽ファイルなど多くの素材を読み込むためより大きいメモリが必要となります。

メモリ容量が少ないとクラッシュやフリーズが発生する原因となります。

ストレージについて

ストレージは「HDD」と「SSD」がありますが、メインストレージはSSDにしておきましょう。

理由はSSDのほうがデータの書き込み速度や読み込み速度が圧倒的に速いからです。

アプリケーションの立ち上げの速度が全然違うので、メインストレージ(SSD)に編集ソフトなどのソフトウェアをインストールすると良いです。

SSDとHDDを搭載しているデュアルストレージモデルではHDDに動画の素材などをぶち込んで区分けするのがおすすめ。

以上を踏まえた基本スペック選びのポイント
CPU性能 ■Core i7、Ryzen7以上推奨
メモリ容量 ■16GB以上推奨
ストレージ性能 ■最低256GB以上のSSD
■HDDとSSDのデュアルストレージだとなお良い

ただし、日常的に使わない方や結婚式のお祝いムービーなど軽めの編集であればワンランク下げてもいいでしょう。

解像度(画質)を知る

解像度

「フルHD」という言葉を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

動画の解像度には「SD(720×480)」「HD(1280×720)」「フルHD(1920×1080)」「4K(3840×2160)」などがあります。

()内の数字は画素数を現しており、この数が多いほど画質が鮮明でキレイに映ります。

例えば解像度が低いHDと解像度の高い4Kを比べると約3倍の差がありますよね。この3倍の差はパソコンへの負荷に比例しています。

負荷に対応するため、4Kや8Kといった高解像度の動画を編集するためにはハイスペックパソコンが必要になるんです。

た だ し、YouTubeの編集はほぼフルHDでの作業となりますので、ある程度のスペックがあればOKです。

映像で魅せる動画やとことんこだわりたいのであれば別ですが。。YouTubeの大多数はフルHDで編集しています。

グラフィックボードを知る

GPU

グラフィックボードは画像や映像を表示させるための部品が集積されており、GPU(Graphics Processing Unit)もそこに搭載されています。

GPUは画像処理装置を意味しており動画編集においては下記に関係してきます。

  • 動画の書き出し速度
  • エフェクトの処理
  • プレビュー表示時のスムーズさ

GPUが搭載されていることにより、更に快適な動画編集がおこなえるというわけなんです。

今回紹介するデスクトップには全てにGPUが搭載されているので安心してくださいね。

動画編集におすすめのコスパ抜群デスクトップパソコン

これから動画編集におすすめのデスクトップを紹介していきますが、価格は執筆時点での価格となります。

セールなどの状況により価格は変動するので、気になるモデルがあったら公式サイトにてチェックしてみてくださいね。

おすすめ1:raytrek MX【お手頃価格】

raytrek MX
raytrek MXのスペック
CPU Core i7-12700 メモリ 16GB
ストレージ 500GB SSD グラフィックス GeForce GTX 1650
電源 550W 価格(税込) 146,980円

 

raytrek MXはクリエイターPCの中ではお手頃価格なエントリーモデルです。

エントリーモデルといえど、最新のCPUを搭載しているため処理速度も速く問題なくYouTubeなどフルHDの動画編集をおこなえます。

4K動画編集や、大量のエフェクトを使用した動画でなければストレスもほとんど感じずに作業が可能ですよ。

結論:できるだけ価格を抑えてストレスの無い動画編集をしたい人向け

raytrek MX
THIRDWAVE(ドスパラ)

おすすめ2:マウスコンピューター DAIV Z3【お値打ち価格】

マウスコンピューター DAIV Z7
DAIV Z3のスペック
CPU Core i5-12400F メモリ 16GB (8GB×2)
ストレージ 512GB SSD +
1TB HDD
グラフィックス GeForce GTX 1650
電源 500W 価格(税込) 159,800円

 

DAIV Z3はYouTube編集にピッタリなクリエイターPCです。

CPUにCore i5を搭載し価格を抑えていますが、デュアルストレージ仕様なので動画素材やファイルを沢山保存できます。

4K編集や本格的な動画を作ろうと思うとパワー不足ではありますが、YouTubeメインであれば問題なし。

結論:YouTubeメインのフルHD編集の人向け

DAIV Z3
DAIV

おすすめ3:マウスコンピューター DAIV Z7【王道スペック】

マウスコンピューター DAIV Z7
DAIV Z7のスペック
CPU Core i7-12700F  メモリ 32GB (16GB×2)
ストレージ 512GB SSD +
2TB HDD
グラフィックス GeForce RTX 3060
電源 700W 価格(税込) 234,800円

 

DAIV Z7はクリエイターの王道スペックを搭載したデスクトップPCです。

高いパフォーマンスを発揮する本機は4K動画編集、高画素RAW現像も可能。また、動画編集だけでなく重量級のゲームなど負荷の大きい作業も快適に行えます。

流石最新のCPUを搭載しているだけあり、これまでとは一線を画す処理の速さです。

結論:快適な動画編集、クリエイティブ作業をしたい人向け

DAIV Z7
マウスコンピューター(DAIV)

おすすめ4:SENSE-F069-LC129K-XAX【ハイエンドモデル】

SENSE-F069-LC129K-XAX
SENSE-F069-LC129K-XAXのスペック
CPU Core i9-12900K メモリ 32GB(16GB×2)
ストレージ 1TB SSD グラフィックス GeForce RTX 3090
電源 850W 価格(税込) 459,980 円

 

SENSE-F069-LC129K-XAXはプロ仕様のハイエンドクリエイターPCです。

4K編集をバチバチやりたいという人向けでして、8K動画の編集もストレス無く行えます。

ただYouTubeの編集では間違いなくここまでのスペックは必要ありません。

YouTubeを通じて動画編集のプロを目指したい人や現在のパソコンのスペックに満足できない人の買い替え案として参考にしていただければと思います。

結論:映像制作を生業としていきたい人向け

SENSE-F069-LC129K-XAX
パソコン工房

広告

動画編集用パソコンによくある質問【Q&A】

よくある質問

一般的なパソコンと動画編集用パソコンは違うの?

一般的なパソコンと動画編集用パソコンは一言でいうとスペックが全然違います。

そもそも用途が違うので、一般的なパソコンで動画編集をするとスペック不足でフリーズやクラッシュが頻発します。

ゲーミングパソコンと動画編集用パソコンは違うの?

ゲーミング用と動画編集用はどちらを選んでもある程度どちらにも対応しており、基本的には同じです。

ただ、動画編集ではストレージ(SSD/HDD)は多めに欲しいですし、グラフィックボードも「GeForce」と「Quadro」の2種類がありますが、ゲーミングPCにはGeForceが搭載されているなどの違いはあります。

動画編集用はデスクトップとノートどちらがおすすめ?

おすすめなのは「デスクトップ」です。

同じスペックで比べたときにデスクトップのほうが割安ですし、モニターが自由に選べるので大きい液晶で作業ができます。

テキストのタイピングも独立したキーボードのほうが効率が良いです。(個人差があるかもですが)

動画編集用はWindowsとMacどちらがおすすめ?

結論から言うとどちらでもOKです。

編集でできることは変わらないので、慣れているほうを選ぶべきです!

ただし、コスパで選ぶ場合Windowsのほうが上位なので個人的にはWindowsがおすすめですね。

動画編集におすすめのデスクトップパソコン まとめ

この記事では《動画編集におすすめ!YouTuber向けデスクトップパソコンを厳選紹介》についてまとめてきました。

これからYouTubeを始める方はお手頃クリエイターPCである下記2つを選ぶのが良いかなと思います。

raytrek MX
THIRDWAVE(ドスパラ)

DAIV Z3
DAIV

YouTubeを本腰いれてやる人や、本格的な動画編集をしていきたいという人は下記2つを選択肢に入れていただければと思います。

DAIV Z7
マウスコンピューター(DAIV)

SENSE-F069-LC129K-XAX
パソコン工房

快適なクリエイターPCでストレスの無い動画編集を!

YouTuber向けおすすめノートPCはこちら

ABOUT ME
パソログ編集部
パソコン・周辺機器の情報を発信しています。
Amazonでお得に買い物する裏技
Amazonギフト券チャージでお得に買い物!

Amazonで買い物をするときはギフト券にチャージ(入金)をすると、最大2.5%ポイントがもらえるのでお得に買い物ができます。

▼お得に賢く買い物しよう!▼

Amazonギフト券公式サイトをみる